6件中、1ページ目 1〜6件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

4―5月には「改元効果」などもみられた。

19年が過去2回の悪化と異なるのは、「改元効果」がみられた5月以降、景気後退の動きが緩和した可能性が高く「下げ止まり」とした判断から「悪化」に戻した点だ。

5月の中小景況、全業種で悪化傾向 10連休の反動影響 (2019/7/2 中小・ベンチャー・中小政策)

鉄鋼・金属が11・2ポイント、改元効果があり前月大きく伸びた紙・紙加工品は10・9ポイントの大幅低下。

当初、4月は消費で「改元効果」が期待される一方、米中貿易摩擦などによる輸出や設備投資への影響が懸念されていた。

家計動向関連DIは改元効果や消費増税前の駆け込み需要への期待などから上昇した一方、企業動向関連と雇用関連のDIはコスト上昇や米中貿易摩擦への懸念などから低下した。

11カ月ぶりの改善で「改元効果も考えられる」(景気統計部)。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる