137件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

【静岡】ジヤトコは30日、後輪駆動(FR)車用新型9速自動変速機(AT)を開発したと正式発表した。同社の富士地区A(静岡県富士市)で生産ラインを新設して量産し、日産自動車が北米で製造・販売するピックア...

【静岡】ジヤトコは後輪駆動(FR)用新型9速自動変速機(AT)を開発し、同社の富士地区A(静岡県富士市)で生産ラインを新設して量産に入った。日産自動車が北米で製造・販売するピックアップトラック「タイタ...

【サンパウロ=時事】ブラジル・ゴイアス州で三菱自動車とスズキの乗用車およびピックアップトラックをライセンス生産するHPE Automotoresは23日、国内での新型コロナウイルス感染拡大を受けて約1...

トヨタ自動車は23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、インドとブラジル、アルゼンチンの計5工場で生産停止することを明らかにした。... 南米ではカローラや小型車「エティオス」などを作るブラジルトヨ...

いすゞ自動車はタイで生産、販売する新型ピックアップトラックを2022年ごろまでにグローバルに投入する。... 新型ピックアップトラック「D―MAX」は19年10月にタイで発売した。タイではピックアップ...

今後も市場低迷が続きそうなほか、新型肺炎問題は収束の兆しをみせていない。... スポーツ多目的車(SUV)やピックアップトラックの販売好調でインセンティブ(販売奨励金)抑制も進み、北米事業の営業利益は...

新型ハイランダーを年4万台増産する計画を打ち出しており、北米で需要が旺盛なSUVの供給能力を高める。... また、テキサス工場では小型ピックアップトラック「タコマ」の生産を終え、メキシコの2工場に移管...

タイではピックアップトラックの人気が高い。... 新型D―MAXで特に強化した点は燃費と安全性だ。... ピックアップトラックは商用トラックの先兵的な役割もある」と力を込める。

2020予測/3大市場 減速 (2020/1/1 自動車)

ただ新車販売の7割を占めるまでに成長した「ライトトラック(ピックアップトラックやスポーツ多目的車〈SUV〉)」は趣味性が高く、中西孝樹ナカニシ自動車産業リサーチ代表は「経済が悪化すれば、一気に需要が萎...

【シリコンバレー=時事】米電気自動車(EV)メーカー、テスラのマスク最高経営責任者(CEO)は24日夜、同社初のピックアップトラック「サイバートラック(写真)」の注文予約台数が20...

主力のタイのピックアップトラックの輸出が、バーツ高の影響で採算が悪化し、利益を押し下げるとみている。 ... 為替対策について片山正則社長は「即効薬はないが、ピックアップトラックの生...

いすゞ自動車はタイでは、ピックアップトラックのイメージが強い。10月に全面改良したピックアップトラック「D―MAX」を投入した。... いすゞのピックアップトラックは1974年にタイで現地生産を始めた...

いすゞの旗艦モデルであるピックアップトラック「D―MAX」の8年ぶりの全面改良を機に、ピックアップトラックの生産拠点であるタイ工場の強化にも乗り出している。 いすゞは、タイのピックア...

耐久性にこだわり差別化 11日、タイ有数の展示会場「インパクト・ムアントーンターニー」で、全面改良した新型ピックアップトラック「D―MAX」のレセプションパーティ...

全面改良した1トンピックアップトラック「D―MAX」を19日からタイを皮切りに順次発売。... 「(この8年で)いすゞのピックアップトラックの責任も高まっている」と気を引き締める。 ...

いすゞ自動車は、タイで積載量1トンのピックアップトラック「D―MAX=写真」を8年ぶりに全面改良し、19日に発売する。... 高噴射圧を実現する排気量3000ccの新型ディーゼルエンジン「4JJ3」を...

ビートルや他のハッチバックの需要は、数年にわたるガソリン安に加え、米消費者の人気がSUVやピックアップトラックに移ったことで抑制されている。ピックアップトラックは米市場で記録的なシェアを獲得しており、...

インドネシアで投入した軽量トラックは伸びるが、海外販売の大半を占めるピックアップトラックで新型モデルの切り替え準備などが販売の足かせとなる。... 国内を見ると、排出ガス規制の影響で、前期は小型トラッ...

トーヨータイヤのスポーツ多目的車(SUV)用タイヤ「オープンカントリーA39/A38」が、2018年12月にトヨタ自動車が北米で発売した新型SUV「RAV4」に採用された。オープンカントリーは、SUV...

帝人、米GMにCFRTP供給 新型2車種向け (2019/5/8 素材・医療・ヘルスケア)

帝人は7日、熱可塑性炭素繊維複合材料(CFRTP)「セリーボ」が米ゼネラルモーターズ(GM)の新型ピックアップトラック2車種に採用されたと発表した。... 採用されたのは、GMが夏に展開を始めるピック...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる