電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

65件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

機械技術6月号/収益性と環境負荷低減を両立する視点 (2024/5/23 機械・ロボット・航空機1)

また摂南大学の諏訪晴彦教授が、工作機械のエネルギー効率性と生産性のバランシングの観点に基づき、省エネルギー加工に必要なアプローチ方法と工場全体のエネルギー効率最適化のための考え方を紹介する。 ...

摂南大学は1975年に工学部のみの大学として始まり、法学部などの文系学部のほか薬学部や看護学部も加えながら成長してきた。

摂南大、産学連携施設11月開設 研究活動を促進 (2024/2/15 科学技術・大学1)

摂南大学は産学連携を目的にしたインキュベーション施設を11月に枚方キャンパス(大阪府枚方市)に設置する。

海洋生物環境研究所、摂南大学、水産研究・教育機構との共同研究。

摂南大学、東京大学、中国科学院、フランス国立科学研究センター、独ミュンスター大学との共同研究。

ニプロ、摂南大と試薬開発 尿中代謝物測定を効率化 (2023/8/4 生活インフラ・医療・くらし1)

ニプロは摂南大学と共同開発の研究用液状試薬で、馬尿酸測定試薬「ニプロ」と総馬尿酸測定試薬「ニプロ」を発売した(写真)。

ほしい人材×育てる人材(100) (2023/3/21 マネジメント)

自律的なキャリア形成を意識しており、やる気のある人はしっかりサポートする」 摂南大学 就職部長 浦田直樹氏「2年生から“就活力“向上」 摂南大学は、...

(敬称略) 【特別賞近畿経済産業局長賞】▽奨学金を必要とする学生のための情報提案サービス「Should(シュッド)リスト」(同志社大...

現在は大阪工大のほか、摂南大学や常翔学園中学・高校など計7校を擁する。

基盤構築し雇用創出 オートバックスセブンは、摂南大学などと連携し、人工知能(AI)開発業務において、障がい者雇用を創出するための共同研究を始める。

東京工業大学と摂南大学の研究グループは、植物の「光合成」反応を構成する2種類の化学反応が協調し働く仕組みを解明した。

日本IDDM、1型糖尿病関連で摂南大に研究助成 (2020/7/30 科学技術・大学)

摂南大学と日本IDDMネットワーク(佐賀市、井上龍夫理事長、0952・20・2062)は29日、1型糖尿病関連の研究への助成金贈呈式を行った。

摂南大学農学部の井上亮教授らは、ヒト以外の動物の細胞を使う異種移植で、1型糖尿病治療に使うブタのすい臓の細胞について移植前の病原体検査の仕組みを確立した。

摂南大学理工学部の川上比奈子教授と松尾康光教授らは、葉緑体を使った光合成燃料電池を使った「光合成建築」を考案した。

機械振興協会経済研、あす広島で成果普及セミ (2020/2/6 機械・ロボット・航空機1)

講師は畠山俊宏摂南大学准教授、羽田裕愛知工業大学准教授、佐伯靖雄立命館大学准教授の3人。

農学部新設、他分野とも連携 2025年に開学50周年を控える摂南大学は、文理両面の学部が充実した総合大学として国内外での存在感向上を目指している。

大阪工業大学が西村泰志学長(69)の任期満了に伴い益山新樹氏(62)を、摂南大学は八木紀一郎学長(72)の任期満了から、荻田喜代一氏(64...

京都市産業技術研究所、製品評価技術基盤機構、産業技術総合研究所、摂南大学、抗体・試薬ベンチャーらと連携した。

連携体は佐々木化学薬品と京都市産業技術研究所、製品評価技術基盤機構(NITE)、産業技術総合研究所、摂南大学、抗体・試薬ベンチャーのメイベル(京都市下京区)らで構成。&...

京都大学大学院農学研究科の橋本渉教授や摂南大学の村田幸作教授、協和メデックス(東京都中央区)らの研究グループは、短時間で単純な糖尿病検査につながる人工酵素を開発した。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン