75件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

まず運送業者が備えるべきリスクとして、対人・対物賠償責任と並んで重要なのが、受託貨物の損害に起因する賠償責任だ。... また運送保険の場合、受託貨物特有の費用損害をオーダーメードで設計できる場合もあり...

ティアフォー、MoT、損害保険ジャパン、KDDI、アイサンテクノロジーの5社は2019年11月に協力体制を構築。

海外PL保険では、海外で発生したPL事故への損害賠償金や、弁護士費用だけでなく、保険会社の弁護士ネットワークを活かした示談交渉などのサポートを受けられるのが一般的だ。法律の相違などで、日本国内での事故...

「顧客に負担をかけず早期に支払われる仕組みを構築し保険の体験価値を高めたい」と話すのは、損害保険ジャパン取締役執行役員の白川儀一さん。 同社は保険事故発生の自動検出と保険金支払い業務...

「市民活動と企業活動を両輪として、日本の社会課題解決を促進する新たな仕組みを作りたい」と意気込むのは、損害保険ジャパン会長の二宮雅也さん。

また火災や自然災害のような巨額損害の恐れがあるリスクには、工事の種類により「建設工事保険」「組立保険」「土木工事保険」による対応が有効で、不測・突発的な事故で工事の目的物や工事現場内の仮設物、現場事務...

損害保険ジャパンは28日、M&A(合併・買収)取引時のリスクに対応する表明保証保険の販売を始めたと発表した。買収後に隠れた債務が発覚するなど事前の表明内容に違反があった際に買い主が被る損害を保険で補償...

SOMPOHDグループの損害保険ジャパンとの連携も強化する方針。... 損保ジャパンも保険商品だけでなく、車両管理をセットで提案することが可能になり、付加価値向上につながる。

この保険は取引先が倒産し、売掛金が貸し倒れた時に保険金を受け取れる。取引信用保険は一般に、取引先からの入金が遅延しても、取引先が倒産するまでは保険金を支払えないのが課題だった。 .....

損害保険ジャパンは、課長職より下の社員約1万8000人を対象に、能力や実績をより重視する新人事制度を導入した。... 損保ジャパンは役割等級の削減と同時に、海外勤務を含む「グローバル」職や地域限定の「...

損害保険ジャパンは中小企業向けに公開している経営情報サイトを各種保険商品の提案に活用する。... サイバー保険関連では、10月に損保ジャパンのウェブサイト上で業種と売り上げを入力するだけで保険料試算で...

こうした雇用リスクへの備えとして、民間の保険活用の検討も不可欠である。企業の労働者が業務中の労働災害(通勤災害含む)によりケガなどを被った場合や、労災保険法などで給付が決定された脳・心臓疾患などを原因...

活用事例の一つが、取得したデータと保険料をひも付ける取り組み。損害保険ジャパンは日立ソリューションズと協業し、収集したデータと保険料を連動させる概念実証(PoC)を始めた。... あいおいニッセイ同和...

【リスク分析融合】 損害保険ジャパンは、洋上風力発電の普及に向け、中核事業の損害保険事業で培った知見や、国内外の洋上や陸上の風力発電での事故などに関するリアルデータやデジタル技術を活...

損害保険ジャパンは5日、自動走行ロボットの専用保険を開発し提供を始めたと発表した。実証実験を実施する事業者などに保険を提供することで実用化に向けた研究開発を支援する。 ... 損保ジ...

損害保険ジャパンは自然災害対応など幅広い業務でRPA(ソフトウエアロボットによる業務自動化)を導入している。... その一つが自動車保険料の返戻だ。自動車の所有者に加入が義務付けられている自賠責保険は...

損害保険料率算出機構によると、火災保険に付帯する水災補償の付帯率は2018年度で約7割にとどまる。... LINEを介した事故連絡に強みを持つ損害保険ジャパンは「水災アプリ」と呼ぶ損害調査用のスマート...

損害保険ジャパンは16日に男性育児座談会を開催。... 「だっこしても泣き続けて困ったが、外に連れて行くとぴたっと泣きやんだ」と同社再保険室新種・海上・海外再保険グループの小林篤史氏は話す。... 同...

そこで一般に実施者は法令などに基づき保険の加入措置を講じる。 ... 損保会社は提出された実施計画書などから保険料などを算出する。 こうした保険は東京海上日動火災保...

企業の負担する使用者賠償リスクをカバーできる保険がある。使用者賠償は、従業員が業務上に被った身体障害について、企業が法律上の損害賠償責任を負担することで支払う損害賠償のことで、当社では、「使用者賠償責...

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる