電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

96件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

白山工業(東京都府中市、吉田稔社長)極限環境ロボット研究所の西田莉那研究員と広瀬茂男所長らは、狭所で重量物を持ち上げる補助装置「クロコクレーンバランサー」を開発した。... 発電所など...

極限環境でも安全に 2050年のカーボンニュートラル達成に向け、航空機エンジンや発電用タービンでも持続可能な航空燃料(SAF)や液体水素など二酸化炭素を排出しない燃料...

東京大学の国枝武和准教授らは、さまざまな極限環境への耐性を持つクマムシ類の遺伝子を改変する技術を開発した。... クマムシ類は、乾燥や高線量の放射線といったさまざまな極限環境に高い耐性を持つ。

白山工業(東京都府中市、吉田稔社長)極限環境ロボット研究所の広瀬茂男所長、木村直人研究員、和田周賢研究員らは、東京パワーテクノロジー(東京都江東区)...

超軽量で柔軟性や人体適合性が高いため、ヒトなど全てがつながる次世代のIoE(インターネット・オブ・エブリシング)デバイスや宇宙など極限環境での利用が期待される。

私たちは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)「燃料電池等利用の飛躍的拡大に向けた共通課題解決型産学官連携研究開発事業」の支援を受けて、軽量液体水素タンク用高分子系ハイブリッ...

高温下や、原子力発電の炉心近傍といった放射線の高い被ばく環境下などの極限環境で使えるため、微小電気機械システム(MEMS)センサーの実現などに向けたCMOS回路への応用が期待されている...

野生動物の希少行動を記録 阪大がデバイス (2024/1/25 科学技術・大学2)

極限環境などでの活用を目指す。

いずれも、極限環境」がキーワードである。 ここでの「極限環境」とは、巨大地震などの突発的かつ高エネルギーの破壊現象、液体水素の運搬・貯蔵に必要な極低温、高効率ジェットエンジンの運転条...

8m、狭所から進入 片持ちトラス構造 白山工業(東京都府中市、吉田稔社長)の極限環境ロボット研究所と東京電力ホールディングス(HD...

白山工業(東京都府中市、吉田稔社長)の極限環境ロボット研究所と東京パワーテクノロジー(同江東区、塩川和幸社長)は、手元の死角をなくせる廃炉作業ロボッ...

東洋大、重点研究プロでシンポ開催 (2023/7/25 科学技術・大学)

東洋大学は3件の重点研究プロジェクトに関する合同シンポジウム「持続可能な環境浄化技術の社会実装と海外展開に向けて」を白山キャンパス(東京都文京区)で開いた。... ...

宇宙や海洋といった極限環境で活用できる技術について、迅速に社会実装するための実証運営・規制改革を管轄する。 ... 今後は工場内だけでなく、宇宙や海洋などの人が立ち入れない極限環境に...

気圧が地上の100億分の1という極限環境下の宇宙において、電池の安定稼働を支えた同社技術は、脱炭素燃料である液体水素貯蔵設備向け部品など、多様な分野への応用が見込まれる。... 京セラ製の電池蓋は、地...

流動電位で電解重合反応 東工大が成功 (2022/5/30 科学技術・大学)

電力のない極限環境などで電解反応を起こす手法になる可能性がある。 ... 現在は捨てられている圧力源を利用すれば環境に優しいプロセスになる可能性がある。

このように、端的に言えば “頑丈”な酸化ガリウムデバイスは、パワーデバイス用途だけでなく、極限環境と呼ばれる非常に過酷な環境でも活きてくる。 ... この成果の更な...

資生堂はロシア科学アカデミー(RAS)などと閉鎖環境におけるストレス評価の共同研究を始めた。... 月や火星への有人宇宙探査に向けて、長時間の閉鎖環境における生活が宇宙飛行士の心身に与...

谷川熱技術振興基金、「熱技術賞」に東北大・小林教授 (2021/9/21 機械・ロボット・航空機2)

熱技術賞は極限環境燃焼の学理構築で成果を上げた東北大学の小林秀昭教授を選出した。

白山工業の内部組織でロボット技術などを研究する極限環境ロボット研究所(HEROラボ、広瀬茂男所長=東京工業大学名誉教授)が試行錯誤の末に開発した。

ミュオン原子を使った実験は極限環境下での基礎物理の検証などに用いられている。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン