47件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

自然科学研究機構核融合科学研究所の小林達哉助教、清水昭博助教らは、次世代エネルギー源として期待されている「核融合発電」の実現に向け、重水素を用いてプラズマ断熱層の高性能化に成功した。... 核融合発電...

天田財団、今年度後期の国際交流・技能検定助成決定 (2022/3/23 機械・ロボット・航空機1)

(敬称略) 【国際会議等準備および開催助成(塑性加工)】▽慶応義塾大学理工学部システムデザイン工学科専任講師小池綾「International ...

(編集委員・田中弥生) 【長時間維持】 「2020年度にプラズマのイオンと電子の温度が共に1億度Cというマイルストーンを達成し、核融合研究は次のフェ...

自然科学研究機構核融合科学研究所の居田克巳教授らの研究グループは、次世代エネルギー源として期待されている「核融合発電」の実現に向け、プラズマの安定維持を妨げる乱流の性質を解明した。... 核融合発電に...

自然科学研究機構核融合科学研究所の森崎友宏教授と村瀬尊則実験応用技術係長らと、東邦金属の渡部聡取締役技術開発部長らは、プラズマを利用した異種材料接合技術を開発した。... 金属のほかセラミックスやプラ...

【名古屋】核融合科学研究所は岐阜県土岐市の施設内で7月に稼働したスーパーコンピューター「雷神=写真」の披露会を開いた。核融合発電の前提となる超高圧・高密度プラズマの動きを解析・予測し、将来の実...

未来変えるサイエンス 夢の技術が現実に (2020/5/5 科学技術・大学)

政府の2021年度からの5カ年計画「第6期科学技術基本計画」の策定に向け、文部科学省科学技術・学術政策研究所は、将来に実現する可能性がある科学技術のトピックに関し調査した。... 海洋都市が建設される...

「かき混ぜるスプーンの役割を乱流が果たした」と語るのは、核融合科学研究所教授の居田克巳さん。... 重水素と三重水素をうまく混ぜれば核融合発電の実現に近づく。「乱流を利用し、核融合炉でイオンの混合状態...

核融合科学研究所の居田克巳教授や仲田資季准教授らは、次世代エネルギー源として期待されている「核融合発電」の実現に向け、水素同位体の混合状態を制御する手法の開発につながる現象を観測した。... 核融合発...

天田財団、今年度前期の助成テーマ95件(中) (2019/11/7 機械・ロボット・航空機2)

【一般研究開発助成(レーザプロセッシング)】▽上杉祐貴/東北大学多元物質科学研究所光物質科学研究部門「フェムト秒レーザーによるナノ薄膜加工と高品質な電子位相ホログラムの実現」...

【異分野融合で研究力強化】 ―大学共同利用機関の4法人の下に、研究所組織の17機関があるのですね。 ... 97年核融合科学研究所教授。09年大学共同利用機関法人自...

飯吉中部大総長、ロシアから名誉博士号 (2018/11/29 大学・産学連携)

【名古屋】中部大学の飯吉厚夫理事長・総長(82)は、ロシア科学アカデミーから名誉博士号を授与された。核融合科学研究所の初代所長としてロシアでの研究も活発なヘリカル型磁場配位に基づくヘイ...

量子科学技術研究開発機構と核融合科学研究所は、プラズマ中の高速粒子が瞬時に大量に失われる「間欠的バースト現象」の発生原因を解明した。... 核融合エネルギーによる発電の実現に向け、核融合炉を安定して運...

サークル「ツインテ」として出展するフリーライター兼カメラマンの林佑樹氏は、取材活動の傍ら集めた核融合科学研究所など国内研究施設で一般公開されない部分の写真を冊子にまとめ、販売。

核融合科学研究所の居田克巳教授らと量子科学技術研究開発機構、米ジェネラル・アトミクス(カリフォルニア州)などの研究グループは、プラズマ中で発生した乱流が他の場所へ広がっていく性質を持つ...

【名古屋】核融合科学研究所はバナジウム合金を加工、溶接しやすくして、かつ温度800度Cの高温でも強度を保つことに成功した。... 核融合発電炉で核融合エネルギーを熱に変換して、発電するのに必要な機器「...

【名古屋】核融合科学研究所の居田克巳教授らは、磁場で閉じ込められたプラズマの一部が失われる損失現象の前兆となる変形を突き止めた。... 原子核同士の融合で発生する膨大なエネルギーを利用する核融合発電に...

自然科学研究機構は、束ねる5研究所のうち、国立天文台と核融合科学研究所の名誉教授2人(日本人、セルビア人)を外国に数年間、滞在するURAに選んだ。... ドイツではマックスプランク協会...

【名古屋】核融合科学研究所は9日、定常運転性能に優れた核融合炉実現に役立つ実験装置「大型ヘリカル装置」(LHD)を使い、プラズマ中のイオン温度1億2000万度Cを達成したと発表した。&...

核融合科研、中国・西南交通大と共同研究交流 (2017/7/13 中小企業・地域経済1)

【名古屋】核融合科学研究所は中国の西南交通大学(四川省成都市)と国際学術交流協定を結んだ。らせん(ヘリカル)形状のコイルで作った強力な磁場に1億度C以上の高温プラズマを...

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン