539件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

SDG3、いわゆる「すべての人に健康と福祉を」、原文に即した訳では「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する」は出産時の妊産婦死亡率の削減、新生児死亡率の削減、伝染病や感染症へ...

産業春秋/コロナ戦争 (2020/3/25 総合1)

日本の交通事故の死者が最悪だったのは1970年(昭45)の1万6765人。... 政府の専門家会議副座長である尾身茂地域医療機能推進機構理事長は、2月13日の日本記者クラブの会見の時から「各国の対策の...

厚生労働省のまとめによると、18年の労働災害の死亡者数は909人。... さらに建設業の死亡災害の原因をみると、墜落・転落が136人と最多で、うち80%は足場によるものだという。 ....

発災後、生命保険契約に関する手がかりを失い、死亡保険金の請求ができないケースが発生したことに対する措置だった。 ... 【支払い2カ月に】 導入効果は、事故受け付け...

【シリコンバレー=時事】米運輸安全委員会(NTSB)は25日、2018年に部分自動運転中のテスラ車が分離帯に衝突し、運転者が死亡した事故について、システムが運転者を有効に監視しておらず、不注意を助長し...

2020年夏に発売する新型車から導入し、高齢ドライバーの事故防止に寄与する。... 内閣府の17年交通安全白書によると75歳以上が第1当事者となったペダル踏み間違いによる死亡事故発生率は、75歳未満を...

「あらゆる道路での安全性を高めていきたい」として30年までの目標とする交通死亡事故ゼロへの努力は続く。

自動ブレーキなど安全装備の普及で交通事故件数が減少しているのに伴い、保険金の支払額も減って収支が改善しているため。... 自賠責保険は、人身事故の被害者を救済するための強制保険。... 死亡事故では最...

新型旅客機「737MAX」の墜落事故が相次ぎ、同型機が世界中で運航停止となっていることが響いた。 737MAX機は商用機受注の約7割を占めていたが、昨年3月に2度目の墜落事故がエチオ...

EUによれば、室内監視システムなどの普及が進むと、38年までに2万5000人以上の死亡事故と14万人を超える重傷事故を防止できると見込んでいる。

真夏の車中置き去りが原因の乳幼児死亡事故が多発している。

労働災害ゼロ目指して 東武商事が安全衛生研修 (2019/12/10 中小企業・地域経済2)

事故事例学び意識徹底 東武商事(埼玉県松伏町、小林増雄社長、048・992・1150)が本社で安全衛生研修を行った。... 産業廃棄物処理企業の指導経験を持つ専門講師が、まず死亡事故...

米運輸安全委員会、ボーイングにエンジン再設計勧告 (2019/11/26 機械・ロボット・航空機2)

飛行中にエンジン部品が破損し乗客1人の死亡につながった昨年の事故の再発防止を図る。... ボーイングは電子メールを通じた発表文で、ファンブレードが破損した場合でも事故につながらないよう性能を高めるため...

【シリコンバレー=時事】米運輸安全委員会(NTSB)は19日、配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズが起こした自動運転車による歩行者死亡事故について、同社の「不十分な安全文化」が一因になったと結論付...

【ワシントン=ロイター時事】米運輸安全委員会(NTSB)は5日、米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズの自動運転試験について、2018年3月に死亡事故を起こすまでの1年半に、自動運転モードで走行中...

政府は29日、未来投資会議(議長=安倍晋三首相)を開き、75歳以上の高齢ドライバーによる交通事故対策の方向性を議論した。事故原因で最も多いのが運転操作ミスであることから、アクセルとブレーキの踏み間違い...

17年の死亡者数は58人で、前年と比較して8人減少したが、労働災害ゼロにはまだ道は遠く、引き続いての災害防止対策の強化が望まれている。機種別にみると、天井クレーンや橋型クレーンなどの「クレーン」による...

このうち9割が人身障害事故と踏切事故。... 死傷者数も538人(死亡者255人、負傷者283人)で過去30年間で最少となった。42人が死亡し614人が負傷した91年の信楽高原鉄道列車衝突事故や、10...

一般的な乗用車より低速なため、人と衝突しても重傷・死亡事故を回避する可能性が高まる。... 高齢ドライバーによる事故多発の背景には、公共交通機関の人手不足が背景にある。... 事故のないモビリティー社...

事故犠牲者を法要し交通安全対策を話し合った。... 【まだ効果不足】 警察庁によると2019年上期(1―6月)の75歳以上のドライバーによる死亡事故は172件で、違反別では「運転操作...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる