77件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

打音検査装置 保守以外に活用する企業もある。東京ガスはAIで鋳鉄製の古いガス管と水道管を見分ける打音検査装置を開発し、試験運用を始めた。 ... 装置には両管の打音...

東ガス、AIでガス管判別 打音検査装置を開発 (2020/2/26 建設・生活・環境・エネルギー2)

ガス管と水道管を打音検査し、機械学習で音の違いを判別する。... 東ガスのパイプライン技術センター(横浜市鶴見区)がポート電子(東京都府中市)と連携し、コンクリート剥離の打音検査用の同社の装置を応用し...

島津、航空業界向け探傷装置を投入 整備士不足対応 (2020/2/6 機械・ロボット・航空機1)

航空機部品は以前から手がけるが、航空業界向け検査装置は初めて。... 目視や打音といった人手に頼る官能検査を効率的に高度化、可視化し、結果を画像データで記録できる省人化装置として売り込む。 &...

硬化肉盛溶接の健全性、音響AIで評価 佐藤工業と栗本鉄工所 (2020/1/17 建設・生活・環境・エネルギー)

佐藤工業と栗本鉄工所は16日、音響人工知能(AI)と呼ぶ教師データによるマッピング技術を使い、硬化肉盛溶接の健全性を評価する検査器『音響診断ポータブル―AI』を共同開発したと発表した。ハンマー打音の代...

佐藤工業など、ウエアラブル対応の打音検査器 (2019/10/3 建設・生活・環境・エネルギー1)

佐藤工業は、Dynabook(東京都江東区)の眼鏡型ウエアラブル機器「AR100」に対応したコンクリート打音検査器「健コン診断AR=写真」を共同開発した。... 佐藤工業の検査業務に導入し、同社従来比...

目視や打音などの官能検査が多く、古い検査手法の継続、計測器がアナログ信号といった課題もある」 ―新技術の開発は。 「アナログデータをデジタル化し、効率化・省人化する...

トンネル剥離をレーザーで発見 フォトンラボが打音システム (2019/9/12 建設・生活・環境・エネルギー1)

インフラの劣化が進む中、人手によるハンマー打音検査に代わる検査として注目されており、インフラ維持管理の手法として今後の主流になるとみられる。... 遠隔・非接触の精密打音が1秒当たり50回でき、従来の...

ノボリンはベルトでつるしたフレームにカメラや打音検査機を設置し、タイルのひび割れなど外壁の状態を調べる。

高松建設(大阪市淀川区、高松孝年社長、06・6307・8101)と青木あすなろ建設、非破壊検査(大阪市西区、山口多賀幸社長、06・6539・5821)は、壁面走行ロボットによる外壁点検システム(写真)...

通常の劣化診断では、ゴンドラに乗った検査員が外壁を打診棒で叩(たた)き、音の違いでタイル内側の剥離の有無を見極める。... ロボットでは、地上の検査員がリモコンで遠隔操作する。... 打音をマイクで拾...

名城大学の市川明彦准教授らは、飛行ロボット(ドローン)向けに緩衝機構を備えた打音検査装置を開発した。... ドローンアームに固定する根元ユニットと打音検査ユニットを形状記憶合金ワイヤでつなぎ、浮いた状...

東急建設、インフラ管理に参入 トンネル効率点検 (2019/6/6 建設・生活・環境・エネルギー2)

併せて覆工コンクリートのひび割れと浮きを自動検出するひび割れ検出ユニット、コンクリートを自動でたたき人工知能(AI)の機械学習で自動判定した浮き位置を記録する打音検査ユニットを3カ所に装備。

東芝・研究開発本部の渡部一雄研究主幹は「今は職人が検査しているが、後継者がいない課題がある。目視と打音検査は5年に1回義務化されているが、このまま続けても限界が来る」と警鐘を鳴らす。 ...

【京都】島津製作所は航空機の整備向け検査機器を複数開発した。... 目視や打音検査で発見が難しい内部のひびなどが検査できる。... 各国の航空法で定められた検査向けには、既存検査機器のアナログデータを...

JICA社会基盤・平和構築部の金縄知樹課長は「日本では目視や打音による検査手法が確立されているが、フィリピンでは長大橋の点検が実施されていないのが課題。... そのためJICAでは、日本国内で開発が進...

将来の人手不足を予測する中、新しい検査方法を普及させるため、新たな検査システムやドローン(飛行ロボット)などの製造に乗り出す。 一般的な構造物の調査手法には、打音調査や高所作業車を使...

トーキン(宮城県白石市、小山茂典社長、0224・24・4111)と東北大学の大野和則准教授、岡田佳都助教らは、ドローン(飛行ロボット)用の小型打音検査装置を開発した。... 橋梁などの高所をドローンで...

打音や超音波などの仕様があり、ロボによる検査の幅を広げる。目視や打音検査では難しいコンクリート構造物内の鉄筋の位置、空洞の有無や大きさを調べる。... 目視や打音検査で調べきれない鉄筋の位置、深さなど...

道路トンネルの定期点検は国土交通省の定期点検要領で5年に1回の頻度で行うことが求められているが、点検作業は点検員の肉眼での近接目視や打音検査による状態把握が必要。... 三井E&Sホールディングス(旧...

朝の整備はSL運行までと時間が限られるため、経験の必要な打音検査は、ベテランの整備士が行う。約100カ所をハンマーで叩き、反響音の違いで異常がないか確認する。 S...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる