39件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

【浜松】光科学技術研究振興財団(浜松市中区、晝馬明理事長=浜松ホトニクス社長)は光科学関連の研究者の表彰制度「晝馬輝夫 光科学賞」の第4回受賞者を決めた。

経営ひと言/浜松ホトニクス・晝馬明社長「新応用を探る」 (2022/1/27 電機・電子部品・情報・通信2)

「光技術の新応用を探る」と抱負を語るのは、浜松ホトニクス社長の晝馬明さん。

資料を電子化する」(晝馬明社長)ことで業務を効率化。

浜松ホトニクス、新製品開発スピード向上 光技術部門の連携加速 (2022/1/12 電機・電子部品・情報・通信1)

「3事業部の頭脳を集めて効率的に開発して製品投入する」(晝馬明社長)と強調する。

【浜松】光科学技術研究振興財団(晝馬明理事長=浜松ホトニクス社長)は、光科学の基礎研究や技術の発展に貢献した45歳未満の研究者を顕彰する「第三回晝馬輝夫光科学賞」の受賞者に、理...

経営ひと言/浜松ホトニクス・晝馬明社長「ニーズ感知」 (2021/2/5 電機・電子部品・情報・通信)

「新しいマーケットを見つけたい」と意気込むのは、浜松ホトニクス社長の晝馬明さん。

功績引き継ぐ 浜松ホトニクス・晝馬明社長 ニュートリノ天文学という新しい学問領域を切り拓かれた偉大な先生を失ったことは非常に残念なことです。

【浜松】光科学技術研究振興財団(浜松市中区、晝馬明理事長、053・454・0598)は、2017年度の研究助成対象となる26件、総額5000万円を決定した。晝馬理事長は「助成金を活用し...

経営ひと言/浜松ホトニクス・晝馬明社長「思い出つながる」 (2017/11/21 電機・電子部品・情報・通信2)

「事業部制の壁を越えた意味は大きい」と話すのは浜松ホトニクス社長の晝馬明さん。... 11月が誕生日の晝馬さん。

【浜松】浜松ホトニクスは創業メンバーの一人で、同社を光技術の世界の先端企業に育て上げた晝馬(ひるま)輝夫会長(91)が取締役を退き、名誉会長に就任する人事を内定した。....

光科学技術財団、11月3日に浜松コンファレンス (2017/9/20 中小企業・地域経済2)

晝馬明理事長(浜松ホトニクス社長)があいさつし、日立製作所研究開発グループ技師長の矢野和男氏が「人工知能はビジネスをどう変えるか」をテーマに講演する。

【浜松】光科学技術研究振興財団(晝馬明理事長=浜松ホトニクス社長)は11月5日、浜松市中区のアクトシティ浜松で「第33回浜松コンファレンス」を開く。

光科学技術研究振興財団(晝馬明理事長=浜松ホトニクス社長)は光の研究を対象にした2015年度の助成テーマ25件を選んだ。

2016TOP年頭語録/NTTドコモ・加藤薫社長ほか (2016/1/6 電機・電子部品・情報・通信1)

【産業創成に寄与/浜松ホトニクス・晝馬明社長】 静岡大、浜松医科大、光産業創成大学院大と「浜松光宣言」に調印し3年。

(総合1参照) 【浜松ホトニクス・晝馬明社長/参画に感謝】 受賞おめでとうございます。

晝馬明理事長(浜松ホトニクス社長)が光産業の集積地を目指した「浜松光宣言」の現状を報告。

【“光のメッカ”/浜松ホトニクス・晝馬明社長】 2月に、大学など4者で結んだ「浜松光宣言」の象徴となる光創起イノベーション研究拠点が、静岡大学浜松キャンパスに完成する。

晝馬明社長(写真右)は認定を受けて「私も米国時代にIEEEの学会誌を技術者として愛読していた。

【浜松】光科学技術研究振興財団(浜松市中区、晝馬明理事長=浜松ホトニクス社長、053・454・0598)は18日、「第15回光科学技術で拓く脳・精神科学平和探求研究会=...

【浜松】光科学技術研究振興財団(浜松市中区、晝馬明理事長=浜松ホトニクス社長、053・454・0598)は13日、2013年度の「光科学の未知領域の研究(第1課題...

おすすめコンテンツ

よくわかる3次元CADシステム  
SOLIDWORKS入門
-2020/2021/2022対応-

よくわかる3次元CADシステム  SOLIDWORKS入門 -2020/2021/2022対応-

めっちゃ使える! 
設計目線で見る「機械材料の基礎知識」
必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

めっちゃ使える! 設計目線で見る「機械材料の基礎知識」 必要な機能を実現し設計を全体最適化するための知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン