31件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

【山形】日本地下水開発(山形市、桂木宣均社長、023・688・6000)は、建物のエネルギー消費を実質ゼロにする「ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」に地中熱を活用した総合的な熱供給システムの研究開発に...

自然との共生をメーンテーマに地下水の開発と有効利用を主力に取り組む日本地下水開発(山形市、桂木宣均社長、023・688・6000)。1962年の設立以来、自然との共生で社会に役立つ事業活動を実践してお...

福島で再生エネ産業展 持続可能な社会の先駆けに (2018/11/9 中小企業・地域経済2)

清野弘社長は「環境調和型製品の技術開発や提供を推進し、地域社会に貢献したい」と抱負を語った。地中熱を活用して冷暖房や融雪などを行う帯水層蓄熱冷暖房システムを展示した日本地下水開発(山形市)の山谷睦企画...

地下水を活用した消雪・融雪システムなどを手がける日本地下水開発(山形市、桂木宣均社長、023・688・6000)。... 今後は地中熱だけでなく、各再生可能エネルギーの複合化によるシステム開発など、地...

このシステムにはいくつかの方式があるが、U字管と呼ばれる高密度ポリエチレン管をボーリング孔内に挿入し、管の中を循環する流体から熱を取り出す方式が日本では一般的。... 【実証試験】 ...

【山形】日本地下水開発(山形市、桂木宣均社長、023・688・6000)は、特殊な振動機を使った高速掘削機「ソニックドリル」の最新鋭機を導入した。... 市街地や住宅地での井戸掘削や自社が手がける無散...

【充填材を入れず】 日本地下水開発(山形市)の福島営業所(福島県会津坂下町)が研究開発の対象としている福島県会津盆地には、井戸から地下水が自然に湧き出てくる自噴井が数多くある。......

産業技術総合研究所は、福島再生可能エネルギー研究所(福島県郡山市)の「被災地企業のシーズ支援プログラム」の2015年度公募で25件を採択した。福島県や宮城県、岩手県に拠点をもつ企業が開発した再生可能エ...

【山形】日本地下水開発(山形市、桂木宣均社長、023・688・6000)は、秋田大学、産業技術総合研究所と共同で、地下水を熱源に用いた冷暖房などの地中熱システムの高度利用に向けた総合的な研究開発を始め...

地下水など地中にある熱を活用した消雪システムを主力とする日本地下水開発(山形市)。... 環境エネルギー事業としては、地下水の持つ低熱エネルギーを冷暖房システムの熱源として利用するための研究開発も進め...

これを汎用機化する生産技術開発に取り組む。... 今のうちに積極的に海外展開し、地産地消の生産体制を築くことが重要だ。... (神戸市西区) 【日本地下水開発常務...

日本地下水開発(山形市、桂木宣均社長、023・688・6000)は、自噴する井戸を利用した地中熱冷暖房システムの実証試験を、福島で11月にも実施する。... 産総研の福島再生可能エネルギー研究開発拠点...

桂木 公平氏(86歳、かつらぎ・こうへい=日本地下水開発会長・前社長、創業者)15日急性心不全のため死去。

【山形】日本地下水開発(山形市、桂木宣均社長、023・688・6000)は、山形市内でで創立50周年祝賀会を開いた。

【山形】日本地下水開発(山形市、桂木宣均社長、023・688・6000)は、地下水を熱媒体とする地中熱を利用した冷暖房システムの普及に向けて、本社社屋で新たな実証試験を11月末にも始める。 環...

(山形支局長・大矢修一) 消雪システムなどを手がける日本地下水開発(山形市、桂木宣均社長、023・688・6000)は、住生活グループの傘下企業、トステム住宅研究所フィアスホームカン...

〈連絡先=代表、03・3502・0115〉 【日本地下水開発】 日本地下水開発(山形市、桂木宣均社長)は、汚染された土壌を低コストで浄化できる「フェントン法」を活用した汚染対策を提案す...

【山形】日本地下水開発(山形市、桂木宣均社長、023・688・6000)は特殊な振動機構を使った高速掘削機「ソニックドリル=写真」を雪対策ネットワーク組織のやまがたゆきみらい推進機構(大場好弘会長=山...

国際的に見て日本は消費税率が低すぎて、税率が高い国との貿易で支障が出ている。... 欧米に比べ、日本の税率はまだ低い。... 議員定数や公務員の削減も重要だが、国の借金がこれほどあることが心配だ...

1962年設立の日本地下水開発(山形市、桂木宣均社長、023・688・6000)は、無散水消雪システムなど長年にわたる地下水開発に関連する知識と経験を持つ。... 日本地下水開発では、地下水を揚水し、...

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる