117件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

(戸村智幸) オリックス銀 遺言書不要、遺贈身近に オリックス銀行は2020年10月、あらかじめ指定しておいた金額を契約者の死亡後に京都大学iP...

日本財団(東京都港区)が17―19歳の男女1000人を対象に意識調査を実施したところ、60・4%が脱炭素を目指す政府方針を評価した。... 日本財団は1月中旬にインターネットで調査した。

日本財団の「わがまち基金」の助成金を活用した取り組みで、人口減少などの地域課題への対応が狙い。

これらの実証は日本財団の「無人運航船の実証実験にかかる技術開発共同プログラム」に採択された、ITbookHDを代表とする水陸両用無人運転技術開発の一環。 ...

日本財団(東京都港区、笹川陽平会長)が8月上旬に実施した18歳1000人の意識調査によると、地方暮らしを希望する割合が43・5%だった。

オリックス銀行は30日、契約者の死亡後に指定金額を京都大学iPS細胞研究財団(iPS財団)に遺贈寄付できる信託商品を1日に発売すると発表した。... 寄付金はiPS細胞(人工多能性幹細胞)技術の産業利...

日本財団(東京都港区、笹川陽平会長)と環境省は、海洋ゴミ削減の優れた取り組みを表彰する「海ごみゼロアワード2020」の最優秀賞にヴァンフォーレ山梨スポーツクラブ(甲府市)を選んだ。

全地球海底地図30年完成 太古の氷河融解過程推測 日本財団(東京都港区)は、30年までに全地球の海底地形図を100%完成することを目指す国際プロジェクトに取り組んでいる。... 同財...

日本財団の助成プログラムを活用した複数の実証が始動し、三菱造船はフェリーに無人運航のシステムを搭載する。

ニュース拡大鏡/プラスチック製品、廃棄削減で異業種連携 (2020/8/19 建設・生活・環境・エネルギー1)

これまでも代替素材や再生材の利用事例は多いが、1社では日本全体のプラスチック廃棄削減には限界があった。... 【連携組織設立】 日本財団も連携組織「アライアンス・フォー・ザ・ブルー」...

いずれも日本財団の助成を受けるプロジェクトで、業界の垣根を越えた開発体制の形成につながりそうだ。... 三井E&S造船は日本財団の助成プログラムにより、二つのコンソーシアムに参画する。... 造船業界...

新団体は日本財団が発起人となり、他にも大日本印刷、リファインバースなど14社が参加する。

日本財団の連携助成プログラムに基づき、パイプラインを模擬したパイプを敷設して実証した。

広島信金、むすぶ広島と連携 (2020/7/9 西日本)

日本財団の「わがまち基金」も活用して農業活性化事業を実施する。

6月には日本財団によるさらに先進的な無人運航船の実用化の取り組みが動きだした。... 一方、日本財団(東京都港区)は、自動運航船より先を見据えた無人運航船の実用化を目指している。... 同財団は19年...

日本財団(東京都港区)が主導する無人運航船の実証に関連する技術開発共同プログラムに、丸紅や商船三井などと参画するが、独自の事業化を見据える。 ...

造船、海運、舶用工業という海事セクターの強みと、情報通信や制御技術など日本が得意とする技術を生かして国際競争力を高める狙いもある。 ... また6月から日本財団(東京都港区)が34億...

日本財団、海底地形を19%地図化 (2020/6/22 科学技術・大学)

日本財団(東京都港区、笹川陽平会長、03・6229・5111)は、世界の海底地形の19%を地図化した。

日本財団、5事業体に助成 無人運航船の実証実験 (2020/6/16 建設・生活・環境・エネルギー1)

日本財団(東京都港区、笹川陽平会長、03・6229・5111)は、無人運航船の2025年の実用化を目指して実施する技術開発共同プログラムに参加する5コンソーシアムを選定した。... 総事業費は41億2...

目標額が集まれば、1割を日本財団の「新型コロナウイルス緊急支援基金」へ寄付する。

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる