74件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

日本選手団の成績は金メダル2個で7位に終わった。... 民間企業が選手を育成し、手弁当で競技に参加する日本では考えられない仕組みだ。 ... 厚生労働省は20年度予算概算要求に選手強...

技能五輪、競技終了 (2019/8/28 総合1)

過去最多の63カ国・地域が参加した大会の結果は27日(日本時間28日未明)の閉会式で発表される。 ... 「業務用ITソフトウエア・ソリューションズ」に出場した菅原敏夫選手(宮城県工...

“国際試合”ならではのトラブルや環境変化にもまれながら、日本の若き匠はたくましく戦っている。... 日本の“お家芸”を背負う志水選手は海外勢からも注目される。... 開会式で日本選手団の旗手を務めた「...

4日間の競技日程の折り返し地点を超え、日本代表選手は中国など有力国と上位争いを繰り広げる。... 日本は金メダル獲得順位で従来、多くは上位だった。... 日本選手団名誉団長を務める中央職業能力開発協会...

今大会は63カ国・地域から過去最多の1355人の選手が出場する。日本選手団は全56職種のうち42職種・48人が出場し、技能世界一の栄冠を目指す。 ... 日本が2大会ぶりに3位以上に...

日本選手団は全56職種のうち42職種・48人が出場し、技能世界一の栄冠を目指す。 ... 日本の旗手は「機械製図CAD」の沼畑辰也選手(日立ハイテクノロジーズ)が務めた。大きく国旗を...

22日から27日までロシア(カザン)で開かれる第45回「技能五輪国際大会」に参加する日本選手団が、現地に向け出発した。... ◇ 出発に先立ち、選手団は皇嗣同妃両殿下に接見後、首相官...

9日に開幕する平昌パラリンピックで、パラアイスホッケー日本代表監督を務める日立製作所の中北浩仁理事(写真)は28日、都内で日刊工業新聞などの取材に応じ「平昌五輪の(日本選手団の)勢いに乗っていきたい」...

 韓国・平昌で開かれている冬季五輪で日本選手団が健闘し、好調にメダルを積み上げている。... 日本の平昌大会への評価は、あまり高くない。... 大会前、神戸大学の木村幹教授が日本記者クラブで会見し、日...

平昌五輪、競技スタート (2018/2/9 総合2)

カーリングの新種目、混合ダブルスの1次リーグが始まり、個人資格で出場した「ロシアからの五輪選手(OAR)」は米国に敗れた。国際オリンピック委員会(IOC)は組織的ドーピングが認定されたロシア選手団の参...

日本生命保険は、東京2020オリンピック・パラリンピック日本選手団を応援する「プレイサポート」活動の一環で、アーティストの「ゆず」と平昌(ピョンチャン)2018冬季大会に出場する日本代表選手団応援企画...

日本選手の戦いを追った。 ... 各選手に動揺が走る中、笠城絢也選手(豊田自動織機)は「臨機応変に対応したい」と冷静に競技を進めた。 ... ■日本、“金メダル”2...

「実力的に日本と遜色なくなった」(清水選手)。... 日本選手団の活躍が期待される。 ... 拍手で迎えられた日本選手団は、胸を張って堂々と行進した(写真)。

10月14―19日にアラブ首長国連邦(UAE)アブダビで開かれる第44回技能五輪国際大会に出場する日本選手団が10日、厚生労働省内で会見し、これまでに支えてくれた周囲への感謝の気持ちや国際大会に向けた...

都、デフ五輪のメダリスト表彰 (2017/9/5 中小企業・地域経済2)

水泳の藤原慧選手、バレーボールの三浦早苗選手ら金メダリスト4人には小池百合子知事から東京都栄誉賞と都民スポーツ大賞が贈呈された。... 日本選手団は177人が参加し、メダル獲得数は計27個(金6、銀9...

スペシャルオリンピックス冬季世界大会に出場する日本選手団29人が、東京都の小池百合子知事を表敬訪問した。選手団を代表し、アルペンスキーの武田和幸選手が「試合だけでなく自分自身にも勝利できるようにベスト...

食事管理ノウハウ提供 味の素は五輪・パラリンピック選手の食事管理支援で蓄積したノウハウを活用し、企業や地方自治体向けに展開する。... 同社は五輪選手の栄養管理といった強化支援事業を...

味の素は国内外で、日本食の文化や“うまみ”の情報発信に取り組む。... (編集委員・嶋田歩) 13年に「和食」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に指定されたことなど...

産業春秋/執念の銅メダル (2016/8/23 総合1)

リオデジャネイロ五輪が日本時間22日、閉幕した。日本選手団は金12を含む過去最多の41個のメダルを獲得した。... 国別のメダル争いはともかく、ひとりでも多くの日本選手が表彰台の中央に上がってほしい。...

味の素、東京五輪パートナーに (2016/3/29 建設・エネルギー・生活1)

アミノバイタル供給などを通じて日本選手団のメダル獲得に貢献したい」と述べた。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる