118件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.0168秒)

...水素と酸素に電気分解することで、月探査用ローバー(探査車)やロケットの燃料などに使えると期待されてい...

...ため、月の水は重要な資源となる。 月探査ビジネスを手がける宇宙ベンチャーのアイスペース(東京都港区)は...

検証2019/米宇宙計画へ参加 日本が正式表明 (2019/12/20 科学技術・大学)

...拠点「ゲートウェー」の整備を含む月探査計画に参加することを表明。ゲートウェーへの技術や機器の提供、...

...て正式にゲートウェーの整備を含む月探査計画に参加することを表明した。政府はゲートウェーへの技術や機... ...研究開発を進めている。 だが一連の月探査計画が前倒しとなったことを心配する声もある。ロケットや多くの... ...政治的な思惑が大きかった。今後の月探査は科学的な知見を得ることを科学者から求められている。 有人での...

...との考えを述べた。 nasaとjaxaは24日、月探査に向けた協力に関する共同声明に署名。会見の冒頭でブライデンス...

...【電子版】インド、無人月探査機「チャンドラヤーン2号」通信途絶 着陸失敗の可能性 【ニュー...

THIS WEEK (2019/9/2 総合2)

...表 7日(土)仏滅 ■国 際 ▽インド無人月探査機「チャンドラヤーン2号」が月面着陸予定 8日(日)大安 ■政治経済 ...

...来館、来月15日にトークセッション 月探査の未来語る 日本科学未来館は9月15日14時から東京都江東区の日本科... ...本科学未来館でトークセッション「月探査のリアルと未来〜漫画『宇宙兄弟』を徹底調査!」を開く。東京大学...

...、声明を出し、7月に打ち上げた無人月探査機「チャンドラヤーン2号」が月の周回軌道に乗ったと発表した。声...

...【電子版】インド、無人月探査機「チャンドラヤーン2号」打ち上げ 着陸成功なら世界4カ国目 イ... ...宙センターから打ち上げられた無人月探査機「チャンドラヤーン2号」(22日、afp時事) 【ニューデリー=時事】... ...リハリコタの宇宙センターから無人月探査機「チャンドラヤーン2号」を打ち上げた。地元メディアによると、...

THIS WEEK (2019/7/22 総合2)

...会合(中国杭州、25日まで) ▽インドの月探査機「チャンドラヤーン2号」打ち上げ 23日 (火) 友引 ■政治経済 ▽月...

...月に着陸し、そして今再び世界中が月探査に向け動き始めた。米国は2024年にも宇宙飛行士を月面に着陸させる... ...説が新たに持ち上がった」と当時の月探査の科学的意義を強調する。 20世紀に入るとロケット技術の急速な進... ...表明するもようだ。 日本は無人での月探査計画も進める。jaxaは21年度に月面の目標地点に誤差100メートル以内...

...して無理してはいけない」 ―日本の月探査の現状をどのように考えていますか。 「日本では月面着陸の方法を...

...JAXA、月探査機のレーダー試作機 北海道で9月実証 宇宙航空研究開発機構(jaxa)...

...の大きな柱は何でしょう。 「米国の月探査計画とそれに関連する月近傍有人拠点『ゲートウェー』への参加の...

...統領は3月の演説で、24年までに有人月探査を再開するよう訴え、トランプ政権が「必要なあらゆる手段を使っ... ...てきたが、同政権が打ち出した有人月探査のタイムテーブルについては「素晴らしい。これは正しいことだ」...

...デンスタイン氏は公聴会で、有人の月探査が火星到達に向けた「実験場になる」と指摘。「(有人)月探査を早... ...た「実験場になる」と指摘。「(有人)月探査を早期に実行することで、火星探査を繰り上げることが可能になる... ...30年代」を目標に掲げていた。 有人月探査での使用を想定していたnasaのロケット開発は遅れており、ペンス、...

...ち上げをそれぞれ計画する。 民間も月探査ビジネスの実現を目指す。宇宙ベンチャーのアイスペース(東京都港... ...ログラムに採択されており、同社は月探査ビジネスの拡大を狙う。 トヨタのローバー参画-先端技術、月で磨...

...設構想について説明した。 今後の月探査プロジェクトをめぐり、呉副局長は、表側のサンプルを持ち帰るこ...

...に達したことに危機感を募らせる。 月探査の中継基地として米国が月近傍有人拠点の建設を計画するなど月が...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる