62件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

日本取締役協会会長(オリックスシニア・チェアマン)・宮内義彦氏 中核は株主、姿勢変わらず ―1994年、経済同友会の主要メンバーが千葉県浦安市舞浜のホテルに泊まり込...

「帝国データバンクによると、創業100年以上の会社は日本に約3万3000社あり世界でダントツだ。... 『自利利他公私一如』を掲げてきた住友グループなど長寿企業が多い日本は先取りしている。... 形だ...

会社はお金を市場から集めて利益を最大化する“機械”であるというウォールストリート流の資本主義が蔓延(まんえん)、株主の意見を聞かない日本型経営は間違っているとして、株主優先の資本主義を世界標準に定めた...

【舞浜会議が転機】 論争の主たるテーマは「日本型経営のあり方」について。... これからの日本型経営のポイントになる課題だ。 ... 足元の利益より、未来を見据えた...

日本型経営はどこに向かうのか。... 長期的視点での経営が強みとされた日本企業。... 日本企業経営者はその解を求められている。

経営士の提言/人口減少化を考える(下) (2019/5/9 中小・ベンチャー・中小政策)

景気下降で技術革新停滞/経済成長へ日本型グローバル化必須 人手不足が技術進歩を促進させる。... 日本は日本型グローバル化に目覚めたのか。... これは日本型経営を無視して暴走し続け...

日本型経営による高い経済成長がバブル崩壊によって終わりを告げ、欧米型の社外取締役重視のガバナンスが注目されている。... 97年の山一証券の巨額簿外債務による経営破綻、第一勧業銀行の総会屋利益供与事件...

政治が業界の叫ぶ声ばかり聞いていたら、古い規制が日本経済の展開と消費者の利便性を阻害する」 ―次世代の経営者に期待するものは。 ... だが、これからの日本で収益性...

その中で、日本のIT人材は大幅に不足している。... 日本型経営ではグローバルな戦いに勝ち抜くことは難しい。... しかしIT化は経営そのものであり、もしベンチャー企業にITシステム構築を丸投げして済...

全国の経営者団体や国、地方自治体などに国鉄職員の再就職を頼んで歩いた。 ... 九死に一生を得た亀井はその後の人生を「おまけ」と考え、人間尊重の日本型経営を実践した経営者でもあった。

翻って日本はどうか。... 日本は将来、世界経済をけん引する潜在性を秘めている。... 【進む法改正、大学も動く】 日本型経営は、かつて世界水準とされた。

ラオスでは産業人材が少ないため、JICAはラオス国立大学に日本センターを設置し、日本的経営を教えている。ラオス日本センターの鈴木氏は、暗黙知を形式知化してスパイラル状に展開し、イノベーションを起こす日...

【明確な理念】 日本企業は、日本型経営の良さを捨てるべきではないというのが持論だ。企業統治も欧米の「借り物」でなく、日本の組織風土になじんだ無理のない仕組みの方が経営者も社員も納得で...

こうした中、2004年に日本の協力で王立プノンペン大学に設立し、国際協力機構(JICA)と国際交流基金が運営支援するカンボジア日本人材開発センター(CJCC)が中心となって、新組織「カンボジア日本経営...

長期的成長を期待できる企業であることを株主に説明することが第一歩であり、指針が定める『建設的な対話』も、長期視点の経営を理解して支えてくれる投資家を増やす活動と捉えるべきだ」 ―一方...

―市場原理主義と株主偏重をうたった欧米型資本主義を痛烈に批判しています。 ... あらゆるステークホルダー(利害関係者)を大切にするべきである」 ―日本でも株主重視...

日本型経営“のひとつと言われた「新卒一括採用」は曲がり角に立っている。 ... 経済同友会の小林喜光代表幹事は、日本独特とも言える新卒一括採用方式をこう疑問視する。 ...

「公益資本主義をベースにした日本的経営のあり方を世界に発信する。... 会議はテーマを決めて年2回開き、政府に提言して制度改革につなげたい」 【記者の目/日本古来の商道に立ち返る時】...

「日本型経営」の原点を作り上げた人物である。 ... 顧客や地域・社会などさまざまなステークホルダーに広く配慮する日本型経営の礎になった。 商法会議所の初代会頭就任...

単に羅列するのではなく、経営学の論理に当てはまるように整理した。『駅伝襷(たすき)経営』や『家伝社伝経営』『暖簾(のれん)資産経営』といった具合に、分かりやすいタイトルもつけた」 ―...

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる