30件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

(編集委員・鈴木岳志、同・六笠友和、高島里沙) 原発事業を抱え… 福島第一の廃炉撤退「あってはならない」 「原発事業をやっているのだから、ファンドにポンと買われて福...

ある研究所のご厚意で今般、女性だけの次世代原子炉をめぐる研究会を立ち上げた。... 昨夜、統合型高速炉(IFR)によるデブリ処理の提案を聞いて、私は原発が街に初めてやってきた子どもの頃のことを思い出し...

日本原子力研究開発機構と英国立原子力研究所(NNL)は、次世代原子炉とされる「高温ガス炉」の技術分野での研究開発協力を始める。原子力機構は高温工学試験研究炉(HTTR)で培った高温ガス炉技術の高度化と...

日本原子力研究開発機構は、機器を原子炉容器に納める「タンク型」ナトリウム冷却高速炉について耐震性や経済性などの観点から検討し、国内の立地条件で設置できる見通しを得た。... ナトリウム冷却高速炉は、燃...

日本原子力研究開発機構とポーランド国立原子力研究センター(NCBJ)は次世代原子炉とされる「高温ガス炉」の研究開発協力の実施取り決めに署名した。... 高温ガス炉は安全性が高く、900度C以上の熱を取...

日本原子力研究開発機構と原子燃料工業(横浜市鶴見区、北川健一社長、045・500・6300)の研究グループは、次世代原子炉とされる「高温ガス炉」に使える高品質な燃料の量産化技術を確立した。原子力機構の...

すでに実施している事例として、税関での爆発物の検知などにも活用できる放射線の一種「中性子線」の利用や、次世代原子炉とされる「高温ガス炉」で水素を製造する研究などを実施している。

安全設計の国際標準化リード ナトリウム冷却高速炉や高温ガス炉など、次世代原子炉とされる「第4世代原子炉」の実用化が見えてきた。... 原子炉は各国の規制機関の承認により作られるが、そ...

【次世代原子炉】 気候変動対策の国際枠組み「パリ協定」を踏まえ、わが国は長期目標として50年に二酸化炭素(CO2)排出量8割削減を掲げている。... 原子力については廃炉作業だけでは...

もう一つが次世代1700度C級ガスタービンの開発だ。... さらに日本や米国などで自動運転や自動倉庫など次世代物流技術への要求も非常に大きい」 ―研究開発法人「イノベーション推進研究...

(編集委員・松木喬) 蓄電池―「全固体電池」に期待 蓄電池の分野では、次世代電池として期待される全ての部材が固体である「全固体電池」の製品化が最大の焦点だ。... ...

日本原子力研究開発機構は、次世代原子炉である「ナトリウム冷却高速炉」(SFR)に関して、安全性を確保するための設計方針を示す「安全アプローチ」を構築した。... 今後、これをもとに安全設計のガイドライ...

人材や設備を最大限に生かし、政策目標に貢献していく」 ―国内での原子力施設の新設が難しい中、より安全性の高い次世代原子炉「高温ガス炉」技術のポーランド輸出に期待が高まります。 ...

日本原子力研究開発機構はポーランド国立原子力研究センター(NCBJ)、英ウレンコとそれぞれ、次世代原子炉の一種である「高温ガス炉」技術の協力のための覚書を結んだ。... 高温ガス炉の国際展開や国際標準...

米WH開発の次世代原子炉、来年中国で稼働 (2016/12/22 電機・電子部品・情報・通信)

【上海=時事】東芝傘下の米ウェスチングハウス(WH)が開発した次世代の加圧水型原子炉「AP1000」が、2017年1―3月期に中国で正式稼働する見通しだ。同原子炉が正式稼働するのは世界初。

次世代原子炉「高温ガス炉」が生み出す高温熱を利用した水素製造技術として実用化を目指す。 ... ISプロセスは、高温ガス炉が供給する高温熱による水素製造技術として...

エネルギー消費効率向上による省エネの徹底や、再生可能エネルギーの導入拡大に必要な系統安定化技術の確立、世界最高水準の安全性と経済性を併せ持つ次世代原子炉の開発などを、重要課題として示した。 &...

文部科学省は、次世代原子炉の一つ「高温ガス炉」で、安全性の向上などへの貢献が見込める研究テーマの募集を始めた。... 高温ガス炉は、燃料の保護方法や冷却材にヘリウムを使うことなどから既存の軽水炉に比べ...

次世代原子炉の一つ「高温ガス炉」の実用化戦略を策定する産学官の協議会の初会合(写真)が28日、都内で開かれた。原子炉・燃料メーカーのほか、高温ガス炉による製造が見込まれる水素の利用者となる自動車メーカ...

次世代原子炉「高温ガス炉」の実用化戦略を策定する産官学協議会の初会合が、28日に東京都内で開かれる。原子炉・燃料メーカーのほか、自動車メーカーなどが参加し、高温ガス炉による製造が見込まれる水素の利用者...

おすすめコンテンツ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる