65件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

同社では中子製造ラインを用いて、船舶のエンジン排気管鋳造品を製造し、エンジンメーカーへ供給している。

平板より板厚を30%薄くしてもほぼ同じ剛性を確保でき、車の燃料タンクや排気管の遮熱板などに採用されている。

青山社長は「ネジだけではなく周辺部品にも領域を広げ、エンジンや排気管で手がけていた以上の仕事を受注したい」と力を込める。

HVの排気管は実績もあるのでビジネスチャンスが広がる」と期待を示す。

オーツカは、主に自動車のエンジン回りや排気管などの断熱・耐熱用途にフレキシブルチューブ「O―フレックスチューブ」を販売している。

当社の排気系部品の技術は、まだまだ必要とされている。... 排気管で培った熱制御技術を電動車向けに応用するなど、新規事業の拡充が新中計の柱の一つとなりそうだ。

外部排気管が必要ないため施工コストも削減。

佐藤工業、トンネル発破を消音 車用マフラー技術応用 (2019/6/27 建設・生活・環境・エネルギー2)

自動車用マフラー(排気管サイレンサー)などに使う管路系消音技術をトンネル内音場に応用。トンネル軸方向に垂直な壁「隔壁」と「挿入管」と呼ぶ内管を設置(イメージ)する簡素な構成部材で、従来の共鳴器型消音器...

原因は排気管伸縮継ぎ手のベローズに亀裂が入って破損したためと推定した。... 打痕と熱疲労でベローズに亀裂が入り、さらに排気管の内圧で亀裂が広がり破損したと見られる。

電動車は電池やモーターなどの搭載スペースが拡大する傾向にあり、既存の排気管や排熱回収器を中心に製品の小型・軽量化を進める。

中部電、浜岡原発5号機発電機が故障 (2018/6/7 建設・エネルギー・生活1)

発電機3台のうち1台で排気管の伸縮継ぎ手の破損による排気の漏えいを確認し、停止した。... 今後、破損の原因調査や排気管の交換などをする方針で、復旧時期は未定。

酸素センサーは吸気・排気中の酸素濃度を測り、理想的なエンジン制御を助ける。... 日特陶は国や地域別ではなく、規制レベルと2輪車、4輪車それぞれの排気量別に酸素センサーをそろえる。... 新タイプはイ...

日立ハイテク、半導体製造装置モジュール 3D NAND型に有用 (2018/3/28 電機・電子部品・情報・通信2)

開発したチャンバーは排気管を改良し、チャンバーの中から外へガスを排気する量を増やした。

「もし全車がEVになれば、排気管を手がける当社として影響は甚大だ。... 「今後もハイブリッド車(HV)向けなどに内燃機関は残り、排気管のニーズもある。... 開発項目はたくさんある」 ...

【名古屋】フタバ産業は1日、自動車の排気管部品を手がける中国重慶市の全額出資子会社「重慶福達巴汽車部件」を中国の部品メーカーに売却すると発表した。

過給機や排気管、足回りなどを強化。 【アヴァンツァーレ・志村工業・コースト】 【アヴ...

主力事業の自動車用排気管で培った気体の吸着技術や熱回収ノウハウを応用。... フタバ産業は将来の普及が予想される電気自動車(EV)で主力製品の排気管が使われないことから、新事業の開拓を急いでいる。.....

車がすべて内燃機関のない「ピュアEV」になればエンジン、排気管、変速機などを主力とする部品メーカーは屋台骨が崩れる。 ... 【両にらみ】 カルソニックカンセイは売...

車体の後部中央には4本の丸い排気管があり、左右にはそれぞれ3つずつ丸形のテールランプが付いている。

ヒートコレクターは排気管に取り付ける。... 暖機完了後はバルブが切り替わり、排ガスは排気管をそのまま流れる。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる