560件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.02秒)

主要国の製造業指標は回復基調を維持するなど根強い需要が支えとなり、世界景気の底入れが強まった6月以降の上昇率はニューヨーク市場の株価を超える。... 10月初めに中国が大型連休に入り約2カ月ぶりに同6...

日銀は8日発表した10月の地域経済報告(さくらリポート)で、国内計9地域のうち、四国を除く8地域の景気判断を引き上げた。... 新型コロナウイルスによる景気の下振れは食い止められているようだ。黒田東彦...

9月調査の日銀短観によると、大企業製造業の景気判断指数は6月の前回調査に比べて7ポイント改善した。景気判断が改善するのは実に2年9カ月ぶり。大企業非製造業の景気判断も5ポイント改善。

政府の緊急事態宣言解除後に経済活動が再開されたことを受け、景気判断を「持ち直しつつある」と、前回7月時点の「極めて厳しい状態」から改善方向に改めた。 ... 景気判断は3月会合の下方...

ただ春以降の上昇を支えた中国景気の回復が足元で一服する兆しがあることから、目先では上値が限定される展開もあり得る。 ... ただ足元では、銅地金の最大消費国である中国の景気回復が足踏...

最大消費国である中国の景気回復が足踏みして需要面で強材料を欠く中、ドル指数の底入れが強まれば、目先の上昇余地が限定される可能性がある。 ... 英調査会社IHSマークイット公表の8月...

政府は7月の月例経済報告で景気判断を「このところ持ち直しの動きがみられる」へと上方修正した。 7―9月期の見通しは国内外の活動制限緩和を背景に、景気は持ち直す公算が大きい。... 経...

中国の原料需要の指標となる製造業購買担当者景気指数(PMI)の7月の値は51・1と、景気判断の境目となる50を5カ月連続で上回った。

日銀は9日に発表した7月の地域経済報告(さくらリポート)で、前回4月に続いて国内全9地域の景気判断を引き下げた。... 各地域の景気の総括判断は、「極めて厳しい」(関東甲信越)、「大幅に悪化」(北陸)...

需要の約5割を占める中国の景気回復期待などを背景に、同国の株式相場が2年5カ月ぶりの高値まで急伸したのに追随し、銅相場も上値を伸ばしている。... 6月の製造業購買担当者景況感指数(PMI)が4カ月連...

中国の経済指標でも景気の持ち直しが確認できる。原材料需要の先行指標となる製造業購買担当者景況感指数(PMI)は、6月分が50・9と前月から0・3ポイント上昇し、4カ月連続で景気判断の境目となる50を上...

日銀は9日発表した4月の地域経済報告(さくらリポート)で、2009年1月以来、11年3カ月ぶりに全9地域の景気判断を引き下げた。... (総合1参照) ...

内閣府が7日発表した2月の景気動向指数(CI、2015年=100、速報値)は、景気の現状を示す一致指数が95・8と前月比0・6ポイント上昇し、2カ月連続で改善した。... 内閣府は景気認識を変えるほど...

だが、次第に欧米などで新型コロナ感染が拡大して景気の先行き不安が強まり、日本の需要家側が高値に抵抗したことで同82ドルでの一部決着となった。 ... 2018年以降の中国景気の減速な...

【電子版】先週の注目記事は? (2020/3/24 特集・広告)

■アクセスランキング・ベスト10(3/16~3/22) 1位 コマツ、国内初の電動ミニショベル コロナ収束後レンタル 2位 新型コロナ/日立、水...

九州・沖縄の3月景気判断を下方修正。判断から「拡大」の文字が消えた。

トランプ米大統領は米国の景気後退の可能性を認めた。日本では、1―3月期の実質国内総生産(GDP)は2四半期連続のマイナス成長が確実視され、3月の月例経済報告は26カ月続く「緩やかに回復」の判断を下方修...

政府は、日本経済は「緩やかに回復している」との景気判断を維持するが、潮目が変わりつつある。

内閣府がまとめた1月の景気動向指数(2015年=100)速報値は、景気の現状を表す一致指数が前月比0・3ポイント上昇の94・7と4カ月ぶりに改善したが、ここ数カ月間の数字の弱さから「悪化」との基調判断...

主要国の景気サイクルは「中国から米国、日本の順番で回復するパターンがみられる」(大和総研の熊谷亮丸チーフエコノミスト)ためだ。 経済協力開発機構(OECD)の景気先行指数は、各国の指...

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる