114件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

陽子線や重粒子線を使う粒子線医療の知識や技能を習得するための研修で訪日する外国人の医師や看護師、診療放射線技師らに最長2年の在留期間を認める。... 全国10カ所の特区のうち「関西圏」で2016年から...

宇宙線研究に携わる高エネルギー物理学者と被ばく線量評価に携わる放射線防護学者に接点がほとんどなかったためである。 ... さらに、研究協力の枠組みを宇宙航空研究開発機構、放射線医学総...

【RI体内に】 さらに放射性同位体(RI)を注射や経口投与で体内に取り込む「核医学治療」も利用が拡大する。... 東部長は「体の外に放射線が出ないので、入院が不要で患者の負担が少ない...

人と技術 国家プロ参画で育成 日立製作所は総合電機メーカーとして、1970年代から研究用加速器や核融合実験装置のプロジェクトに携わってきた。... 放射線医学総合研究所の重粒子線がん...

放射線医学総合研究所と共同で超電導電磁石を使った「回転ガントリー(照射機構部)」を開発。... こうした技術を応用して1957年には早くも東京大学原子核研究所に加速器を納入し、59年には国産第1号とな...

同社の超電導電磁石は1970年代から研究用加速器に採用され、近年では大強度陽子加速器施設(J―PARC)や理化学研究所のRIビームファクトリー、国際熱核融合実験炉(ITER)に搭載された。 &...

量子科学技術研究開発機構(QST)放射線医学総合研究所(放医研)と国立がん研究センターは17日、薬から放射線を出してがん細胞を攻撃する放射性治療薬「64Cu―ATSM」の治験を開始すると発表した。.....

量子科学技術研究開発機構(QST)放射線医学総合研究所の島田斉主幹研究員らは、アルツハイマー病患者において、脳内に蓄積した異常たんぱく質がアルツハイマー病の症状の一つである意欲低下と関係があることを明...

戦略的ファンド拡充 萌芽的研究を創出 放射線医学総合研究所に、日本原子力研究開発機構の量子ビーム部門と核融合部門が統合され、2016年4月1日に発足した量子科学技術研究開発機...

放射線医学総合研究所被ばく医療センターの富永隆子医長らは、放射性物質を含む爆発物を使ったテロで周囲に放射能汚染を起こす「ダーティボム」への対応の課題について、警察や消防との連携の重要性について紹介する...

協議会は、量子科学技術研究開発機構の放射線医学総合研究所(放医研)をはじめ、兵庫県立粒子線医療センター(兵庫県たつの市)、群馬大学重粒子線医学研究センター(前橋市)、九州国際重粒子線がん治療センター(...

【放射線医学総合研究所機能分子計測チーム研究員・村山周平氏(37歳)】 がんの治療法として薬物送達システム(DDS)の可能性が注目されている。... 放射線医学総合研究所機能分子計測...

放射線医学総合研究所の青木伊知男チームリーダー、大阪府立大学の河野健司教授らは、抗がん剤と造影剤が入った熱に反応するナノサイズ(ナノは10億分の1)の粒子を開発した。... がん細胞のみを狙って照射す...

重粒子線治療は94年に放射線医学総合研究所(放医研、現量研機構)が世界で初めて専用装置「HIMAC(ハイマック)」で臨床試験を始めた。... 特に炭素は放射線に強い腫瘍にも有効だ。... 【普及へ橋渡...

量子科学技術研究開発機構(量研機構)放射線医学総合研究所の季斌(キヒン)主任研究員らは、マウスの脳に移植したiPS細胞(人工多能性幹細胞)由来の神経前駆細胞が神経細胞に分化した後、神経回路を形成したこ...

具体的な連携の第1弾として、量研機構の関西光科学研究所と阪大のレーザーエネルギー学研究センターとの間で、光・量子ビーム科学の連携協力についての覚書を締結した。 ... 量研機構は、放...

量子科学技術研究開発機構の放射線医学総合研究所の須原哲也部長と山田真希子チームリーダーらは、うつ病患者の大脳の中心部にある視床で、神経伝達物質の一種「ノルアドレナリン」を取り込むたんぱく質「ノルアドレ...

量子科学技術研究開発機構(QST)は、拠点や部門の枠を越えた研究連携を促すための仮想的な研究所「QST未来ラボ」を設置する。... QSTは放射線医学総合研究所と、日本原子力研究開発機構の量子ビーム部...

4月から…こう変わる (2016/3/29 総合1)

承継後にEAファーマに社名変更 ▽放射線医学総合研究所が日本原子力研究開発機構の一部を統合し「量子科学技術研究開発機構」に名称変更 ▽「大学評価・学位授与機構」と「国立大学財務・経営セ...

同機構は放射線医学総合研究所(放医研)に、日本原子力研究開発機構の量子ビーム・核融合部門を移管・統合する形で発足。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる