48件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

以前から特定の技術や事業モデルに固執せずに投資をする方針を掲げ、会計上の利益よりも株主価値の向上を重視するのが“孫流”の経営。... 次の大型投資の対象や時機が注目される。... ソフトバンクグループ...

土肥英幸環境・化学ユニット長は「欧州ではリサイクルメジャーが自動化や技術投資を進めてきた。... 欧米ではコロナ禍の景気刺激策を、環境問題への投資に結び付ける施策が検討されている。... 国もすべての...

米航空部品2社が合併 (2020/1/15 機械・航空機 1)

ウッドワードのゲンドロン最高経営責任者(CEO)は「統合を通じて我々の技術投資が加速し、単独でなし得るより大きな成長機会を得ることができる」などとコメントした。

事業環境に加え、電動化など次世代技術投資がかさみ各社ともに収益悪化のプレッシャーを受ける。

取り入れているのは、長年の複写機(複合機)生産で培った自動化の技術とノウハウ。... コニカミノルタはこの数年間、毎年40億―50億円の技術投資を続けており、今後もしばらくこれを維持する予定。この技術...

米ボストンコンサルティングの調査によると、日本企業間の業績の差異の要因は技術投資にある。裏返せば、「投資が成長のチャンスになる」とローレンス・シュワルツ上級副社長最高マーケティング責任者(CMO)は強...

20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に際して行われる米中首脳会談を前に、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)制裁に続く新たな強硬策を打ち出した形で、先端技術をめぐる米中の覇権争いは一層...

【マラッカ(マレーシア)=石宮由紀子】コニカミノルタは2022年頃まで全世界の生産拠点で、デジタル技術を通じた生産の自動化を中心とした技術投資に年40億―50億円を投じる。... 13年頃から技術投資...

人工知能(AI)技術を社会に実装するにはデータ収集と技術投資の好循環を起こす必要がある。... 費用対効果が見合えば投資がされ、活用方法が洗練されていく。 ... 投資が小さくセンサ...

一つは技術的な問題。... NECは産業技術総合研究所と共同で、専門知識やシミュレーションとAIを組み合わせる技術を開発した。... 富士通研究所の佐々木繁社長は、「巨大IT企業がデータを一手に握って...

野村インキュベーション投資事業有限責任組合、ユナイテッド(東京都渋谷区)、インフォテリアほか、西川潔氏(ネットエイジ創業者)、竹内秀行氏(ほしのかけら代表社員)ら数人を引受先とする1億円の第三者割当増...

笹川平和財団とインドのカーネギー・インディアは、日本とインドの企業が技術・投資分野で交流する「第2回ベンガルール・東京・テクノロジー・イニシアチブ(BTTI)」を都内で開いた。... 会場では両国のス...

大型投資であるルネサス、JOLEDとの資本関係強化は三つの戦略のうちの「必要技術の補完」にあたる。 ... VBにも食指 将来見据え技術投資 「(ベンチャー出資の増...

賃上げより設備投資を優先する企業もある。 ... 具体策として、ICT(情報通信技術)投資や健康増進への助成、手当の創設・引き上げなどを示す。

健康増進への助成や生産性向上に向けたICT(情報通信技術)投資などを列挙。

今回の取引は当社の技術投資を支援し、成長に拍車を掛け、コーポレートガバナンス(企業統治)を強化すると期待する」と表明した。  ... 今回の取引全体では約90億ドルが投資される。.....

科学技術政策には哲学が要る」 ―ノーベル賞を受賞してから基礎科学の振興を唱えてきました。 「国は科学技術立国を目指すといいつつ、反対の道を歩んでいる。... ただ科...

ソフトバンクグループは投資会社の米ドラゴニア・インベストメント・グループなどと共同で米ウーバーに出資する。... 我々の技術投資や事業拡大の継続に役立つ」とのコメントを出した。

合意により、ソフトバンクなどはウーバーに最大10億ドル(約1137億円)投資し、今後数週間で最大90億ドル相当を既存株主から取得する買い付けを実施する。... ウーバーは発表資料で、「当社はソフトバン...

中小企業の賃上げや技術投資がしやすい環境にできる」と話した。

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる