25件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

「(日豪間で液化水素を海上輸送した)実証成功で、国内外での安全基準作りまでを含んだ水素供給網の整備に弾みが付く」(ハイストラ事務局)とする。 ...

12日、航空機での水素利用分野において川崎重工業と提携したエアバス・ジャパン(東京都港区)のステファン・ジヌー社長はこう力を込めた。... 岩谷産業、Jパワーなど7社との共同実証では2...

世界初の実証船「すいそ ふろんてぃあ」を建造し、日豪間の実証事業に活用している。 ... すいそ ふろんてぃあは日豪間で液化水素を輸送する実証を実施し、2月25日に日...

ENEOS、日豪間に水素供給網構築 豪社と協業 (2021/9/17 建設・生活・環境・エネルギー)

ENEOSは16日、豪州のエネルギー企業であるフォーテスキュー・フューチャー・インダストリーズと協業し、日豪間の二酸化炭素(CO2)フリー水素サプライチェーン(供給網...

日本航空(JAL)と豪カンタス航空が申請していた共同事業について、オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は13日、共同事業を認めないとする決定を正式に出した。認可...

ENEOS、日豪の水素供給網構築 水電解で製造、MCH転換 (2021/8/24 建設・生活・環境・エネルギー1)

ENEOSは23日、豪州の総合エネルギー企業であるオリジンと協業し、日豪間の二酸化炭素(CO2)フリー水素サプライチェーン(供給網)の構築を検討すると発表した。... ...

ENEOS、日豪間でグリーン水素 豪社と供給網 (2021/8/4 建設・生活・環境・エネルギー1)

ENEOSは豪州の再生可能エネルギー発電事業者、ネオエン社との間で日豪間での二酸化炭素(CO2)フリー水素のサプライチェーン(供給網)構築に向けた検討を始めた。 ...

岩谷産業、川崎重工業など7社が参加する技術研究組合「CO2フリー水素サプライチェーン推進機構(ハイストラ)」は24日、神戸市中央区の液化水素荷役実証ターミナル「Hy touch...

IHIと丸紅、豪州のエネルギー大手ウッドサイドエナジーは20日、豪タスマニア州でアンモニアの製造・輸出の事業性を検討する覚書を結んだと発表した。脱炭素に向け、再生可能エネルギー由来のグリーンアンモニア...

日本航空(JAL)と豪カンタス航空が申請していた共同事業について、オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)は認めない方針を固めた。ACCCは方針の対応について関係者...

約9000キロメートルある日豪間を海上輸送するため、川崎重工業は世界初の液化水素運搬船を建造した。... 日豪を結んで水素を運搬する実証試験は、21年2月頃に計画される。

FAJS、日豪共同研究助成事業 第1号に東大など決定 (2019/1/22 素材・ヘルスケア・環境)

日豪研究交流基金(FAJS)は「リオ・ティント日豪共同研究助成金プログラム」の初の助成対象を、東京大学大学院工学系研究科の脇原徹准教授、豪クイーンズランド大学化学工学部の山内悠輔教授ら...

経済産業省は12日、平木大作政務官が豪州に出張し「褐炭水素サプライチェーン・プロジェクト」の式典に出席したと発表した。... 平木政務官は式典のほか、豪州の閣僚らと会談し水素の利活用に向けた日豪間の連...

日豪間に大容量光海底ケーブル NECが建設着手 (2018/4/10 電機・電子部品・情報・通信2)

同ケーブルはすでに稼働中の東南アジアと米国を結ぶ「SEA―US」や香港とグアムを結ぶ19年末稼働予定の「HK―G」とグアムで接続し、日本―豪州と米国―アジア間の通信需要の増加やネットワークの冗長性の確...

シドニー発 2018年03月05日 ジェトロは経済産業省などと、「準天頂衛星システム(QZSS)産業利用に関する日豪ワークショッ...

JTB、豪州で観光キャンペーン (2018/2/19 建設・エネルギー・生活)

豪政府観光局とマーケティングに関する協力覚書を交わし、共同で豪州への渡航者拡大を狙いとしたプロモーション活動や商品開発に取り組む。... 日豪間の国際線は、新規就航や新機材導入が相次ぎ、座席供給量が増...

JAL、成田―メルボルン線を開設 (2017/9/4 建設・エネルギー・生活)

ボーイング787型機で1日1便運航する。... 15日には成田―米ハワイ・コナ線も開設する。 ... 日豪間は2015年に発効した経済連携協定(EPA)を背景に今後も...

重工各社、再生エネ・資源活用に力 (2017/8/16 機械・航空機)

液化水素の大量輸送に向け、日豪両政府は国際海事機関(IMO)に液化水素運搬船の安全基準を提案。... 日豪間を航行する外航船として設計し、全長約120メートル、幅約20メートルとする。

みずほFGは6―7月に日豪間の実際の貿易について、ブロックチェーンを使って取引した結果を公表した。... バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチなど米欧加豪の大手金融機関6社が参加。連携して数日かかって...

液化水素の大量輸送に向け、日豪両政府は国際海事機関(IMO)に液化水素運搬船の安全基準を提案。... プロジェクトの日豪合わせた事業規模は数百億円の見通し。... 日豪間を航行する外航...

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる