1,008件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.011秒)

日本航空(JAL)や群馬銀行、百五銀行などに試験導入した。... 日本アイ・エス・ケイは、非接触型の操作パネルを導入したオフィスロッカーなどの生産を4月にも始める。

全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)は19日、2021年度の国内線事業計画を発表した。... 当初計画における供給量(座席キロ)としてANAは20年度計画比で約15%減、JALは19年1―12月実...

政府による1都3県への緊急事態宣言発出を受けて、航空・鉄道各社は相次いで国内線航空便、新幹線の減便を発表した。... 日本航空(JAL)は13―31日に、羽田発着の幹線、地方線を中心に71路線3567...

月面探査、新局面 (2021/1/11 科学技術・大学)

きっかけは2009年、米航空宇宙局(NASA)が確認した水資源の存在だ。... 日本航空(JAL)やシチズン時計、高砂熱学工業など7社と協力し、ロケットから分離して月に着陸させる着陸機と、月面探査車を...

ZIPAIR、航空機内の課題解決 商品・サービス開発 (2021/1/8 建設・生活・環境・エネルギー)

日本航空(JAL)傘下の長距離国際線格安航空会社(LCC)ZIPAIR Tokyo(ジップエアトーキョー)は、航空機内の課題解決につながる商品やサービスの開発に取り組み、国内外の航空会社への販売を目指...

コロナ禍を端緒に日本でも働き方が変わり始めた。... 他社に先駆けて17年にワーケーションを制度化した日本航空(JAL)は21年、社員が滞在先のさまざまな地域の課題解決に参加する取り組みを始める。.....

その一環で新たな価値の共創を目的に、5月から日本航空(JAL)と航空機のタイヤ摩耗予測技術を活用した整備作業の効率化に取り組む。... そこでJALが持つフライトデータと、当社で培ってきた独自のアルゴ...

日本航空(JAL)は非公表。

KDDIなど、ドローン目視外運航を全国で実証 (2020/12/16 電機・電子部品・情報・通信2)

先行実証には宇宙航空研究開発機構(JAXA)や日本航空(JAL)、eロボティクス(福島県南相馬市)などが参画する。

JAL、手荷物当日配送サービス実証 空陸一貫で (2020/12/2 建設・生活・環境・エネルギー1)

日本航空(JAL)は1日、出発地から空路で移動後の目的地まで、手ぶらで移動できる手荷物当日配送サービスの実証実験を始めた。... 実験は羽田―高松線のJAL便利用者を対象に、25日まで実施し、利用料金...

FDAなど4社、「リージョナル航空協議会」を設立 (2020/12/2 建設・生活・環境・エネルギー1)

フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市清水区)など地方空港間に航空路線を就航させている航空4社は1日、業界団体「リージョナル航空協議会」を設立したと発表した(写真)。地域間の交流人口増大に貢献するリ...

ニュース拡大鏡/JAL・ANAHD、公募増資で資本増強 (2020/12/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

コロナ後、航空市場変容に一手 日本航空(JAL)とANAホールディングス(HD)が、相次いで公募増資による資本増強に踏み切った。... (小林広幸) &#...

JAL、ルーフィと協業 空陸一貫貨物輸送サービス (2020/12/1 建設・生活・環境・エネルギー1)

日本航空(JAL)はルーフィ(東京都中央区)と共同で法人向けに、当日配送で時間指定が可能な3温度帯の“空陸一貫”新配送サービス「ハコJET」を1日から始める。ルーフィの配送マッチングシステム「ハコブリ...

理化学研究所は26日、スーパーコンピューター「富岳」を使った研究で、航空機やタクシーなど交通機関での新型コロナウイルスの感染リスクを予測した結果と、リスク低減策を公表した。... 航空機内での空気循環...

ジップエア、来月からホノルル線 来年度、米西海岸に就航 (2020/11/23 建設・生活・環境・エネルギー)

日本航空(JAL)傘下の中長距離格安航空会社(LCC)ZIPAIR Tokyo(ジップエア)は2021年度上期にも、北米・西海岸への路線開設を計画する。... 航空貨物の輸送需要も見込み、フルサービス...

加えて、日本航空(JAL)の国際線利用客にも紹介を始める。 ジャルパックはJALグループの旅行会社で、海外旅行はこれまで個人向けの募集型企画旅行をメーンとしてきた。

日本航空(JAL)は6日、公募増資などで最大1680億円程度の資本増強を行うと発表した。... また格安航空会社(LCC)との連携強化で、中長距離国際線ジップエア・トーキョーの機材改修に50億円、業務...

JALの通期見通し、当期赤字2400―2700億円 国内線は8割回復 (2020/11/2 建設・生活・環境・エネルギー)

日本航空(JAL)は新型コロナウイルス感染拡大に伴う航空需要の低迷によって、2021年3月期連結業績予想を、当期損益が2400億―2700億円の赤字に転落しそうだと示した。

電力10社の4―9月期、9社減収 コロナ禍で商業・工業用減 (2020/11/2 建設・生活・環境・エネルギー)

域外はおもに関東エリアで、「日本航空(JAL)、イオンなどと提携し、さまざなな料金メニューを展開している」(九電)ことが奏功した。

航空・海運 排出削減へブレークスルー 国内におけるCO2排出量の1%弱を、それぞれ航空と海運が占める。... 航空は国際航空運送協会(IATA)が50年までの半減を目標に掲げる。.....

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる