電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

211件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.016秒)

福島県内の森林から木質チップ、バーク(樹皮)を供給して発電し、地域の林業復興に貢献するエネルギーの地産を実現する。 ... チップは飯舘村の森林組合をはじめ、福島県浜...

やまびこ、森林組合にバイオ燃料試験供給 (2024/6/25 機械・ロボット・航空機2)

やまびこはカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)の実現に向けて、群馬県の下仁田町森林組合にバイオ燃料(ETG燃料)を試験納品した。... 同組合の森林整備事...

全国の森林組合向けに拡販する。

森林を管理する自治体や森林組合向けにクレジット制度の活用を支援するバイウィル(東京都中央区)と連携し、保険を広める。 ... バイウィルとともに、新たにJ―クレジット...

東ソー、燃料用チップ受け入れ基金創出 林業振興 (2024/4/16 素材・建設・環境・エネルギー1)

同社と山口県、山口県森林組合連合会の3者で、同基金の創設に関する協定書を締結した。同県の協力の下、同連合会が本基金を活用して苗木を森林所有者に供給し、伐採後の再造林を促す。森林が持つ多面的な機能を維持...

村の85%を占める山林は国の補助で民有林の森林再生事業を進める。個人所有の広葉樹の山を森林組合が間伐し、材木は地権者に還元する。

原料調達などの地域パートナーは、米川生産森林組合(宮城県登米市)、木材の破砕作業を担う山大、ファーム・ソレイユ東北(同石巻市)の3者。

パネルディスカッションには長野経済研究所の小沢吉則理事をモデレーターに、阿部守一長野県知事やhide kasuga 1896(東京都港区)の春日秀之社長、SORENA&...

【山口】広島ガスは30日、山口県森林組合連合会(山口市)と森林の循環利用に関する協定を結んだ(写真)。... 広島ガスが同様の協定を結ぶのは広島県森...

ニュース拡大鏡/住友林業、林業分野でICT活用 「再造林」を機械化 (2023/11/15 生活インフラ・医療・くらし1)

住友林業とJForest全国森林組合連合会、農林中央金庫が共同で実証実験を行い、国内で機械の輸入販売を行うギガソーラー(東京都港区)の協力のもと国内使用向けに機械を改良した。... 農...

日立システムズ、GX加速 27年度売上高100億円 (2023/10/25 電機・電子部品・情報・通信1)

日本の国土の約7割は森林が占める。同サービスの展開により、林業の活性化を支援して自治体や森林組合、森林保有企業などのカーボンクレジットの創出や販売を加速。... サービス展開に先立ち、衛星を活用した温...

大東建託、バイオマス発電の燃料木材調達で新会社設立 (2023/10/17 素材・建設・環境・エネルギー1)

林業事業者や森林組合、チップ工場と連携し、16日から燃料となる木材の調達を開始した。... 大東建託は森林資源の地産地消への取り組みを通じて、林業活性化や林地残材による災害対策に貢献していく考えだ。

政府による温室効果ガス(GHG)削減・吸収量の認証制度「J―クレジット」を利用する森林組合や事業者など向けに、クレジット創出から販売までを一貫して支援するサービスを展開する。 ...

丸紅は5日、秋田県能代市と白神森林組合(同市)との間で、同市内の森林管理について政府による温室効果ガス(GHG)削減・吸収量の認証制度「J―クレジッ...

森林組合や山林所有者は森林整備によってクレジットを創出し、販売して収入を得られる。... そこで農林中金と全国森林組合連合会(全森連)は3月末、森林組合によるクレジット創出を支援するホ...

森林整備、面積10倍に ライオン、山梨市などと協定 (2023/4/18 生活インフラ・医療・くらし)

ライオンは17日、山梨市などと活動面積を従来の10倍に拡大する第5期森林整備協定を結んだと発表した。... ライオンと同市、峡東森林組合(山梨県甲州市)、オイスカ(東京都杉並区...

森林組合系統と連携の上で森林由来CO2吸収量も新たに目標化し、30年度時点の年間CO2吸収量900万トン(20年度は580万トン)を設定した。

たまたま設計会社の紹介で石巻市の森林組合と接点ができ、市内の山林の木を特別に購入できることとなった。関係者の協力にも感激し、熊谷社長は「徹底してやらないと気が済まない性格なので」と、社員総出で立木の見...

同県掛川市内に拠点を置き、森林組合など他業界との出合いが、テント型サウナの開発につながった。

大林組、人工光で苗木室内栽培 木材を安定供給 (2023/2/14 建設・生活・環境・エネルギー1)

今後、植林用苗木の安定供給が可能になる技術として全国各地域の森林組合や植林現場に提案し、国内の木材供給の安定化、効率化につなげる。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン