380件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

ホンダの研究開発子会社、本田技術研究所の大津啓司社長はこう強調する。... 「4輪車で培ったノウハウは2輪車にも展開していける」と、本田技研の高石秀明先進技術研究所エグゼクティブチーフエンジニアは意気...

研究開発子会社である本田技術研究所の社長を経て就任するケースが大半だ。... 19年から本田技研社長を務めた後、21年4月にホンダ社長に就任。... 現在、本田技術研究所社長を務めているのは大津啓司氏...

本田技術研究所の岩田和之エグゼクティブチーフエンジニアは3月、東京で開かれた二次電池展のセミナーでこう力説した。 製品評価技術基盤機構が実施した調査によると、1日の平均運転...

「ヒューマンエラーによる事故を減らしたかった」と、同機能を搭載した先進安全運転支援システム「ホンダセンシングエリート」システム開発責任者である本田技術研究所先進技術研究所の加納忠彦チーフエンジニアは振...

三洋化成 東大に生化学ラボ講座 本田技研・凸版と共同 (2022/3/10 素材・医療・ヘルスケア)

【京都】三洋化成工業は9日、東京大学、本田技術研究所、凸版印刷と共同で、装身型生化学ラボシステム開発に向けた社会連携講座を東大内に開設したと発表した。小型デバイスを体に装着し、汗などからストレスや疲労...

ホンダは24日、研究開発子会社の本田技術研究所が鈴廣蒲鉾本店(神奈川県小田原市)と共同で電気自動車(EV)を蓄電池として活用する実証実験を...

ホンダが手がける2輪車モータースポーツのライダー育成や4輪車レースの参戦支援のほか、研究開発子会社である本田技術研究所の4輪車モータースポーツ事業を統合する。

ホンダは車載カメラやセンサーで把握した情報をAIで分析する技術を研究開発中だ。... 子会社の本田技術研究所はソフトバンクと連携し、車載カメラが車道に進入した歩行者を認識した場合、車両などから歩行者の...

取り組みとして、まず2020年度より科学技術振興機構(JST)による戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「統合型材料開発システムによるマテリアル革命」にて、材料...

「品質は良くて当たり前だが、現実にはさまざまな問題が起こる」と語るのは、本田技術研究所社長の大津啓司さん。... 「安全技術も似ている。

2020年代前半に要素技術を確立し、20年代後半の実用化を目指す。 ... 研究開発子会社の本田技術研究所の大津啓司社長は「安全技術は裾野が広い。... 自動車メ...

事業化のめどは未定だが、研究子会社である本田技術研究所の板井義春ライフクリエーションセンター長は「電池を交換すれば、充電を待つことなく運転し続けることができる」と可能性をアピールする。 ...

ホンダ子会社の本田技術研究所とソフトバンクは17日、車両と歩行者の携帯端末が、高速データ通信で情報をやりとりすることで、両者の接触事故を減らす技術の検証を始めたと発表した。ソフトバンクの第5...

「電池をいかに使い回すかが事業のカギとなる」と本田技術研究所の岩田和之エグゼクティブチーフエンジニアは指摘する。 ... 「モバイルパワーパックに使っている円筒型セルは技術進化してい...

ホンダ、30年代めどeVTOL事業化 (2021/10/1 自動車)

ホンダは20年、子会社の本田技術研究所を、先進技術の研究開発に特化する体制に再編した。30日までに開いた会見で同研究所の大津啓司社長は「モビリティーカンパニーとして、時代を超える価値を提供する」と意気...

ホンダは自動運転技術を活用した移動サービス実用化のため、9月中に同地図の作成を始める。... 22年に開始予定の公道での自動運転車両の技術実証などに用いる考えだ。 ... ホンダ子会...

三部社長は子会社の本田技術研究所で長年、エンジンを中心に4輪車の研究開発に携わってきた。... 「今更だが、その技術が何の価値を生み出すのかが大事。... ホンダは創業以来、エンジンの技術力を強みに業...

本田技術研究所(埼玉県和光市)と楽天グループは19日、自動配送ロボット(写真)の走行実証実験を共同で始めたと発表した。... 実証実験は新エネルギー・産業技術総合開発機...

14日には子会社の本田技術研究所が宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で、宇宙生活を視野に、酸素や水素、電気に関する循環型再生システム構築に向けた検討に乗り出したと発表した。ホンダの...

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と本田技術研究所は14日、酸素や水素、電気を宇宙空間の有人拠点や移動用車両に供給するための「循環型再生エネルギーシステム」の実現に向けた検討を始めると発...

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン