29件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

また、米国と欧州は次世代通信インフラ網への中国製品の排除などをめぐって温度差があるものの、中国の国家資本主義や技術覇権への警戒を強めている点で一致する。

アームの技術を活用したチップは、19年時点で1660億個の累計出荷数を誇る。... 一方、そういった技術面と違う、もう一つの大きな流れは米中貿易摩擦による分断だ。技術覇権争いの主戦場もAIや5Gとなる...

18年の出願件数のうち、AIのコア技術に関する発明は前年比65%増の約1500件となり、重要な技術の研究も進んでいる。... 他方、海外でもAIのコア技術に関する出願が増加傾向にある。... 米中間で...

米国の覇権は、中国から挑戦を受けていた。... そこで重要な製品や技術をなるべく中国以外から調達し、供給網を安全なものにしていく狙いがある。 ... 技術覇権を目指す米中の狭間(はざ...

これらを支えてきたのが物理、化学、材料科学をベースとする材料・デバイス技術である。... 例として、将来の自動車を支える材料・デバイス技術群を図に示す。 ... (3)近年の中国の科...

だが米中は覇権争いを一時休戦したにすぎず、英国はEUとの自由貿易協定(FTA)締結など火種と課題を残している。 ... ただ、中国による産業補助金を通じた技術覇権問題などに課題を残し...

ただ人権問題がひとまず棚上げされても、安全保障や技術覇権をめぐる米中対立の火種は残る。

米中の技術覇権争いの中で、日本が特色を出すために役所がやりたいことなのだろう」と指摘する。

従来は技術覇権と安全保障をめぐる交渉で駆け引きを続けてきたが、今後は中国の人権問題も争点に加わることになる。... 中国は強力な対抗措置を講じて米国の関与を封じ込めるとみられ、米中の覇権争いは泥沼化の...

日本は日米同盟を維持するとともに防衛力を強化する必要がある」(下氏香菜子) 大東文化大学経済学部教授・高安雄一氏に聞く 技術覇権「中国利するだけ」 ...

他方、日韓対立は技術覇権を狙う中国を利することにもなる。

米中貿易戦争は技術覇権をかけた米中の抗争である。... (1)直接投資に絡む強制的技術移転(2)非市場条件による技術ライセンスの強制(3)最先端技術獲得のための組織的米企業買収(4)米企業通信網への不...

また中国との技術覇権争いも歩み寄る気配はない。

米中2大経済大国が争う技術覇権の最前線の製品に搭載される。 ... 中国に加担するサムスンを封じれば米国が技術覇権で優位に立ち、ひいては日本の安全保障にも寄与する。

技術覇権や安全保障をめぐり貿易摩擦が激化する中、通商問題で何らかの合意に達し対立緩和につながるかが焦点だ。

しかしながら、6月末に米中協議が合意に至ったとしても、米中摩擦が貿易からハイテク技術覇権へと拡大を見せる中、第4弾が将来的に発動されるリスクは払拭(ふっしょく)できないだろう。

東芝、AIに成長賭ける 世界3位の技術力武器 (2019/5/28 電機・電子部品・情報・通信2)

世界知的所有権機関(WIPO)によるAI技術特許ランキングでは世界3位につけた。... 米中の技術覇権争いでも主戦場となるAIは産業構造を大きく変えうる。... その約10年後に日本語ワープロのカナ漢...

基本的な科学と技術で社会を支えていくことが大事だ。... また、日本が成功した製造業を後世に伝えるための体系的な学問をつくれなかった」 ―情報産業で復活した米国は現在、中国と技術覇権...

まず一つ目は「技術覇権争いの先鋭化」である。次代の産業競争力を大きく左右する最先端技術分野で、米中を筆頭に技術開発競争が激化している。その中心となる技術はAI、半導体、5G通信技術、量子技術などであり...

15日(現地時間)には米国が中国の華為技術(ファーウェイ)に対し、安全保障上の脅威があるとして米国製部品の実質的な禁輸措置を決めた。... ニッセイ基礎研究所の中村洋介主任研究員は「技術覇権を目指す中...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる