352件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

グローバルの眼/コロナ禍の欧州経済 (2020/6/17 国際・商社)

回復ペース緩慢、見通せず 欧州では、新型コロナウイルスの感染者や死者の減少を受けて、各国がロックダウン(都市封鎖)の段階的な緩和・経済活動の再開に動いている。.....

これまでは水素を燃料とするFCVは国際的にも燃費測定は義務付けられていなかったが、2019年6月に国連欧州経済委員会で国際基準であるWLTP(国際調和排出ガス・燃費試験方法)モードが採択されたため、国...

観光直撃、景気悪化に拍車 新型コロナウイルスの感染拡大が脆弱(ぜいじゃく)な景気回復下の欧州経済にとって新たな脅威となっている。... 感染拡大が中国などアジア地...

2019年12月に新体制が発足した欧州連合(EU)の欧州委員会は「欧州グリーンディール」を重点課題に位置付け、2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする目標を掲げた。... EUで最大の経済規...

英国の離脱で初めて加盟国の脱退を経験した欧州連合(EU)。... 他方、中国発の新型肺炎も欧州経済に影を落とす。... 「4月までに収束すれば欧州経済への影響は軽微だろう。

新型コロナウイルスの感染拡大が、日本経済に影を落としている。... 新型肺炎長期化への懸念に加え「今後は欧州経済も懸念される。米国と欧州の貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱の影響が出る。

内閣府経済社会総合研究所は18日14時から霞山会館(東京都千代田区)で「EU新体制下の欧州経済」と題する国際会議を開く。欧州ブリューゲル研究所(ベルギー)のニコラ・ヴェロンシニアフェローが基調講演。そ...

世界経済の不透明感が強まる上、国内では消費増税や自然災害が影響。... 海外経済では米中貿易交渉で部分合意に向けた動きが出始めているものの、中国向け輸出の低迷が続いている。欧州経済の伸び悩みや英国の欧...

同社グループは日米で高いシェアを占めるが、「欧州は苦戦してきた歴史がある。... 同社が欧州拠点として選んだのは、オランダ南部のリンブルグ州にあるキャメロット工業区だ。... ただ、足元の欧州経済は減...

米中対立に加えて欧州経済が減速しており、上場企業の業績の反転には時間がかかるとみられる。... 三菱UFJモルガン・スタンレー証券の斎藤勉シニアストラテジストは、世界経済の不透明感を背景に「設備投資を...

欧州経済、規律見直し急務 欧州中央銀行(ECB)のマリオ・ドラギ総裁が24日の理事会を最後に退任する。... 景気後退の瀬戸際にある欧州経済に、新たな救世主の誕生が待たれる。 ...

英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)も混迷を極め、欧州経済に不透明感が漂う。... ただ制裁関税の影響は実体経済に大きく広がっている。 ... 下期の日本経済は逆風が強まりそう...

海外経済への不安感が企業マインドの重しになっており、下げ止まる気配は感じられない。... 米中貿易摩擦の深刻化に伴う中国経済の減速、欧州経済の低迷を背景に、自動車、生産用・業務用機械などの悪化が目立つ...

足元の景気は回復基調にあるが、海外経済の不透明感は根強いだけに、日銀は景気下振れリスクへの備えが必要だ。 ... 欧州中央銀行(ECB)は先週の理事会で、欧州経済が減速する中、景気と...

産業春秋/不吉な兆し (2019/9/17 総合1)

1990年代に起きた第1次ブームの頃、日本経済はバブル崩壊後の混迷の時代だった。... 米中の貿易摩擦の余波や、いまだ不透明な英国の欧州連合離脱問題など、世界経済には不安要因が渦巻いている。 ...

米中の対立激化が米国の実体経済にもマイナス影響を及ぼしてきており、安全資産としての金需要も高まっている。 ... 8月末には低迷する欧州経済を映してユーロ安・ドル高が進み、ドル建ての...

足元では主要国で経済対策を強化する動きがあるが景気の先行き懸念は根深く、7月に続く米国の追加利下げの観測を支えに金の売りは限定的となっている。... 景気下振れ懸念を受け、主要国は経済対策に乗り出そう...

貿易摩擦による中国経済の減速に加え、年末にかけて米国経済や欧州経済も下がる傾向とみる。... 日本経済もこれに合わせた回復を見込む。 ... 中長期的に見ると、限られた資源を最大限活...

「職業教育」就労に貢献 リーマン・ショックとそれに続く欧州債務危機を乗り越えて、穏やかな成長を遂げている欧州経済。... 欧州危機の際は若者だけでなく全体の失業率も上昇した。... ...

NTNは30日、米中貿易摩擦や欧州経済低迷による客先需要の低減、為替の円高影響を受け、2020年3月期の連結業績予想を大幅に下方修正した。... 欧州や中国市場の景況が悪化し、足元で主力の自動車や産業...

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2020/07/13

    本日13日は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる