149件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

新型コロナ/運輸・観光、“移動の自粛”で大打撃 (2020/3/26 建設・生活・環境・エネルギー1)

旅客需要の急激かつ大幅な落ち込みは、稼働率で利益を上げる固定費型のビジネスモデルにとって致命的。... 旅客数の下落には歯止めが掛かっていない状況。... 【予約7割減】 日本旅行業...

米ボーイング、経営トップの報酬見合わせ (2020/3/26 機械・ロボット・航空機1)

これに追い打ちをかけるように、新型コロナの流行に伴う航空旅客需要の急減で、ボーイングの顧客である航空各社の経営は厳しさを増している。

新型肺炎/1月の中国航空3社、旅客減 今月はさらに拡大も (2020/2/19 建設・生活・環境・エネルギー1)

新型コロナウイルスの影響を受けている中国の大手航空会社3社が1月の旅客数データを発表した。... 各社は先週遅く、香港証券取引所に資料を提出した。... 航空各社は中国政府が湖北省武漢市などの事実上の...

10日に各社とも稼働を再開する予定だったが、再稼働申請への回答待ちなどで一部の拠点は再開まで時間がかかる見通し。... 関空、中国便6割超が欠航 10―16日 関西エアポート(大阪府...

ANA、大型貨物専用機の米・中路線減便 貿易摩擦で荷動き低迷 (2020/1/20 建設・生活・環境・エネルギー)

国内外各社の参入も相次いで競争環境は激化し、荷動きが低迷する中で就航した。... 貨物便は旅客便に比べて、需要に応じてチャーターや貨物専用機の便数などを柔軟に調整しやすい。

真価問われる都市鉄道 五輪控え準備着々 (2020/1/3 建設・生活・環境・エネルギー)

メトロは、多言語による自動旅客案内装置や改札口ディスプレーの全路線設置を完了させる。 ... ただ各社はそれぞれで利用者に情報を提供しており、運行情報一つとっても、データのオープン化...

そこで各社は海外事業の比率を高める事業ポートフォリオの分散や事業ドメインの多角化で影響を軽微にする戦略を採用。... 約1800兆円を超える国内の個人金融資産をめぐって各社の戦略は新たな段階に入る。&...

三菱地所は5日、岡山県真庭市産の直交集成板(CLT)約680立方メートルを構造材に使った展示施設「CLTパーク晴海=写真」(東京都中央区)を完成し報道各社に公開した。... 今回完成したCLTパーク晴...

JR西、23年にMaaS全域展開 生活サービス提供視野 (2019/12/3 建設・生活・環境・エネルギー1)

半年間の結果を元に、JR旅客6社が20年秋に開くデスティネーションキャンペーン(DC)「せとうち広島DC」で本格運用を目指す。 ... 各社の担当者が定期的に集まり、運行データの共有...

JR7社の2019年4―9月期連結決算は、旅客各社がゴールデンウイークの10連休化でレジャー利用が好調だったことを受けてそろって増収だった。... 各社が手がける流通やホテルなど非鉄道事業も好調。

15日に開かれる「鉄道の日」祝賀会では、鉄道各社と関係団体、国土交通省で構成される選考委員会によって選ばれた「日本鉄道賞」の表彰も行われる。... 旅客輸送量(1人・1キロメートル)当たりのCO2排出...

各社がホームドアの設置や踏切事故対策を継続している効果で、運転事故は長期的に減少傾向にあり、89年の1479件から57%減少した。 ... 一方で、輸送障害(列車の運休と旅客列車の3...

鉄道各社は14日、台風10号の接近に備え、事前に運休を決めて公表する「計画運休」に踏み切った。... お盆休みのUターン旅客集中期とも重なっており、各社は利用客に旅行予定の変更を呼びかけている。...

JR旅客6社は、お盆期間(8月9―18日)の指定席予約状況を発表した。... 各社によると、予約は新幹線で同1%増の約280万席だが、在来線が同4%増の約70万席と好調。

2018年の台風21号や24号の接近で、鉄道各社が利用者らに予告した上で運行を取りやめる「計画運休」を実施したことを受け、国土交通省は2日、JR旅客6社や大手私鉄などを対象に、利用者への情報提供で事前...

鉄道、運賃改定を申請 消費税引き上げ分を転嫁 (2019/7/3 建設・生活・環境・エネルギー1)

鉄道各社は2日、10月1日に予定される消費税率の8%から10%への引き上げに伴い、国土交通相に対して鉄道旅客運賃の変更認可を申請した。... JR東日本をはじめとする首都圏の鉄道各社では、2014年4...

航空機産業を支える実力企業 (2019/6/13 特集・広告)

アジアの成長とともに今後20年間で民間航空旅客需要は年平均4.5%増、約3万3000機の新規納入が予測されるなどを背景に、世界各地で航空機産業の振興に強い関心が寄せられている。... ...

関西私鉄4社の前3月期、3社が増収 (2019/5/16 建設・生活・環境・エネルギー1)

20年3月期は各社とも増収当期増益の見通し。自然災害の反動増や訪日外国人旅客の需要が伸びる見込み。

LCC新時代(2)地方創生 4者一体の協力関係を構築 (2019/2/20 建設・エネルギー・生活1)

LCCとフルサービスキャリア(FSC)を合わせた国内線旅客数は17年に、国内主要LCCが未就航だった11年に比べて29・9%増えた。国内線LCC首位であるジェットスター・ジャパンの片岡優社長は「LCC...

一方で関西国際・大阪国際(伊丹)・神戸の関西3空港の18年における総旅客数は4830万人と最多を更新した。... ◇  ◇ ―19年の空港旅客数の見通しは。 ......

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる