268件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

こうした先端技術開発は、研究開発拠点が集積する都市部で多く計画されている。 ... 非製造業でも、20年度先送りした投資の実施のほか、セルフレジやキャッシュレス、非接触決済、無人レジ...

リノベーション市場の拡大で業容も大きく伸びたが、ここで「施工技術力に乏しい」という構造的な問題に直面する。リフォーム現場に精通している社員が少なく、施工は協力業者への外注に大きく依存。

ミライトが企業内大学 来年発足、構造改革へ人材育成 (2021/8/19 電機・電子部品・情報・通信2)

施工技術のような実技研修については、現行の事業会社が持つ研修用設備を引き続き活用していく。

大成建、改修工事でZEB化推進 既存建物に省エネ設備 (2021/8/18 建設・生活・環境・エネルギー1)

脱炭素を目指す取り組みとして、これまで新築のZEB化を推進してきたが、政府が2050年までのカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)を宣言したことから、自社物件などでの実践を通して、改修工事...

内田洋行など、組み立て式和室を開発 国産木材を活用 (2021/8/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

和室は高い施工技術を要するが、柱や梁(はり)の接合部、建具・軒パネルなど木材と金物を組み合わせ、建具職人の技術で組み立てを容易にした。

山岳トンネル工事、ずり出し・吹き付け自動化 鹿島がシステム開発 (2021/7/8 建設・生活・環境・エネルギー2)

早期の現場展開に向け技術開発を加速する。 ... 今回の二つの技術を開発したことで、「装薬・発破」を除く作業を自動化したことになる。 今回、二つの自動化システムを日...

日揮、建設プリンター活用 工期など国内実証 (2021/7/1 機械・ロボット・航空機1)

確立された施工技術を基にした工事が主流のエンジニアリング業界の中で、3Dプリンターの活用は珍しいケースとなる。

新日本空調、前川新体制 研究開発・医療に意欲 (2021/6/28 機械・ロボット・航空機1)

前川社長は事業拡大に向け「研究開発に力を入れる」とし、空調設備の施工技術や保有技術のさらなる深化のほか、医薬や再生医療分野などへの進出も視野に入れる方針を示した。

リブレットは機体表面を流れる乱流境界層において表面摩擦抵抗を低減させることが知られており、大部分が乱流境界層である航空機表面にリブレットを施工することで、抵抗を低減させ、燃料消費量を削減することができ...

同センタは自社の技術開発にも活用して、自動墨出しロボットや複合現実(MR)システムなどのデジタル施工技術に磨きをかける。 ... 日立プラントサービスは工場・設備の設計や施工に強みを...

「営業力と、施工の技術力の習得・向上を目的としたプログラムで『自然光のスペシャリスト』を育成中だ。... 雨を通さない継ぎ目のない一体成型で、日本の家や工場の多様な屋根に対応できる屋根材の開発と、施工...

新役員/鹿島 執行役員・太皷地敏夫氏ほか (2021/5/26 建設・生活・環境・エネルギー)

生産計画部でのプロジェクト担当も長く、豊富な経験で培った知識と施工技術、幅広い人脈を持つ。

YKK APは19年に建築現場でロボットなどを活用した施工技術の開発に向けてCMUとの共同研究を発表した。 ... 中長期的な自社のあり方を見据え、そこに向かうための技術的なギャップ...

日本製鉄、「建設技術展」に出展 (2021/2/18 素材・医療・ヘルスケア)

日本製鉄は3月末までオンラインで開催中の「建設技術展2020関東」に出展している。集中豪雨や巨大地震などが頻発する中で、防災・減災や国土強靱(きょうじん)化に資する鋼材製品や施工技術を紹介。

今後の建設需要が不透明ななか、ゼネコン準大手・中堅各社は、独自の施工技術を駆使しニーズに対応するほか、商機とされる洋上風力発電所建設など環境分野の事業を強化する。... 首都圏も当社が施工体制を拡充し...

(編集委員・大矢修一) ―地域からの新しい技術、人材の育成が課題と訴えています。 ... 同社のドローンやドーム建築、各種鋼構造物の施工技術などの利活用で、これまで...

最近のシミュレーション技術やオフラインティーチング技術を駆使して、ロボットのプログラムを自動で作れるようになった。... 独自の施工技術やセンサ、データベースを搭載し、熟練作業を自動化する。... ユ...

トプコンと大和ハウス、建設現場のDX推進で連携 (2020/11/26 機械・ロボット・航空機1)

仮想空間で設計・施工の工程管理を行う「BIM」とデジタル測量システム、情報通信技術(ICT)を活用した自動化施工技術を融合し、建設工事の生産性を高める。両社の先進技術でデジタルデータと現場のリアルデー...

制御盤の施工技術を競う「工場電気設備」。... 日本勢が国際大会8連覇中の「情報ネットワーク施工」は情報通信の配線・保守技術などを競う。... 昨年金賞を獲得した協和エクシオの海老原徹選手は「(施工方...

大林組、型枠作業を自動化 省人化・施工速度4倍 (2020/11/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

同システムはタブレットでコンクリート型枠のスライド作業を全自動で行うため、型枠作業を従来の5人から1人に省人化でき、施工速度も4倍に向上した。... 新システムは、同社独自のダム情報化施工技術「ODI...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる