179件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

10年ほど前、沖田さんが日本機械学会誌に寄稿した「液体ロケットエンジン技術の発展」という技術解説を読みました。... 奥津 私は計測自動制御学会で、企業の十年選手を対象とした技術者教育プログラムを担当...

「データ駆動型」に「モデル駆動型」を組み込む新たな統合型AIの研究開発を急ぐ必要がある。 ... これは他の技術開発でも言え、私自身の反省でもある。 ... 日本デ...

吉野博士がノーベル賞を受賞するに至る研究開発をした1980年代は、日本は世界的な競争力を持つ工業国であり、それを支える工学の基礎・基盤も強かった。... 日本の工業界では仕方なく、海外の大学などに工学...

セイコーエプソン名誉相談役・元社長 中村恒也さん 世界初、水晶式腕時計を開発 第二精工舎(現セイコーインスツル)を経て、同社の疎開先だった諏訪工場(現セイコーエプ...

当時自動車開発に従事していた私は、自らの結婚式で次のような新郎のあいさつをした。「私たちが開発している車は、購入時が最も価値が高いようです。... 日本デザイン学会会長、日本設計工学会副会長。

例えば熱制御デバイス実現に向けての現状で越えるべきハードルとしては、熱伝導メカニズムの根本的な理解や、熱伝導の精密な測定技術の開発、ナノ構造・不純物などによる熱伝導の抑制技術の開発などが挙げられる。&...

《日本デザイン学会賞》 【グローリーAZシステム/システムキーボックス KBS―1000シリーズ】 鍵の使用履歴を厳正に管理できる。... 【新日本工機/高速形状加...

裏読み科学技術(60)コールセンターにAI (2019/6/24 科学技術・大学)

(第4月曜日に掲載) ◇日本開発工学会会長(東京理科大学元教授) 大江修造氏

裏読み科学技術(59)米の「実力行使」 (2019/5/27 科学技術・大学)

日米スパコン貿易摩擦ではIBM産業スパイ事件で日立の社員が逮捕されたり、F―2支援戦闘機の「共同開発」の押し付けなどがあったという。 ... このような実力行使は当事者のみならず、米...

溶解素材成分を高精度予測 オーエム金属工業(松江市、笹永浩志社長、0852・66・0320)は、島根大学と共同で、人工知能(AI)を活用し鋳鉄の原材料を溶解した素材の化学成分を予測す...

国内でも産学連携と医工連携によって成果が生み出されている。... 日本の得意とする技術を生かした開発により、手術支援ロボットは進化を続けている。... ダヴィンチは国内の台数が多いだけではなく、学会と...

論文のテーマは「科学技術と日本の将来」を主題とし、副題は応募者が自由に決められる。... (第4月曜日に掲載) ◇日本開発工学会会長(東京理科大学元教授) 大江修造氏 ...

裏読み科学技術(57)コンピューター教育 (2019/3/25 科学技術・大学)

教員不足、ネットで補う 春は学会のシーズンである。12―14日、化学工学会の年会が芝浦工業大学の豊洲キャンパスで開催され、約1600人が参加し、研究発表などが行われた。... (第4...

品質工学会が日本規格協会の仲立ちを得て、日本品質管理学会に連携を申し出た。... 商品開発プロセス研究会は日本品質管理学会会員の大学教授や、品質工学会会員の企業技術者・専門家ら22人で構成。... 1...

裏読み科学技術(56)奄美大島の埋め立て (2019/2/25 科学技術・大学)

奄美大島本島は日本列島と同様に平地が少なく、耕作可能な用地が少ない。... 田畑はこの埋め立て工事を含め、生涯、500ヘクタールという驚異的な耕作地を開発した。... (第4月曜日に掲載) &...

裏読み科学技術(55)プログラマー不足解消 (2019/1/28 科学技術・大学)

米国の大学入試制度は日本と異なり、入試に際し、受験生のプログラミングの実績を問うそうである。日本でも、何らかの手を打つ必要があろう。(第4月曜日に掲載) ◇日本開発工学会会長(東京理...

水を使いまわす技術を日本で普及させようという動きが出てきた。... この仕組みを日本でも取り入れようと、有志が2018年6月にネットゼロウォーター研究会(末岡徹会長=地盤工学会元会長)を立ち上げた。....

自動化システムと人(作業者)の役割 日本ロボット工業会によると、2017年度のロボット受注台数は約23万5000台(前年度比29.2%増...

裏読み科学技術(54)IoT対応移動体通信 (2018/12/24 科学技術・大学)

国際学会に出席したドイツ人に見せたら、ドイツで実現できるのは10年先だろうと言われたものであった。... (第4月曜日に掲載) ◇日本開発工学会会長(東京理科大学元教授) 大江修造氏...

日本の企業にとっても、10億円はすぐに用意できる金額と思える。(第4月曜日に掲載) ◇日本開発工学会会長(東京理科大学元教授) 大江修造氏

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる