41件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

Waveは搬送車メーカーの協力を得て、屋内の位置検知で課題だった累積誤差をAR(拡張現実)技術を活用して補正する新しい方式を開発した。... 「高精度位置測位技術提供サービス」として展開する。 ...

【歩行者推測航法】 トラック運転手の事例と同様のことをサービス現場や製造現場の従業員に適用するには、その活動の大半を占める屋内行動の計測技術が必要となる。産業技術総合研究所(産総研)...

ヘッドアップディスプレーやAR(拡張現実)技術でフロントガラスに表示する実用化方式が検討されている。 ... 人工知能(AI)技術の進化で認識できる対象は増えた。... 自動運転車を...

伊藤忠飼料、畜産IoTサービス拡大 管理負担を軽減 (2018/6/19 建設・エネルギー・生活1)

スマートフォンなどで撮影した豚の画像から体重を推測する技術で、赤外線を照射して対象物との距離や形を把握し、AR(拡張現実)技術も組み合わせた。... 養鶏農家の知見や飼養技術を見える化し、知識やノウハ...

ロボット技術で世の中を楽しく―。... システムはロボットにこだわらず、商品棚や店内のセンサー、スマートフォン、AR(拡張現実)技術など目指すサービスに適したものなら何でも良い。

アルパインとコニカミノルタは16日、3次元(3D)の拡張現実(AR)技術を使った車載用ヘッドアップディスプレー(HUD)を共同開発すると発表した。... アルパインが持つ車載インターフェース関連技術と...

NTTデータは20日に開幕する全英オープンゴルフでAR(拡張現実)技術とデジタル3D(3次元)地図技術を組み合わせたアプリケーション(応用ソフト)を試行運用する。... ARの効果をさらに高めるために...

AR(拡張現実)技術により、配管やダクトなどの設備や、柱や梁(はり)、床などを実物に合わせて3Dモデルを表示。... 清水建設が開発した「Shimz AR Eye」は、建物の材料や数量、材質などのデー...

産業技術総合研究所人工知能研究センターの中村良介地理情報科学研究チーム長らは、ヘッドマウントディスプレー(HMD)などに室内の過去と現在の様子を重ねて表示するAR(拡張現実)技術を開発した。 ...

NTT西と堺市、観光振興・雇用創出で包括協定 (2017/1/25 電機・電子部品・情報・通信1)

NTT西日本の情報通信技術(ICT)を活用して堺市の観光事業などを充実させ、地域活性化につなげる狙い。 ... NTT西日本の持つAR(拡張現実)技術を活用し、百舌鳥・古市古墳群を鳥...

慶応義塾大学理工学部の伊藤勇太特任助教らは、現実世界のボールの動きを予測して、未来の軌跡をAR(拡張現実)技術で映し出すシステム「ラプラシアンビジョン」を開発した。

三菱電、メガネ端末とARで設備保守作業を支援 (2016/11/8 電機・電子部品・情報・通信1)

三菱電機は7日、AR(拡張現実)技術とメガネ型ウエアラブル端末を使い、設備の保守作業を支援する技術を開発した。... メガネ型端末とAR技術を組み合わせた保守作業支援技術は、日立製作所や富士通も開発し...

4年ぶりの出展となる日立製作所は、AR(拡張現実)技術を活用した機器の監視・保守サービス「ドクタークラウド=写真」などを展示。... 主催者の一つ、電子情報技術産業協会(JEITA)の長尾尚人専務理事...

その上で、将来のスマートフォンのカギを握るコア技術として人工知能(AI)を挙げています。... 昨年には英ケンブリッジ大学発のボーカルIQや、深層学習による画像認識技術を持つ米パーセプティオを相次ぎ買...

スマートフォン(スマホ)の画面上で、現実の風景と画像を重ね合わせるAR(拡張現実)技術を活用。

2月にサービス提供を始めた佐倉市では、AR(拡張現実)技術を活用して観光情報を発信している。

カメラでマーカーを読み込むとAR(拡張現実)技術による指示ががディスプレーに表示される仕組み。

アプリは両社が災害など有事に遭遇した場合に適切な避難情報を提供することを目的にAR(拡張現実)技術を活用して開発したもの。

端末を導入する前に現場業務への適合性評価、現場利用に必要な機能や技術要件の確認、各種端末の評価など実施する。検証はAR(拡張現実)技術を活用した眼鏡型端末用アプリケーション(応用ソフト)を用いて行う。...

AR(拡張現実)技術を活用し、ジオラマにタブレット端末(携帯型情報端末)をかざすと地域の利用例をアニメーションで紹介する(写真)。

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる