38件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

厚生労働省のまとめによると、18年の労働災害の死亡者数は909人。... 通路が片付けられていないなど実際の事故事例に基づき、事故がおこりやすい場面をコンピューターグラフィックス(CG)で映像化したも...

2020年夏に発売する新型車から導入し、高齢ドライバーの事故防止に寄与する。... 内閣府の17年交通安全白書によると75歳以上が第1当事者となったペダル踏み間違いによる死亡事故発生率は、75歳未満を...

「あらゆる道路での安全性を高めていきたい」として30年までの目標とする交通死亡事故ゼロへの努力は続く。

労働災害ゼロ目指して 東武商事が安全衛生研修 (2019/12/10 中小企業・地域経済2)

作業現場での“労働災害ゼロ”を目的に専門のコンサルタントを招請。... 産業廃棄物処理企業の指導経験を持つ専門講師が、まず死亡事故の事例を紹介。... 厚生労働省によると、産廃処理業界では労災による死...

災害防止の重要性についての認識を新たにし、現場では点検・整備を行うなど、事故ゼロに向けての意欲を高める機会としたい。 ... 17年の死亡者数は58人で、前年と比...

一般的な乗用車より低速なため、人と衝突しても重傷・死亡事故を回避する可能性が高まる。... こうした“移動弱者ゼロ”に向け政府が目指すのがMaaS(乗り物のサービス化)の社会実装だ。... 事故のない...

高速道路でのあおり運転や逆走事故が社会問題化する中、電子部品や無線通信メーカーの製品・システムが交通安全対策に一役買っている。... 社会問題化した17年の東名高速道路でのあおり運転による死亡事故を受...

「地域住民らと街頭で事故防止を呼びかける『立哨活動』は、発足当時から続けている。... 「70年と比べると全国的に死亡事故は減っており、デンソー本社がある愛知県刈谷市は18年の死亡事故数がゼロだった。...

当然、高齢者による交通事故も減る。 ... 特にブレーキとアクセルの踏み間違いの死亡事故は75歳以上の高齢運転者による比率が高い。... 豊田章男社長は「交通事故...

【救命率向上に挑戦】 日本の交通事故による死亡者は1970年の1万6765人をピークに18年は3532人まで減少している。これまで自動車関連メーカーや自動車技術会などは、いかに事故を...

死亡事故ゼロという長期ビジョンの達成に向けて、商用車の安心・安全な運行を支えていく。... 日野自は2020年代に高速道路の死亡事故ゼロ、30年代に一般道の死亡事故ゼロを長期ビジョンとして掲げる。.....

SUBARU(スバル)が7月に発売した新型フォレスターが、国土交通省と自動車事故対策機構(NASVA)が実施する2018年度自動車アセスメント「JNCAP」の予防安全性能評価で最高ランクである「ASV...

大坂選手の力も借り、「『走行中の排出ガスゼロ』と『日産車の関わる死亡・重傷事故ゼロ』に向け頑張りたい」と強調。

「2030年にSUBARU(スバル)車による死亡事故をゼロにしたい」と将来ビジョンを語るのは技術開発を統括するスバル取締役専務執行役員の大拔哲雄さん。 ... 今後について「車が外部...

また運転支援技術に磨きをかけて30年に死亡事故ゼロを目指す。

「トラック・バス事故での死亡者をゼロにする」と意気込む。

この新技術が交通安全や事故死ゼロを目指すものなのかどうか、あらためて点検したい。 米国で3月18日、自動運転中の死亡事故が起きた。配車サービス最大手の米ウーバー・テクノロジーズがアリ...

救援の可能性を大幅に高める同システムで、死亡事故ゼロの八ヶ岳を目指す。 ... そうした遭難事故でも位置情報が分かれば、救出の可能性が大幅に高...

ただ2016年初めに鉄鋼大手で死亡事故が相次いだように、今なお製造現場では尊い命が失われる事例がなくならない。鉄鋼業界の場合、重大災害による死亡者数はここ数年、増減を繰り返しており、下げ止まっていると...

運転者や乗員が快適に移動できる次世代コックピットで、死亡事故ゼロにも貢献したい」 ―次世代コックピットシステムとは。 ... 事故時の緊急通報や、盗難車の位置を追跡...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる