376件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.018秒)

東京大学大学院工学系研究科の藤代有絵子大学院生と金澤直也講師、理化学研究所創発物性科学センターの十倉好紀センター長らの研究グループは、カイラル磁性体であるマンガンゲルマニウムの薄膜において、従来の機構...

【略歴】おき・たいかん 1987年(昭62)東京大学工学部卒業、93年工学博士、気象予報士。... 16年10月より国際連合大学上級副学長、国際連合事務次長補も務める。

(金曜日に掲載) ◇科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センター フェロー(環境・エネルギーユニット) 関根泰 早稲田大学理工学術院先進理工学研究科教授・教務主任...

東京大学大学院工学系研究科博士課程2年の松浦孝弥氏、同修士課程2年の前田健人氏(研究当時)、同佐々木寿彦講師、同小芦雅斗教授の研究チームは、波の振幅というアナログ量から盗聴の痕跡を突き止める手法を考案...

東京都文京区では生活困窮世帯の子育て家庭に2カ月に1度、食品等を直接配送し必要な支援につなげる取り組みを始めている。... 【略歴】おき・たいかん 1987年(昭62)東京大学工学部卒業、93年工学博...

日本化学工業協会、育成支援先決定 (2020/12/23 素材・医療・ヘルスケア)

日本化学工業協会は「化学人材育成プログラム」の2021年度からの支援先として北海道大学大学院総合化学院総合化学専攻と東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻など6専攻を決定した。同プログラムは次世代人材...

(火曜日に掲載) ◇総合テストベッド研究開発推進センター・ソーシャルICTシステム研究室主任研究員 中内清秀 03年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。... ...

【津】三重大学は17日、三重県四日市市のユマニテクプラザで産学連携を推進するセミナー「深紫外LED(発光ダイオード)殺菌活用の最新事例と地域企業との連携による開発」を開いた。... 三宅秀人同大大学院...

東京大学大学院工学系研究科の曽根和樹大学院生、蘆田祐人同理学系研究科准教授、沙川貴大同工学系研究科教授らは、通常の絶縁体と連続的に移り変われない物質群「トポロジカル物質」で見られるような、試料端に局在...

原子力委員長に上坂氏が就任 (2020/12/16 総合2)

内閣府は15日、原子力委員会委員長に、元東京大学大学院工学系研究科教授の上坂充氏が16日付で就任する人事を発表した。

環境省の研究プロジェクトの成果として、産業革命以前に比べて地球表層の平均気温が同じように4度上昇する場合でも、気候変動の総合的な悪影響はSSP1のような持続可能で着実に成長する社会の方がSSP3のよう...

強磁性半導体、発現を解明 原子力機構など (2020/12/11 科学技術・大学)

日本原子力研究開発機構の竹田幸治研究主幹、東京大学大学院工学系研究科の大矢忍准教授、東大院理学系研究科の藤森淳教授らの研究チームは、エレクトロニクスとスピンを融合した「スピントロニクス技術」でカギを握...

科学技術の潮流(80)タイ市場の潜在力注目 (2020/12/11 科学技術・大学)

中小企業のタイ進出に当たっては、東京都中小企業振興公社、東京都立産業技術研究センター、日本貿易振興機構(ジェトロ)、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、国際協力機構(JICA)などのオフィ...

東京大学大学院工学系研究科の姜淼(ジアン・ミャオ)特任研究員、大矢忍准教授、田中雅明教授らは、従来の手法に比べておよそ1000分の1の電流密度で磁石のNSの向きを変える(磁化反転)ことに成功した。

【略歴】おき・たいかん 1987年(昭62)東京大学工学部卒業、93年工学博士、気象予報士。... 16年10月より国際連合大学上級副学長、国際連合事務次長補も務める。

同センターは共同センター長の体制とし、森川博之東京大学大学院工学系研究科教授および、柳川範之東京大学大学院経済学研究科教授が務める。事務局は情報通信研究機構(NICT)が担う。

横浜国大、来月1日に水害シンポ (2020/11/25 科学技術・大学)

横浜国立大学は12月1日14時から先端科学高等研究院によるオンラインシンポジウム「インフラストラクチャーのレジリエンスとリスク共生―水の災害にどう備えるべきか」を開く。同院客員教授で東京大学大学院工学...

(水曜日に掲載) ◇物質・材料研究機構(NIMS)統合型材料開発・情報基盤部門主任研究員 山﨑裕一 2009年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。博士(工学)取...

【略歴】おき・たいかん 1987年(昭62)東京大学工学部卒業、93年工学博士、気象予報士。... 16年10月より国際連合大学上級副学長、国際連合事務次長補も務める。

科学技術の潮流(75)CO2回収利用でエネ変革 (2020/11/6 科学技術・大学)

将来に向けた技術の中でインフラなどに対する投資の不確実性を緩和するという観点で見れば、CO2回収利用技術(CCU)のような排出CO2を回収し循環的に利用する技術、特に炭化水素系燃料の製造技術の活用に注...

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる