電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

51件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

「あるべき社会の姿」準備 苦境をのりこえる力であるレジリエンス(復元力)を高めるために仙台防災枠組が提唱する第4番目の優先行動は「効果的な災害対応...

卓見異見/関東大震災から100年 日さく社長・若林直樹 (2023/2/20 ひと カイシャ 交差点)

(次回は防災科学技術研究所理事長の林春男さんです) 【略歴】わかばやし・なおき 77年(昭52)早大院理工学研究科(資源工学)...

実験をコーディネートする防災科研の林春男理事長は「情報を確実に家庭に届ける媒体として家電の活用を検討したい」とした。

人口減少局面での回復力構築 苦境をのりこえる力であるレジリエンス(復元力)を高めるために仙台防災枠組が提唱する第3番目の優先行動は「インベストメン...

(次回は防災科学技術研究所理事長の林春男さんです) 【略歴】わかばやし・なおき 77年(昭52)早大院理工学研究科(資源工学)...

総合調整、国の体制づくりを 苦境をのりこえる力であるレジリエンス(復元力)を高めるために仙台防災枠組が提唱する第2番の優先行動は「災害リスク・ガバナンス」である。ガバ...

卓見異見/終わりなきSDGs 日さく社長・若林直樹 (2022/12/5 ひと カイシャ 交差点)

(次回は防災科学技術研究所理事長の林春男さんです) 【略歴】わかばやし・なおき 77年(昭52)早大院理工学研究科(資源工学)...

求められる科学の総合知 自然災害が生みだす苦境を乗り越える力であるレジリエンス(復元力)を高めるために仙台防災枠組みが提唱する四つの優先行動の第1...

卓見異見/日さく社長・若林直樹 建設業の離職防ぐ新4K (2022/10/31 ひと カイシャ 交差点)

(次回は防災科学技術研究所理事長の林春男さんです) 【略歴】わかばやし・なおき 77年(昭52)早大院理工学研究科(資源工学)...

求められるレジリエンス 684年に発生した白鳳地震以来、南海トラフ地震は887年仁和地震、1096年康和地震・1099年永長地震、1361年正平地震、1498年明...

(次回は防災科学技術研究所理事長の林春男さんです) 【略歴】わかばやし・なおき 77年(昭52)早大院理工学研究科(資源工学)...

10月新紙面 「総合面」を拡充 (2022/9/26 総合1)

防災科学技術研究所理事長 林春男氏(はやし・はるお) 74年(昭49)早大第一文卒。

「今までの災害対応では限界に来ている」と指摘するのは、防災科学技術研究所理事長の林春男さん。

防災科研、東北大と協定 国際拠点構築で (2022/3/9 科学技術・大学)

同日に開く締結式には防災科研の林春男理事長、東北大の大野英男総長らが出席する。

「調整力や交渉力、多種多様な困難を乗り越えて結果に結びつける力を持ち、レジリエンスを体現するような人材」と防災科研の林春男理事長は太鼓判を押す。

インタビュー/防災科学技術研究所理事長・林春男氏 ネット発達、災害対応変化 東日本大震災から11日で10年がたつ。... 防災科学技術研究所の林春男理事長...

ニュース拡大鏡/豪雨被害から住まいを守れ 浮上する「耐水害住宅」 (2020/10/21 建設・生活・環境・エネルギー2)

防災科学技術研究所の林春男理事長は13日、一条工務店が同研究所と連携して実施した水深3メートルにも耐える「耐水害住宅」の実験について、こう意義を述べた。

防災科研の林春男理事長は「極端気象になって被害が拡大している。

「極端気象で水害による被害が大きくなっている」と話すのは、防災科学技術研究所理事長の林春男さん。

今回の覚書締結について、防災産業会議の相澤益男会長、防災科研の林春男理事長のコメントは次の通り。 ... 積極的に協働/防災科研・林理事長 防災科研は大規...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン