電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

232件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

アース製薬は、薬剤に対する抵抗性を持つトコジラミにも唯一効果があるという同社の殺虫剤「ゼロノナイトG」を用いた防除とその殺虫効果も情報提供した。

昆虫フェロモン資材は対象外の生物や人体への悪影響が少なく、従来の殺虫剤に比べて抵抗性が生じにくいという。

粒状の除草剤や殺虫剤などを定期的にまき、手作業でまいたネギと比較して、その効果を検証する試みを始めた。 ... ネギを収穫する8月下旬まで6回にわたり粒剤を散布する。... 白神ねぎ...

ホッカンHD、粉乳缶とエアゾール缶 群馬工場に生産移管 (2023/7/12 素材・建設・環境・エネルギー1)

殺虫剤やカセットコンロ用のエアゾール缶は明和工場(群馬県明和町)に1ライン移す。

ネオニコ系殺虫剤はニコチンに似た成分を含む殺虫剤で、世界的に広く使用されている。... こういった中で石原産業の殺虫剤「フロニカミド」はネオニコ系殺虫剤の代替として需要が伸びている。またネオニコ系殺虫...

界面活性剤で蚊を駆除 花王・理研が新技術 (2023/6/21 生活インフラ・医療・くらし1)

従来のピレスロイド類などの殺虫成分を使わないため、蚊が抵抗性を獲得できなくなる。... 花王は界面活性剤の性質を利用すると、ぬらせることを見いだした。... これまでの殺虫剤の使用により蚊が抵抗性を獲...

秋田県能代市と共同で同市特産の「白神ねぎ」の根元に粒状の除草剤や殺虫剤などを定期的にまき、8月下旬の収穫期に手作業によるネギと比較、その効果を検証する。... 市の農業技術センター農地に長さ約40メー...

具体的には、①食糧生産量6億5000万トンを確実に維持するため、各省が作付面積(1億2000万ヘクタール)を安定させる②食糧安全保障の土台を全方位で固め、食糧を「土地に納める(...

緑の革命期における農作物生産量の爆増は、化学肥料・殺虫剤・機械化・品種改良といった大規模農業に適した技術をパッケージで社会実装したことで起こった変化と考えられている。

天然由来の化合物・微生物利用 農薬・農業資材で活発化 (2023/3/22 素材・医療・ヘルスケア)

一方、BASFジャパン(東京都中央区)が発売したアブラムシ用殺虫剤「セフィーナDC」は、天然物を由来とする化学農薬だ。

除草剤の使用は畔を含めて栽培中に1回のみ。化学合成した殺虫剤と殺菌剤は使用禁止、化学肥料も使用を制限した独自基準で栽培した米が省農薬米だ。 ... 除草剤を1回散布するだけでも農家は...

害虫駆除用などの「ネオニコチノイド系殺虫剤」の作用機構を調べた。 ... 「全昆虫に対する同殺虫剤の影響を解析する際に、標準となる技術と知見」と胸を張る。

三井化学アグロ、マラリア媒介蚊防除薬剤 WHOの事前認証取得 (2023/3/16 素材・医療・ヘルスケア2)

マラリアの流行する新興国や途上国で迅速かつ簡便に殺虫剤登録を取得し、発売できる。... マラリアは84カ国で流行し、特に既存の殺虫剤への耐性を持つ蚊に効果のある新剤が求められていた。... 既存剤に耐...

【東大阪】近畿大学農学部の松田一彦教授らは筑波大学、東北大学、国立遺伝学研究所(静岡県三島市)、人工知能(AI)のスタートアップ、SyntheticGestalt...

BASFジャパン、天然由来成分配合の殺虫剤 有用昆虫には安全 (2023/3/14 素材・医療・ヘルスケア2)

BASFジャパン(東京都中央区、石田博基社長)は、天然物由来の有効成分「インスカリス」を配合した殺虫剤「セフィーナDC」を発売した。... 新しい作用機構を持ち、既存の殺虫剤に抵抗性を...

三井化学アグロの殺虫剤原体「ジノテフラン」を含む製品は19年にブラジルで発売、殺虫剤原体「テネベナール」は20年に日韓、21年に中国や米国など4カ国、22年にインドで発売した。Meijiの殺虫剤原体「...

アース製薬、害虫駆除の効果1年 殺虫くん煙剤を来月発売 (2023/1/27 素材・医療・ヘルスケア)

アース製薬はゴキブリなどの衛生害虫を対象に駆除効果が1年持続する殺虫くん煙剤「ゼロノナイトG」を2月下旬に発売する。ムカデやコバエなどの不快害虫用の販売が好調なことから、殺虫剤市場...

フマキラー、業務用ヒアリ殺虫剤を今春発売 (2023/1/16 素材・医療・ヘルスケア)

フマキラーは特定外来生物のヒアリなどの対策剤「業務用アルゼンチンアリ・ヒアリ専用誘引殺虫粒剤」を今春に発売する。... 散布しやすい粒状の殺虫餌(ベイト剤)なのが特...

ダスキン、ドローンで蜂退治 来秋からサービス開始 (2022/11/9 建設・生活・環境・エネルギー2)

また殺虫剤を空中で散布しないため、環境配慮型の駆除方式である点も訴求する。

その主な取り組み内容と目標は「温室効果ガス/農林水産業のCO2ゼロエミッション化の実現」「化学農薬/使用量の50%低減」「ネオニコチノイド系農薬を含む殺虫剤不使用農薬開発」...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン