340件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.087秒)

委員長には東京電力福島第一原子力発電所事故の国会事故調査委員長を務めた黒川清政策研究大学院大学名誉教授が就き、京都大学の山中伸弥教授が会場外からモニターで参加した。 席上、西村康稔経...

問題の調査を担当した第三者委員会は報告書で、関電の役職員75人が、福井県高浜町の元助役から総額3億6000万円相当の金品を受領し、一方で原子力発電所関連工事をめぐり、元助役が関与する複数の企業に、事前...

国土交通省と復興庁は、東日本大震災の東京電力福島第一原子力発電所事故による母子避難者らに対する高速道路無料措置を2021年3月末まで1年間延長する。原発事故で避難し二重生活を強いられている母子避難者と...

東京電力福島第一原子力発電所事故では、いまだ避難を余儀なくされている人々がいる。 ... 7月開幕する東京五輪・パラリンピックは「復興五輪」と位置付けられるが、感染症の終息宣言が出せ...

産業春秋/常磐線の全線再開 (2020/3/10 総合1)

東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故で不通になっているJR常磐線が14日、9年ぶりに全線で運転を再開する。... 再開するのは福島県の富岡―浪江駅間(20・8キロメートル)。... 今春第1...

豪華な俳優陣が、東京電力福島第一原子力発電所事故の緊迫と、原子炉の制御に懸命に取り組んだ現場作業者の情熱を伝える。 ... 終盤、自分の家族を含めた近隣住民の避難所で、主人公が「住め...

【いわき】東日本国際大学(福島県いわき市)を運営する学校法人昌平黌(しょうへいこう、同)は、いわき市と広野町、双葉町、浪江町など8町村と福島県浜通り地域の復興と発展に向けた連携協力協定を結んだ。放射能...

検証2019/関電の金銭受領問題 原発再稼働にも影響 (2019/12/12 建設・生活・環境・エネルギー1)

2019年は、国内で原子力発電事業を引っ張ってきた関西電力が正念場を迎える年となった。... 11年の東日本大震災における東京電力福島第一原子力発電所事故で安全神話が崩れ、原発は全停止。... 第三者...

ロボテストフィールド、ナショナルセンターに 福島県は東京電力福島第一原子力発電所事故の被害を受けた浜通り地域の復興・再生を目的とする国の福島イノベーション・コースト構想を進めている。...

国際原子力機関(IAEA)事務局長の天野之弥(あまの・ゆきや)氏が死去した。... 北朝鮮やイランの核問題などに取り組み、東京電力福島第一原子力発電所事故の報告書もまとめた。

東亜バルブエンジ、新高圧弁で海外深耕 キッツと開発連携 (2019/7/8 機械・ロボット・航空機2)

加えてメンテナンス事業の拡大や中国原子力プラントへの本格参入、東南アジア諸国連合(ASEAN)市場での拠点展開などを目指す。 ... 一方、東亜バルブエンジは高温・高圧弁に関する高い...

EUが福島県など日本産の農水産物輸入に義務付けている放射性物質検査証明の提出を、さらに緩和することで合意した。 ユンケル氏は岩手・栃木・千葉3県の全品目と福島の大豆、宮城・茨城・群馬...

基本方針は、東京電力福島第一原子力発電所事故には中長期的な対応が必要とし、継続して国が前面に立つと強調。... 【爪痕深く】 「復興五輪」と銘打つ20年の東京五輪・パラリンピックは準...

日本メーカーが海外で計画した原子力発電所建設(原発輸出)は凍結や見直しが相次ぎ、国内での建て替え(リプレース)や新増設も見通しが立たない。... 東京電力福島第一原子力発電所事故を引き起こした2011...

全国農業協同組合連合会(JA全農)は8日、東京電力福島第一原子力発電所事故以降、停止していた新潟県産米の中国向け輸出を約8年ぶりに再開した。... 中国は原発事故を受け、2011年4月に日本の農産物や...

菅長官は、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う日本産食品への輸入規制を行う国が、事故直後の54カ国・地域から25にまで減ったと指摘。

THIS WEEK (2018/12/24 総合2)

今週の予定 24日(月)仏滅 振替休日 ■国 際 ▽NY市場の債券・株式、CMEはクリスマス前営業日で短縮取引 ...

【当日に福島へ】 2011年3月11日午後に、東電福島第一原子力発電所(1F)事故が発生。... 【技術面で支援】 1F事故の教訓や国内外の指摘を踏まえて、原子炉施...

中国が新潟県産米解禁 7年ぶり、緩和拡大に期待 (2018/11/30 中小企業・地域経済2)

農林水産省は29日、中国政府が東京電力福島第一原子力発電所事故後から行っている新潟県産米に対する輸入停止措置を解除したと発表した。日本の農産物の象徴である新潟県産米の7年ぶりの輸入再開は、同様に禁輸措...

日本原子力研究開発機構とNESI(茨城県ひたちなか市)、日本放射線エンジニアリング(茨城県日立市)は、湖沼や河川の水底に蓄積した放射性セシウムによる汚染状況を試料採取せずに調べる手法を開発した。......

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる