7件中、1ページ目 1〜7件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.014秒)

政府の宇宙政策委員会は「宇宙開発利用加速化戦略プログラム」の基本方針案をまとめた。同プログラムは、宇宙開発利用推進費による月面開発や衛星基盤技術の強化が目的。... また、官民の共通基盤として活用が期...

民間企業の月面開発を支援する。 22年にも実施する月面着陸船(ランダー)の技術実証で月のデータが得られ次第、販売する。... 資金はランダーの開発に投じる。

米国は24年にも宇宙飛行士の月面着陸を目指す「アルテミス計画」を進めており、日本も計画に参加している。... 21年に月面着陸、23年にローバーを利用した月面探査を実施する。月面開発に向けた動きが加速...

日本で月面開発のビジネス化に取り組むispaceの袴田武史最高経営責任者(CEO)に、未知の世界に経営者として挑む思いを聞いた。 ... 「20年の月周回、21年の月面着陸に向け、準...

JAL、空のMaaS創出 スタートアップに出資 (2019/4/9 建設・生活・環境・エネルギー1)

JALはこれまで、超音速旅客機開発の米ブーム・テクノロジーと月面開発のispace(東京都港区)に出資し、協業を開始。

月面の砂と地上から供給する材料を使い“れんが”のように固めた建設資材を製造する。... 月面開発を行うには人が滞在する基地が必要で、宇宙放射線や隕石(いんせき)などから人や機材を保護する必要がある。そ...

将来の月面開発で酸素や水素燃料を得る上で役に立つかもしれない。 一方、日本の宇宙開発にとっても歴史に残る偉業が相次ぐ。... ただし、宇宙開発や粒子加速器のように膨大な資金が必要な分野もある。

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる