53件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

裏読み科学技術(77)DX、コロナで機運加速 (2020/11/23 科学技術・大学)

中堅企業のイノベーションについての取り組みを日本開発工学会の中堅企業研究会(代表余田幸雄理事)では3年にわたり、検討会を開催した。... 注目すべきは、同店の開発者がゼロから独学でAI...

裏読み科学技術(60)コールセンターにAI (2019/6/24 科学技術・大学)

(第4月曜日に掲載) ◇日本開発工学会会長(東京理科大学元教授) 大江修造氏

裏読み科学技術(59)米の「実力行使」 (2019/5/27 科学技術・大学)

日米スパコン貿易摩擦ではIBM産業スパイ事件で日立の社員が逮捕されたり、F―2支援戦闘機の「共同開発」の押し付けなどがあったという。 ... このような実力行使は当事者のみならず、米...

論文のテーマは「科学技術と日本の将来」を主題とし、副題は応募者が自由に決められる。... (第4月曜日に掲載) ◇日本開発工学会会長(東京理科大学元教授...

裏読み科学技術(57)コンピューター教育 (2019/3/25 科学技術・大学)

教員不足、ネットで補う 春は学会のシーズンである。12―14日、化学工学会の年会が芝浦工業大学の豊洲キャンパスで開催され、約1600人が参加し、研究発表などが行われた。... ...

裏読み科学技術(56)奄美大島の埋め立て (2019/2/25 科学技術・大学)

奄美大島本島は日本列島と同様に平地が少なく、耕作可能な用地が少ない。... 田畑はこの埋め立て工事を含め、生涯、500ヘクタールという驚異的な耕作地を開発した。... (第4月曜日に掲載...

裏読み科学技術(55)プログラマー不足解消 (2019/1/28 科学技術・大学)

米国の大学入試制度は日本と異なり、入試に際し、受験生のプログラミングの実績を問うそうである。日本でも、何らかの手を打つ必要があろう。(第4月曜日に掲載) ◇日本開発工...

裏読み科学技術(54)IoT対応移動体通信 (2018/12/24 科学技術・大学)

国際学会に出席したドイツ人に見せたら、ドイツで実現できるのは10年先だろうと言われたものであった。... (第4月曜日に掲載) ◇日本開発工学会会長(東京理科...

日本の企業にとっても、10億円はすぐに用意できる金額と思える。(第4月曜日に掲載) ◇日本開発工学会会長(東京理科大学元教授) 大江修造氏&#...

維新によって、今日の近代国家日本が誕生したことはいうまでもない。 ... それによれば、米国の日本に対するGDP比は、60年12倍、95年1・38倍、12年3倍である。 &#...

日本開発工学会は11月18日13時から東京都新宿区のベルサール新宿住友スカイルームでシンポジウムを開く。

日本では、ソサエティー5・0、ドイツではインダストリー4・0である。 ... 日本は米国と事情は異なり、日本独自の教育体制は尊重せねばならないが、一考を要する時期であろう。(...

グーグルやフェイスブックの開発者も自分でプログラムを組んでいる。... 日本が再び、存在感を示すにはコンピューター・リテラシーを身に付けた人間の育成が急務である。(第4月曜日に掲載)&...

「完全な人工知能を開発できたら、それは人類の終焉(しゅうえん)を意味するかもしれない」(HUFFPOSTのホームページより)。... (第4月曜日に掲載)...

最初のコンピューターは軍事目的に開発されたものであるが、その後、民生用のものが開発され大型コンピューターとして利用されるようになった。... 日本でも無料で使える本格的なシステムが、ソニーより、「ニュ...

裏読み科学技術(47)AIは脅威か (2018/5/28 科学技術・大学)

NECがAIによる入社試験の選考システムを開発し、数社が採用した。... (第4月曜日に掲載) ◇日本開発工学会会長(東京理科大学元教授) 大...

人工知能(AI)を利用するさまざまなシステムの開発が本格化している。... AIを活用した産業におけるシステム開発が盛んである。... (第4月曜日に掲載) &...

テーマは「科学技術と日本の将来」を主題とし、副題は応募者が自由に付ける。 ... ちなみにタイの大学卒の初任給は、既に日本を抜いていると聞いている。 ... ...

大使は日本の他に中国や米国なども訪問している。 ... (第4月曜日に掲載) ◇日本開発工学会会長(東京理科大学元教授&...

(第4月曜日に掲載) ◇日本開発工学会会長(東京理科大学元教授) 大江修造氏

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン