8件中、1ページ目 1〜8件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

新型コロナウイルス感染症は仕事の現場を変えた。銀行や鉄道などインフラを担う現場では、利用者の感染防止はもちろん、従業員の安全を確保するために各社が工夫を凝らしながら、社会機能の維持に貢献しようとしてい...

遠く離れても体験を共有 新型コロナウイルスの感染拡大により、情報や知見を共有したり交換したりするコミュニケーションのあり方が見直しを迫られている。遠く離れた相手とどうやりとりするか。...

今後、注文から決済までできるように機能を拡張するほか、2020年度内にはドライブスルーでの利用、自走式ロボットによる配膳業務の実験も実施する。

愛らしい姿、活躍の時近づく 宅配ロボットが日常を支える時代が目前に迫っている。新型コロナウイルスの感染拡大で活況を呈するデリバリーサービスだが、その役割を担えるロボットの実証実験が進...

テレワーク、“店員”に広がる 店頭で接客と言えば対面が当たり前。しかし、そんな職場にもテレワークが広がりつつある。ベストプロジェクト(大阪市北区)が開発した遠隔接客システム「えんかく...

ワークスペース 住宅、新生活にひと工夫 テレワークの広がりを受け、住宅各社が相次ぎ新しい住宅を市場投入している。... 積水化学工業住宅カンパニ...

企業は試行錯誤しながら新しいワークスタイルを確立していく。 ... 「ワーケーション」注目 地域貢献、働く場多様に ...

経済活動に「新型コロナウイルス感染症の予防」という観点が欠かせなくなった。働き方にも工夫が求められる中、生活に溶け込むようロボットの活用が進む。インターネットを介して離れた場所から接客したり、仮想現実...

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる