106件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

新団体は日本財団が発起人となり、他にも大日本印刷、リファインバースなど14社が参加する。

日本財団の連携助成プログラムに基づき、パイプラインを模擬したパイプを敷設して実証した。

広島信金、むすぶ広島と連携 (2020/7/9 西日本)

日本財団の「わがまち基金」も活用して農業活性化事業を実施する。

6月には日本財団によるさらに先進的な無人運航船の実用化の取り組みが動きだした。... 一方、日本財団(東京都港区)は、自動運航船より先を見据えた無人運航船の実用化を目指している。... 同財団は19年...

日本財団(東京都港区)が主導する無人運航船の実証に関連する技術開発共同プログラムに、丸紅や商船三井などと参画するが、独自の事業化を見据える。 ...

造船、海運、舶用工業という海事セクターの強みと、情報通信や制御技術など日本が得意とする技術を生かして国際競争力を高める狙いもある。 ... また6月から日本財団(東京都港区)が34億...

日本財団、海底地形を19%地図化 (2020/6/22 科学技術・大学)

日本財団(東京都港区、笹川陽平会長、03・6229・5111)は、世界の海底地形の19%を地図化した。

目標額が集まれば、1割を日本財団の「新型コロナウイルス緊急支援基金」へ寄付する。

日本財団、5事業体に助成 無人運航船の実証実験 (2020/6/16 建設・生活・環境・エネルギー1)

日本財団(東京都港区、笹川陽平会長、03・6229・5111)は、無人運航船の2025年の実用化を目指して実施する技術開発共同プログラムに参加する5コンソーシアムを選定した。... 総事業費は41億2...

日本財団、無人運航船を実証 実際航路で長距離航行 (2020/6/11 建設・生活・環境・エネルギー1)

日本財団(東京都港区、笹川陽平会長、03・6229・5111)は、2025年までに無人運航船の実用化を目指し、世界に先駆けて実際の航路を使った無人運航船の実証実験に乗り出す。... ◇  ◇ ...

メットライフ生命保険と日本財団は、新型コロナウイルス感染症対策の緊急支援で合意した。メットライフ生命保険の社員が活動に参加するメットライフ財団が、日本財団に支援金1億円を寄付。日本財団は全国約550の...

新型コロナ/ファミリーマート、募金で医療関係者を支援 (2020/4/22 建設・生活・環境・エネルギー2)

集まったお金は日本財団と中央共同募金会に寄付する。

募金は日本財団を通じて医療関係などに渡す。

日本財団と日本コカ・コーラは海洋ゴミ対策に関する「陸域から河川への廃棄物流出メカニズムの共同調査」の結果報告をまとめた。... 日本財団は廃棄物処理法の曖昧な部分が対策プランの推進を難しくしている点な...

2020年の節目の年は、日本にとって良くも悪しくも「変革」の年になる。... 新年の日本は期待と不安が交差する。... 日本財団のリポートは「社会保障制度を現状のままにして増税もしなければ、その後には...

日本財団やリバネスなどが支援する海底地形図作成事業、「DeSET」の海底探査技術開発プロジェクト二期事業の一つだ。

日本国際博覧会協会、SDGsトークイベント開催 (2019/11/27 建設・生活・環境・エネルギー2)

2025年日本国際博覧会協会は、29日に東京・丸の内の東京国際フォーラムで開催される「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム2019」で、トークイベント「思惑と企みを語る!... News Pic...

海洋研究開発機構や日本財団などをはじめ、世界中で海底探査のための地図作りに注目が集まる。... だが「海底地形は地球上の総面積の15%しか分かっていない」(海野日本財団常務理事)。... 日本財団はプ...

環境省と日本財団は30日、世界的な問題となっている海洋ゴミの削減を目指す「海ごみゼロウイーク」をスタートした。

日本財団と日本コカ、廃プラ流出原因を調査 全国8カ所で (2019/5/23 建設・生活・環境・エネルギー1)

日本財団と日本コカ・コーラは22日、国内のプラスチック廃棄物が河川や海に流出する原因を調査する「陸域から河川への廃棄物流出メカニズムの共同調査」を開始したと発表した。... 笹川陽平日本財団会長は「海...

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる