1,271件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

また、4月に「BS6」と呼ぶ環境規制が導入され、排ガスなどの規制が厳格化される。同規制に対応できていないモデルは売ることができないとされる。ミクニは新規制に対応した車種や部品の取引があるものの、今の市...

硫黄酸化物(SOx)排出規制対応の排ガス浄化装置(スクラバー)を搭載、1月に始まったMARPOL条約「SOx排出規制強化」の規制値もクリアしている。

新型コロナウイルスの影響で、主用途のディーゼル車の排ガス浄化触媒や宝飾品の需要停滞懸念が高まり、下押し圧力が強まっている。... 用途の約3割を占めるディーゼル車向けの排ガス浄化触媒は、環境規制強化で...

「主力市場の欧州は2021年に導入予定の排ガス規制の影響が大きく、引き続き厳しい。... ドイツに比べれば自動車産業のウエートが低く、排ガス規制の影響を受けにくいためだ。

メルセデスベンツは新型GLAとCLAクーペ/シューティングブレークの3車種にPHVモデルの投入を発表した(2日、同社提供) 【フラン...

西欧は排ガス規制強化を背景とした19年末の需要急増の反動で4・0%減を見込んだ。

クボタが300馬力エンジン 23年量産、大型を拡充 (2020/3/2 機械・ロボット・航空機1)

尿素SCR(選択触媒還元)技術などを搭載し、19年から粒子状物質(PM)数が規制された5次レベルの欧州排ガス規制に適合する。

JMU、大型タンカー引き渡し 共栄タンカー向け (2020/2/27 機械・ロボット・航空機2)

硫黄酸化物(SOx)の排ガス浄化装置(スクラバー)を搭載して、燃料油中の硫黄分濃度規制をクリアし、独自の省エネルギーデバイスと合わせて従来船より大幅な燃費削減を達成している。他にもバラスト水処理装置や...

排ガス規制強化に伴う電動化に加え、スマート農業実現に向けた自動化対応、日米欧の開発拠点強化、22年までをめどとする全社的な統合基幹システム再構築などに振り向ける。

自動車の排ガス浄化触媒などに使うパラジウムの価格が一段と上昇している。... 1月下旬以降は上昇が一服したが、環境規制の強化による触媒充填量の増加を背景とする需給逼迫(ひっぱく)は継続して下値は堅く、...

JEMIMAは19年度以降の増加要因として、電気自動車やプラグインハイブリッド車などのxEVの開発に加え、世界的な排ガス規制・燃費基準に対応した動き、xEVの充電インフラ整備、新たな無線給電システムの...

バルブ生産、昨年微増 滋賀バルブ協組まとめ (2020/2/20 機械・ロボット・航空機2)

水道用は価格改正や首都圏での需要が拡大し同10・1%増の101億1200万円、排ガス規制装置向けが順調に伸びた船舶用が同60・7%増の57億600万円。 ... 20年は都市インフラ...

産業春秋/建機の電動化 (2020/2/20 総合1)

建設機械業界も例外ではなく、現在は特定特殊自動車排出ガス規制法(オフロード法)の2014年基準に適合した建機を市場に投入している。 ... 排ガス抑制や低炭素を目指し、自動車では電気...

例えば、インドでは新排ガス規制に対応した小型2輪車用燃料噴射システムを量産していく。

温暖化を阻止するには、最大要因である化石燃料の使用削減が必須であるのに、トランプ大統領は石炭産業を助成し、「大胆な規制削減によって米国は世界最大の石油、天然ガス生産国、エネルギー自立国となった」(年頭...

川重、LPG燃料船2隻目受注 シンガポールから (2020/2/18 機械・ロボット・航空機1)

1月から世界的に環境規制が強化され、LPG燃料船は引き続き需要拡大が期待できるとみて、営業を強化する。 LPG燃料船はLPGを燃料として使用することで、燃料油使用に比べ、排ガス中の硫...

堀場の今期、売上高最高に 半導体向け機器回復 (2020/2/17 機械・ロボット・航空機)

自動車計測システム事業は中国やインドなどの新興国の排ガス規制強化でエンジン排ガス測定装置が堅調に推移し、電動化車両の開発向け計測機器でも販売が増える予想。

井関がダイコン収穫機 低排ガス 新エンジン (2020/2/14 機械・航空機 1)

盗難を防ぐための個別イグニッションキーなど新機能や日本陸用内燃機関協会(陸内協)の排ガス自主規制に対応する新エンジンを搭載した。

大型トラックは堅調だったが、排出ガス規制や消費増税の反動減が中型トラックで続いている。

船の環境規制強化 川重・三菱造船、相次ぎ承認取得 (2020/2/6 機械・ロボット・航空機1)

新造船では環境規制強化で、クリーン燃料船の注文増加が期待される。... 三菱造船―SOx排ガス浄化装置 超大型コンテナ船に搭載 従来燃料使用可能に 三菱造船(横浜市西区、大倉浩治社長...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる