67件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

自然との共生をメーンテーマに地下水の開発と有効利用を主力に取り組む日本地下水開発(山形市、桂木宣均社長、023・688・6000)。1962年の設立以来、自然との共生で社会に役立つ事業活動を実践してお...

神鋼環境ソリューション、カンボジアで工事受注 大型浄水場改善 (2020/1/10 建設・生活・環境・エネルギー)

国際協力機構(JICA)の政府開発援助(ODA)の円借款資金協力案件。... 地下水くみ上げによる地盤沈下への懸念の解消を図る。... 日本政府はパッケージ型のインフラ海外展開を「国家戦略プロジェクト...

■  ■ ―新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)委託事業で、地中熱開発コストの20%削減とポテンシャルマップの高度化に取り組んできました。 ... 日本は...

「下水管内や地下トンネル内の点検などでの利用を見込む」(熊田貴之ブルーイノベーション社長)。 ... 基地上空や人口密集地で実際に数十機も飛ばされた場合は、鳥を捕獲する「かすみ網」を...

福島で再生エネ産業展 持続可能な社会の先駆けに (2018/11/9 中小企業・地域経済2)

清野弘社長は「環境調和型製品の技術開発や提供を推進し、地域社会に貢献したい」と抱負を語った。地中熱を活用して冷暖房や融雪などを行う帯水層蓄熱冷暖房システムを展示した日本地下水開発(山形市)の山谷睦企画...

1月に、インドネシアの泥炭地復興庁に、国連開発計画(UNDP)を通じて20台も納入した。 ... 道路のアスファルトから一気に流れた雨水が下水管の中であふれてしまうのも想定され、地下...

季節やコスト抑制など状況に応じた水量の制御などコンサルティング事業もしている」 ―本書からは、日本の近代化とともに歩み、数々の経験が地質調査など新分野進出の原動力となったことが伝わっ...

歴史的には、太平洋戦争の激戦地となり約15万人の日本兵が亡くなったとされる。... JICAも、APECの政策文書の草案作成などを担当する行政官の育成や、小規模下水に適した処理方式であるオキシデーショ...

環境大臣賞に輝いたエコサイクル(東京都中央区)の「バイオ浄化剤による土壌地下水汚染対策技術」をはじめ、計5件に表彰状と記念盾を贈った。 ... 受賞者を代表し、エコサイクルのシュリハ...

【環境大臣賞】 エコサイクル、「バイオ浄化剤による土壌地下水汚染対策技術」 土壌地下水汚染の浄化は掘削除去や揚水処理が主流だが、高コストや長期化が課題だった。......

新型プラントは下水処理と海水淡水化の統合型。... ウォータープラザは海外に日本の技術を発信する役割もある。... 建設地に余裕があり、事業化が決まると同10万トンへの拡張が可能という。

地下水を活用した消雪・融雪システムなどを手がける日本地下水開発(山形市、桂木宣均社長、023・688・6000)。... 今後は地中熱だけでなく、各再生可能エネルギーの複合化によるシステム開発など、地...

経営革新計画承認/東京都・54件 (2016/5/31 中小企業・地域経済2)

▽anbx(杉並区)=モバイルネット環境に対応したテレワークシステムの開発▽高昭産業(大田区)=戻り生コンクリートの再生と有効活用▽カナリア(杉並区)=効率を高めたクサビ式足場と作業着広告の事業化▽レ...

このシステムにはいくつかの方式があるが、U字管と呼ばれる高密度ポリエチレン管をボーリング孔内に挿入し、管の中を循環する流体から熱を取り出す方式が日本では一般的。... 【実証試験】 ...

三菱商事や三井物産、日本政策投資銀行、日本郵船、三菱日立パワーシステムズが参加する。 ... 消費地では脱水素触媒を用いて水素を取り出す。 ... 岩手県では日本重...

三菱レイヨングループのウェルシィ(東京都千代田区、宮田栄二社長、03・3262・2431)は、日本品質保証機構(JQA)が実施する品質管理国際規格「ISO9001」と環境管理・監査国際規格「同1400...

【山形】日本地下水開発(山形市、桂木宣均社長、023・688・6000)は、特殊な振動機を使った高速掘削機「ソニックドリル」の最新鋭機を導入した。... 市街地や住宅地での井戸掘削や自社が手がける無散...

【充填材を入れず】 日本地下水開発(山形市)の福島営業所(福島県会津坂下町)が研究開発の対象としている福島県会津盆地には、井戸から地下水が自然に湧き出てくる自噴井が数多くある。......

産業技術総合研究所は、福島再生可能エネルギー研究所(福島県郡山市)の「被災地企業のシーズ支援プログラム」の2015年度公募で25件を採択した。福島県や宮城県、岩手県に拠点をもつ企業が開発した再生可能エ...

【山形】日本地下水開発(山形市、桂木宣均社長、023・688・6000)は、秋田大学、産業技術総合研究所と共同で、地下水を熱源に用いた冷暖房などの地中熱システムの高度利用に向けた総合的な研究開発を始め...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる