8件中、1ページ目 1〜8件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.017秒)

JIMTOF2020オンライン/金属積層造形、大きく速く (2020/11/19 機械・ロボット・航空機1)

量産利用で競争力維持へ 工作機械メーカーが造形サイズの大型化や生産性を追求した金属積層造形(AM)の提案に力を入れている。... (特別取材班) 大型品に対応する造...

一方で、コロナ禍で上期に受注できなかった分の売上高への影響を埋めるため、汎用性の高い機械の販売やリードタイム短縮に取り組む必要がある」 ―オンライン展の見どころは。 ...

切削との複合で金型製作を効率化 主な金属AM法は、粉末床溶融結合法 (PBF)と指向性エネルギー堆積法(DED)である。PBFは粉末をプレート上に薄く...

DMG森精機は、エネルギーや航空宇宙産業の大型加工対象物(ワーク)に対応するレーザー金属積層造形(AM)機「レーザーテック6600 3Dハイブリッド」を発売した。... 指向性エネルギー堆積法(DED...

「熱溶解積層法(FDM)方式が4台で、残りの1台は光造形方式だ。... DED(指向性エネルギー堆積法)方式の機種を導入し、複雑な形状の金属造形物も作れる体制を整える。

航空機・車部材を6割軽量化 慶応義塾大学理工学部の小池綾専任講師らは、3Dプリンターを利用し、振動吸収性や断熱性などを持つ“スポンジ状”の金属積層物を作る技術を開発した。... 研究...

装置の操作性をさらに高め、2020年度の製品化を目指す。 レーザー照射部に金属ワイヤを直接供給して造形するレーザーワイヤDED(指向性エネルギー堆積法)方式を採用。

外観のデザイン性も高めた。 レーザー金属積層造形装置と旋盤を組み合わせた「レーザーテック4300 3D」は、粉末噴射ノズルを使った指向性エネルギー堆積法を採用。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる