96件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.021秒)

三菱重工は2040年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)を目指し、ESG関連の資金調達を拡大していくものとみられる。 ... プラス影響では...

地上で人が手作業で農薬などをまく場合に比べ、水の使用量を大幅に削減できる点などを訴求し普及を図っている。 ... 高濃度で少量の薬剤を霧状にして葉表に散...

旭化成は2―3年内に、キュプラ繊維「ベンベルグ」向けに、染色時の水の使用量を2―3割減らせる染色加工技術の実用化を目指す。... 旭化成は染色加工方法の改良により、まず水の使用量を2―3割削...

サントリー、「環境目標2030」改定 節水と水源涵養推進 (2022/1/13 建設・生活・環境・エネルギー1)

自社工場の水使用量の原単位をグローバルで35%削減するほか、自社工場の半数以上で水源涵養(かんよう)活動により使用する水の100%以上をそれぞれの水源に還元する。......

【名古屋】豊田合成とジェイテクトはそれぞれ、英CDPの企業調査で「気候変動」と「水セキュリティ」の2分野でリーダーシップレベル(Aマイナス)の評価を獲得した。... ジェイテ...

1日当たりの洗濯量15トンの場合、水使用量は従来比約40%削減。年間で水使用量を約1万2000立方メートル、ランニングコストを約240万円削減できる。 また60度Cの温排水を...

キッコーマン、千葉・野田に新工場開設 24年4月稼働 (2021/10/20 建設・生活・環境・エネルギー1)

また、エネルギー効率を向上させ、省エネ機器の導入や再生可能エネルギーを活用することで二酸化炭素(CO2)の排出量の削減と水使用量の低減を図る。

同装置は薬剤を使用せず電気分解法で循環水を処理する。独自技術による特殊な電極を使用し、循環水中のスケールやスライムを凝縮して排出する。... 従来の薬剤処理法に比べ冷却塔の年間ブロー水使用量は3分の1...

積水化、欧ミタルと開発 CO2分離・回収と再利用技術 (2021/7/26 素材・医療・ヘルスケア)

向井克典積水化学工業R&Dセンター所長は「鉄鋼産業のCO2排出量削減につながる」と説明する。 積水化学工業は水使用量を抑えるほか、事業活動で発生した廃棄物を再利用する、ゼロエ...

これまで植樹活動や工場の二酸化炭素(CO2)排出量や水使用量の削減などに努めてきた。

気候変動対策以外にも資源循環や水使用、廃棄物、生物多様性の各分野で目標を定め、実効性のある取り組みを推進する。 同社の商品に密接なプラスチック容器包装については、24年度までに使用量...

温室効果ガス排出量や水使用量などを分析し、将来の収益やコストへの影響を定量的に示す。

江崎グリコ、環境ビジョン策定 (2021/3/31 建設・生活・環境・エネルギー2)

50年までに温室効果ガスの100%削減、水使用量の原単位を20%削減、環境配慮型の容器・包装材への100%転換、食品廃棄物を95%削減する四つの目標を掲げた。 ...

統合報告書やESG投資家との対話において温室効果ガス排出量に加えて水使用量の開示が当たり前になっている現状もあり、企業としては何としても自社のビジネスにかかわる水使用量を減らすのが問答無用の目的となる...

染色の水使用量削減 青山商事がスーツ、中国の再生技術活用 (2020/10/14 建設・生活・環境・エネルギー2)

青山商事は同社が運営する紳士服店「ザ・スーツカンパニー」で染色工程の水使用量を削減して製造したビジネススーツ(写真)を発売した。... 一般的なウール素材100キログラムの染色には11...

アサヒGHD、社有林面積14%増 広島・庄原市と保全協定 (2020/10/8 建設・生活・環境・エネルギー2)

アサヒGHDは国内ビール工場の水使用量と、保有する森林が水を蓄える能力「水涵養(かんよう)能力」を同量にする「ウオーターニュートラル」を目指しており、2025年に年間の水使用量を113...

98製品群を対象に使用に伴う二酸化炭素(CO2)排出量を計算したところ、00年度と比べ平均37%削減した。... 売上高原単位の水使用量も10年度比10%以上改善させる...

環境長期ビジョンでは、注力する環境課題を「気候変動」「資源枯渇」「水リスク」ととらえ、「温室効果ガス排出ゼロ」などの目標を設定した。... 水使用量の多い生産事業所では取水量を16年度比10%...

アサヒグループホールディングス(GHD)は国内ビール工場の水使用量と、保有する森林が水を蓄える量を同量にする「ウオーターニュートラル」を目指し、工場の水使用量の削減...

NSK富山、河川美化で表彰 (2020/7/8 機械・航空機 2)

軸受部品の製造を手がける中、水使用量の削減や排水の管理・再利用、用水路清掃などの活動を継続していることが評価された。

おすすめコンテンツ

切削加工技術者のための知識と理論

切削加工技術者のための知識と理論

詳解 車載ネットワーク 
CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

詳解 車載ネットワーク CAN、CAN FD、LIN、CXPI、Ethernetの仕組みと設計のために

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン