145件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

西松建、ヒ素含有掘削ずり浄化 金沢大と技術開発 (2019/12/4 建設・生活・環境・エネルギー1)

主要設備はピット、薬液貯留槽、水中ポンプ、排水処理装置などで、特殊な機械設備が不要。

関東・東北豪雨の教訓から浄水場の送水ポンプをかさ上げし、事前に電源系統を遮断するなどの対策を施していた。市の担当者は「ポンプ室全体が浸水するなど被害は想定以上だった」と語る。 ......

循環水中に設置するだけで錆などを除去できる。... 親水性で水中にワイヤなどで固定させると、材料から放出されるマイナスイオンなどによってプラスに帯電したスケールなどを捕捉する。 .....

個性発信・話題の商品/鶴見製作所 簡易止水装置 (2019/9/30 新製品フラッシュ2)

屋内浸水食い止め、台風対策 鶴見製作所は排水機場などに設ける大型の水中ポンプを中心に、給排水作業用の一般向けコンパクト型ポンプなども手がける。同社はポンプ専業メーカーならではのノウハ...

鶴見製作所、10月始動の豪子会社に出資 (2019/9/2 機械・ロボット・航空機1)

鶴見製作所は3月に登記のみ先行で立ち上げていた豪州西部のパースに拠点を置く水中ポンプの販売子会社「ツルミオーストラリア(TA)」に出資した。... 大型の建設機械で鉱山を掘り起こす際、坑内に湧き出る大...

その枚方でポンプ製造の強みを生かして開発したのが排水ポンプ車だ。... 初期のポンプ車は車体の横面に「緊急排水ポンプ車」と書かれ、水中ポンプや排水ホース、発電機などを搭載している。... 同社製の一般...

西日本豪雨から1年 クボタ機工、復旧経験生かす (2019/7/4 機械・ロボット・航空機2)

そこで「排水能力が毎分8トンの水中ポンプを20台仮設した」と当時、工事部長として復旧の陣頭指揮にあたった加藤佳行取締役は振り返る。 仮設の水中ポンプは豪雨発生から約1カ月で設置した。...

また、最大交流出力も三相交流25キロボルトアンぺア、単相交流9・9キロボルトアンぺアの出力を可能にし、発電機として水中ポンプ、各種モーターなどに使用できる。

池の水を全部抜く、民放の人気バラエティー番組に同社の水中ポンプが使われている。 水中に沈めて使う水中ポンプの通常の製品にロゴは入らない。「今から水を抜くという場面でポンプが映る。

ゼニットは欧州で水中ポンプなどを製造、販売し、設備産業分野に強みを持つ。... ゼニットとの連携で欧州を中心に、水中ポンプを拡販する。

ステンレスや背圧弁、圧力計、ヒーター、ポンプなど一般的な部品で構成でき、コストを抑えられる。... 水熱酸化法は、高温高圧水中で有機物と酸化剤が均一に混合できることを利用する。

「人生の最大のライバルだった」と話すのは、水中ポンプを手がける鶴見製作所社長の辻本治さん。

喪主で、お別れの会委員長を務めた鶴見製作所の辻本治社長は「(主力の水中ポンプで事業基盤を築いた)故人の遺志を引き継ぎ、一層の発展に努める」と述べた。

鶴見製作所は農業用水や雨水などの排水機場、土木建設工事現場の排水で使う水中ポンプを手がける。

河川などの水を装置へ投入するとセラミックス製膜で水中の汚れを取り除く。... 通常はポンプを使うが、開発品は自転車の空気入れと同じ足踏みのエネルギーで送水するため、停電時でも浄化できる。 &#...

実習は京都工場(京都府八幡市)で、ポンプの心臓部の部品、羽根車を設計。... 鶴見製作所は水中ポンプメーカー。10月にホーチミン市でポンプの組み立てなどを手がける工場の稼働を控える。

経年化した水中ポンプの詳細データを顧客に提供し、整備の促進につなげる狙いだ。 鶴見製作所は全国約3000の自治体や民間の排水機場に水中ポンプを設置している。... 水中ポンプの耐久性...

「台風などが発生すると24時間、連絡が取れる体制を整えた」と話すのは、排水機場などに据える水中ポンプを手がける鶴見製作所執行役員の足立宗一郎さん。

荏原、ブラジル2子会社統合 ポンプ生産体制強化 (2018/9/11 機械・ロボット・航空機1)

荏原はブラジルのポンプ子会社2社を統合した。新会社の社員数は549人で、社名を「エバラ・ポンプ・サウス・アメリカ」に変更した。 深井戸用水中モーター・ポンプを手がける子会社のEIMC...

人工コースの肝となるのが水流を生むポンプだ。... 【3台で毎秒12トン】 五輪コースで使われる水中ポンプのベースとなるのがコラム型水中軸流ポンプ。... 農業用水などの排水機場に据...

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる