86件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

理研は物質の分子構造を原子レベルで解析できる「核磁気共鳴(NMR)装置」の遠隔化・自動化を実施する。高磁場NMR装置にデジタル分光計や高速MASプローブ、試料交換機などを導入し、実験を遠隔化・自動化す...

「電子顕微鏡や核磁気共鳴(NMR)の装置など低温環境に必要なヘリウムが不足している」。

反遮蔽効果の影響を受けた分子は、核磁気共鳴(NMR)を測定するとシグナルが低磁場にシフトする性質が知られている。... 一般的な有機分子のNMRシグナルは、0―10ppm(ppmは100万分の1)とい...

核磁気共鳴(NMR)分析など試験研究用途のほか、将来は磁気共鳴断層撮影装置(MRI)用造影剤の原料として役立つとしている。

NMRプロファイリング導入 【エネ安定供給】 私たちの生活や経済活動には、エネルギーの安定供給が必要不可欠である。... そこで迅速に効率的な指標分子探索を行うため...

日本電子、NMR装置の時間貸しサービス (2018/9/27 機械・ロボット・航空機2)

【立川】日本電子は遠隔操作技術を用いたハイエンド分析機器のシェアリングサービスを事業化し、高磁場核磁気共鳴(NMR)装置の時間貸しサービスを始めた。

SAILは核磁気共鳴(NMR)技術「SAIL(立体整列同位体標識)法」を開発した甲斐荘正恒・首都大名誉教授が設立したベンチャー。

京都大学大学院理学研究科の武田和行准教授と東京大学先端科学技術研究センターの宇佐見康二准教授らは、電気と機械、光の複合量子技術を用いた、レーザー光による核磁気共鳴(NMR)の検出技術を開発した。......

産総研では核磁気共鳴(NMR)法に着目し、世界に先駆けて有機化合物の純度測定への応用(定量NMR、qNMR)を進めてきた。... 【成分ごとに評価】 高純度標準物質の迅速な供給はqN...

慶応義塾大学と当社をインターネットで結び、高磁場核磁気共鳴(NMR)を遠隔操作して分析機器をシェアする。

ウラン化合物では強い磁場をかけても超電導に必要な電子状態が変わらないことを核磁気共鳴(NMR)で観察できた。... 合成した化合物を加工した試料をマイナス273度Cに冷やし、15テスラの磁場環境でNM...

実証評価ではインターネットを介し、日本電子本社(東京都昭島市)に設置した高磁場核磁気共鳴(NMR)装置2台と、慶大矢上キャンパス(横浜市港北区)内に開設した実証評価センターをつなぐ。ウェブ会議システム...

半導体構造における、電子スピンと核スピンの相互作用の研究の進展が期待できるほか、新しい核磁気共鳴(NMR)の開発につながる可能性がある。 ... その結果、量子ホ...

「負荷熱の変動が激しい環境下で実験する核磁気共鳴(NMR)の大学研究機関などからニーズが高まる」と田沼克之社長は語る。

従来の低温超電導体に代わり、高温超電導体を使った磁気共鳴断層撮影(MRI)装置や、核磁気共鳴(NMR)装置の実用化につながる。... 30テスラのNMR装置の開発を目指す米マサチューセッツ工科大学(M...

高温超電導線材を使った磁気共鳴断層撮影(MRI)装置や核磁気共鳴(NMR)装置の実用化につながる。

また核磁気共鳴(NMR)法でCaMと抗菌ペプチドの立体構造を解析。

製薬の成分分析に用いられる核磁気共鳴(NMR)分析用のサンプル管を既に提供、評価は高い。

【システム実装へ】 低温超電導体は磁気共鳴断層撮影装置(MRI)や核磁気共鳴(NMR)装置などに既に実用化されている。

台湾の土壌から単離された真菌「アスペルギルス・タイチュンジェンシス」の培養物から数種類の新規化合物を見つけ、核磁気共鳴(NMR)法や計算化学的手法で構造を決定した。

おすすめコンテンツ

バーチャル・エンジニアリングPart3 
プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

バーチャル・エンジニアリングPart3 プラットフォーム化で淘汰される日本のモノづくり産業

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる