910件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

JAEA、福島原発廃棄物の線量分析 来年6月から (2020/12/30 建設・生活・環境・エネルギー)

【いわき】日本原子力研究開発機構(JAEA)は放射性物質の分析・研究施設となる大熊分析・研究センター(福島県大熊町)で、福島第一原子力発電所の廃炉作業で発生したがれきや伐採木、焼却灰などの中・低線量放...

日本原子力研究開発機構J―PARCセンターの武井早憲研究主幹らは、有害度が高い放射性物質を安全性が高い物質に変換する「加速器駆動核変換システム(ADS)」の基礎研究に必要な陽子ビームの制御技術を開発し...

現時点で輸出許可制の対象物資にレアアースは含まれていないが、中国商務省は対象拡充の姿勢を示しており、軍事品にも使われるレアアースが指定される可能性がある。... ただレアアース鉱石は放射性物質が含まれ...

最初の段階は地質図や学術論文などの文献調査であり、放射性物質の持ち込みなどの危険はまったくない。... 高濃度放射性廃棄物の処理は難問である。... 放射性廃棄物の危険は言うまでない。

安全性という重い課題に取り組んできた成果が実を結びつつある。... 原子炉が冷却機能を失い炉心が損傷した場合にも放射性物質の放出を抑制するための施設だ。

放射性物質の検査証明書や産地証明書を付けずに47都道府県の食品を出荷することが可能となった。

【電子版】先週の注目記事は? (2020/11/3 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(10/26~11/1) 1位 深層断面/日立、グループ再編大詰め 日立金属・日立建機売却へ 2位 日立、日立建...

筑波大学、日本原子力研究開発機構、福島大学の研究グループは、東京電力福島第一原子力発電所の事故で放出された放射性物質の動きを検証し、チェルノブイリ原発事故より環境回復は大幅に早いことを示した。... ...

政府は、東京電力福島第一原子力発電所から出る放射性物質を含む処理水の取り扱いに関する会合を開いた(写真)。... 書面公募では4011件の意見が寄せられ、処理水の安全性や処分方法、合意プロセスなどに関...

構想では、放射性物質を基準値以内に抑えた処理水を、さらに海水で数百倍に薄めて沖合に流す。... 海外を含め、正常稼働している他の原発は常時、微量の放射性物質を含む冷却水を放出している。... 安全性が...

以来、原子力施設などで放射性物質等ばく露防止対策業務に従事。

全国漁業協同組合連合会(全漁連)の岸宏会長らは15日、梶山弘志経済産業相を訪ね、東京電力福島第一原子力発電所の放射性物質「トリチウム」を含む処理水の処分方法に関する要請書を手渡した。

政府は8日、東京電力福島第一原子力発電所から出る放射性物質トリチウムを含む処理水の処分方法について、全国漁業協同組合連合会(全漁連)などから意見聴取を行った。

(いわき・駒橋徐) 20日開設 生活激変、語り部証言 福島第一原発事故から9年半を経たが、高濃度の放射性物質による帰還困難区域は今も複数の自治体にまたがり、廃炉作業...

PCV内部に入るためには、放射性物質拡散防止の観点から細い配管を通ってPCV内に進入し、高放射線環境の領域で、悪路かつ広範囲を走行移動する必要がある。 ... 今回のPMORPHの開...

【過酷環境の調査】 原子炉格納容器は、原子炉やこれにつながる重要な機器を収めた容器であり、事故時に放射性物質が外部に拡散することを防ぐ目的がある。

最後の砦は耐震・防爆・耐放射性物質・耐生物兵器・耐化学兵器・耐水害の機能を備える。... 特殊フィルターにより放射性物質やエボラウイルスなどの有害物質を遮断する。... 濾過フィルターが放射性物質、生...

「東日本大震災の時は“ヨウ素入りのうがい薬を飲めば放射性物質の影響が低減する”などの発信元が怪しい情報が伝わったが、今回は純然たる公的機関の発した情報という点で性質が異なる。... 知人の情報だけでは...

冷却機能を失った結果、高レベルの放射性廃液が沸騰して放射性物質が放出されるなど、通常の原発とは異なる態様の事故を想定した対策も審査された。

日本原子力研究開発機構は、原子力災害で放出される放射性物質による被ばく線量を評価するコード(プログラムの記述)を整備し、研究目的使用のために公開した。... オスカーは、事故で環境に放出される放射性物...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる