86件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.037秒)

臨海副都心エリアは新交通システム「ゆりかもめ」や臨海高速鉄道(りんかい線)が整備されているが、エリア内に立地する施設や公園を結ぶ移動手段が広がれば、街の回遊性やにぎわいの向上にもつながるとみられている...

三菱重工エンジ、交通・プラントの運転・保守支援を展開 (2021/4/21 機械・ロボット・航空機2)

三菱重工エンジニアリング(横浜市西区、寺沢賢二社長)は、交通システムやプラントなどの運転や保守を支援するサービスのプラットフォーム(基盤)を展開する。... 新交通システムや二酸化炭素(CO2)の回収...

列車の自動運転は地下鉄や新交通システムなどで採用されるが、JRでの実運用は初。... ATOは、運転士が安全を確認して出発ボタンを押すと、次の駅に停止するまで自動で機械が運転するシステム。... 指令...

東京都は、新交通システムの日暮里・舎人ライナーと都営バスで第5世代通信(5G)の実証実験を実施する。... 都営交通による5Gの活用は初めて。 ... 対象バスは回送車とし、撮影対象...

このほど、自動運転機能付き電気自動車(EV)「eパレット」向けの新交通システムを完成。「車両にとどまらず、サービス運行の仕組みやシステムをパッケージで提供する」と意気込む。

三菱重工エンジニアリング(横浜市西区、寺沢賢二社長、045・200・9600)は10日、新交通システムを運営する広島高速交通(広島市安佐南区)から、新型車両13編成(78両)を受注したと発表した。.....

三菱重工エンジニアリング(横浜市西区、寺沢賢二社長、045・200・9600)は、新交通システム向けにデジタル技術を活用した遠隔監視を事業化する。... 国内外で新交通システムを受注しており、収益力を...

三菱重工エンジニアリング(横浜市西区、寺沢賢二社長、045・200・9600)は16日、東京都交通局から日暮里・舎人ライナーの新型車両60両(12編成)を受注したと発表した。電力駆動による完全自動走行...

地下鉄や新交通システムに普及している鉄道の自動運転は、ホームドアの設置や人が容易に立ち入れない線路構造などが条件だ。... 技術面で壁となるのは保安システムだ。... 新しいシステム導入は法令をクリア...

三菱重工エンジの全自動無人運転車両、マカオで営業運転開始 (2019/12/12 機械・ロボット・航空機2)

三菱重工エンジニアリング(MHIENG、横浜市西区、小林繁久社長、045・200・9600)が、中国のマカオ特別行政区政府から受注していたマカオLRT向けの全自動無人運転車両システム(AGT=写真)が...

三菱重工エンジニアリング(MHIENG、横浜市西区、小林繁久社長、045・200・9600)は、広島高速交通(広島市安佐南区)の車両基地に新交通システム7000系車両(写真)を納入した。 &#...

国土交通省は横浜市の新交通システム「シーサイドライン」の逆走衝突事故を踏まえ、無人で自動運転を行う列車の事故防止策を話し合う検討会の中間取りまとめを公表した。... 6月1日に起きたシーサイドラインの...

三菱重工エンジニアリング(MHIENG、横浜市西区、小林繁久社長、045・200・9600)は、埼玉新都市交通(埼玉県伊奈町)が運営する新交通システムのニューシャトル第24編成(写真)向けに自動案内軌...

JR東が見せた、自動列車運転装置の完成度(動画あり) (2019/1/8 建設・エネルギー・生活2)

地下鉄や新交通システムでの導入実績があるが、JR東は「より高性能なATOの開発」(深沢祐二社長)に取り組む。... 【乗り心地向上】 ATOは線路への進入危険性が低い地下鉄や新交通シ...

JR東、自動運転装置の走行試験 山手線で年末年始 (2018/12/5 建設・エネルギー・生活1)

ATOは地下鉄や新交通システムが採用する運転保安システム。... 同日会見した深沢祐二社長は「一般的なATO機能に加えて、運行管理システムと連携して、運転条件を反映して最適な運転ができるATOを開発し...

新施設の愛称は「ブラックレイク(黒い湖)」。... これらをはじめ多くの車・部品メーカーが新施設を利用できる。 ... ATOは線路への進入危険性が低い地下鉄や新交通システムが採用す...

【横浜】京浜急行電鉄と横浜国立大学は4日、新交通システムの構築に向けた産学連携の推進に関する協定を締結したと発表した。... 両者は高齢化や人口減少などによる交通課題を解決するため、京急が培ったまちづ...

同システムは、空港ターミナルと新設のレンタカー施設を結ぶ新路線として計画。MHIENGは今回、APMシステムの設計とAPM車両12両を納入した。 ... APMは電気駆動により完全自...

■アクセスランキング・ベスト10(8/14~8/20) 1位 東大、若手研究者300人 「任期なし教員」に転換 2位 トヨタグループ各社...

広島市の新交通システム「アストラムライン」の業績が急回復している。運営する広島高速交通(広島市安佐南区、竹内功社長、082・830・3111)によると、2016年度の1日平均乗客数は6万3312人(前...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる