998件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

日立製作所、公共交通機関に人流予測情報 (2022/1/27 電機・電子部品・情報・通信1)

日立独自の人工知能(AI)・シミュレーション技術を活用し、交通事業者が保有する発着場所別の人数データや時刻表データを解析することで、列車の乗車人数を推定。

同日同時刻に大阪市北区中之島5の3の68のリーガロイヤルホテル大阪タワーウイング3階「光琳の間」に献花会場を設ける。

公募で決まった文字「忘」が灯籠で形作られ、参加者は地震発生時刻の5時46分に黙とうを捧げた。

サンフレム、ビル制御システム実証 舶用機器の技術応用 (2022/1/18 機械・ロボット・航空機2)

照明は時刻や人の有無によるオンオフ、周囲明るさ、朝夕の生体リズムに合わせる調色、調光などの緻密な自動制御を実現。

GMOグローバルサイン・ホールディングスと弁護士ドットコムのクラウド型サービスをそれぞれ活用し、電子署名やタイムスタンプ(時刻証明書)を使って模擬契約を結ぶ実験を、5月末まで行う。

パナソニック/タイマースタート搭載 ロボ掃除機 (2022/1/17 新製品フラッシュ2)

約25メートルの距離を検知できるレーザーセンサーや自動走行地図作成機能、清掃エリアを選択後、現時刻から何時間後に清掃を開始するかを設定できて指定時間に清掃開始するタイマースタート機能などを搭載した。

ユーザーはスマートフォン向け専用アプリケーション(応用ソフト)で使いたい時刻を入力。

具体的には、総会開始予定時刻から30分以内に総会を実施できない時間が10分以上継続したケースを対象とする。

作業員には位置情報が分かるタグを付け、人の位置情報と生産工程の稼働状況などのデータを基に、AIが生産ラインの生産性や作業終了時刻を予測。

NTT東など3社、防災・防犯の課題解決で協業 環境発電端末+IoT提供 (2021/12/23 電機・電子部品・情報・通信2)

地域の公共施設など一定間隔に受信機を設置することで、クラウド基盤上に位置情報とその時刻が記録され、家族や自治体の職員などに迅速に情報共有できる仕組みだ。

パラマウントベッドの睡眠アプリ、家電と連動 (2021/12/21 素材・医療・ヘルスケア2)

家電が作動する時刻の設定も可能。

2024年度後半をめどに現物株の取引時間を30分延長し、取引終了時刻を現在の15時から15時半とする。... 現在は15時の取引終了時刻に合わせて15時以降に決算を発表する企業が多いが、それが15時半...

今回構築したデータ自動収集システムは、ラズパイで生産設備のタワーライトの点灯や消灯、ワークの通過時刻などのデータを取得してクラウドに送信する。 クラウドにデータを蓄積して処理し、生産...

同日同時刻に大阪市北区天満橋1の8の50の帝国ホテル大阪3階 「孔雀の間」に献花会場を設ける。

光ファイバーでGPS信号伝送 精工技研、光信号変換装置 (2021/11/23 電機・電子部品・情報・通信)

GPS信号による時刻同期の需要を開拓し、25年に年間1000台の販売を目指す。 ... GPS信号を活用すれば高精度な時刻同期が可能となり、例えばIoT(モノのインターネット...

同一時刻・同一空域の飛行でも衝突を回避して安全に運用できることを確認した。

2024年度後半をめどに現物株の取引時間を30分延長し、取引終了時刻は現在の15時から15時半に変わる。... 現在は15時の取引終了時刻に合わせ、15時以降に決算を発表する企業が多いが、取引時間延長...

現在は15時の終了時刻に合わせて15時以降に決算を発表する企業が多いですが、取引時間の延長で15時半以降にずれ込む可能性があります。

必ず就業しなければならない時間帯と自主的に始業、就業時刻を決定できる時間帯で構成。

打ち上げ予定時刻は同日9時48―59分ごろの間。

おすすめコンテンツ

カラー版 はじめての溶接作業

カラー版 はじめての溶接作業

2022年度版 
技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

2022年度版 技術士第二次試験「建設部門」 <必須科目>論文対策キーワード

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい二次電池の本
新版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい二次電池の本 新版

よくわかる粉体・粒体ができるまで
機能を持った粒をつくる造粒技術

よくわかる粉体・粒体ができるまで 機能を持った粒をつくる造粒技術

技術士第二次試験 
「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策
第2版

技術士第二次試験 「総合技術監理部門」択一式問題150選&論文試験対策 第2版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード
第6版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策 <論文事例>&重要キーワード 第6版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる