99件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.033秒)

岡田さん 大学3年の時、ラテンアメリカの社会問題としての水資源を論文テーマに選び、気候変動にも興味を持った。... 岡田さん 仕事でも水問題の解決に関わりたいと思っていた。ただし、水は気候変動にも、森...

増加する処理水問題に加え、最難関とされる燃料デブリ(溶け落ちた核燃料)取り出しを2021年に始める計画だ。... 目下の懸念は、地下水や雨水が原子炉建屋に流入して増え続ける汚染水だ。汚染水から主要な放...

クボタ、テレビCMでグランプリ受賞 (2020/1/22 機械・航空機 1)

クボタ」の同社スローガンをもとに世界の食料・水・環境分野の課題解決に臨む企業であることを紹介。仲間とラグビーを楽しむ少年が水問題解決への志を抱き、その後クボタ社員となり水道敷設を実現し、村の人々と喜び...

当時の皇太子さま(現天皇陛下)の水問題に対する研究をサポートした。

工場でオルガノ製超純水装置を利用しており、オルガノに土地勘ができた」 《オルガノは歴史があり、一つの分野にいちずに取り組む技術志向の会社という印象だ》 「オルガノは...

水問題への対策や資源としての雨水の重要性を強調し、国内やインドをはじめ海外で訴求する。... 施工件数を増やしてデータ取りをすることで、メリットを立証して価格も明確化し、他国にも展開したい」 ...

天皇陛下は長年にわたり、水問題の研究者として活動を続けられてきた。... 【世界の舞台】 水問題の解決が、貧困や教育、ジェンダーなどの課題と密接に関係していると考え、これ以降は水問題...

これに対し、ネットや雑誌などには「ヴェオリアやスエズといった海外の水メジャーに事業が乗っ取られる」「水道料金が上がるのでは」といった批判的な論調が多く見受けられる。 水問題に詳しいイ...

グローバルウォーター・ジャパンの吉村和就代表は「(6)安全な水とトイレはもちろん、ほかの項目のほとんどが水と関係しており、水問題を解決することが、SDGs17項目全部を達成するカギである」と断言する。...

ミシガン州が2014年に水源を変更後、フリントの水道水は鉛で汚染された。同州はフリントの水は今では米環境保護庁(EPA)の基準を満たしているとの見解だが、一部の住宅所有者は自宅の水道水が依然として飲用...

東レ、下水処理用逆浸透膜の新製品 透過水量3割増 (2018/7/6 素材・ヘルスケア・環境)

純水の精製やボイラー水の製造など、工業用水の処理用途での採用も目指す。 ... 水不足や水質悪化などの水問題の解決に向け、海水やかん水の淡水化に加え、下廃水の再利用が注目されている。...

製造業が将来の水問題が事業に影響を及ぼす「水リスク」の対応に乗りだしている。... 各社とも水問題が表面化する前に対策を打つ。... 現在は水資源が豊富であっても、気候変動による渇水や人口増加による水...

経営ひと言/トーテツ・高井征一郎社長「水問題に挑む」 (2016/10/20 建設・エネルギー・生活2)

現在は山から水に目を移し、雨水をためる「ユニバーサル地下貯留システム」を展開。「水問題は世界中にある。... 水問題という大きな山で“解決”という頂上を目指す。

パナソニックは水問題が工場操業に影響を与える「水リスク」について、2018年度までに世界全254工場の評価をする。... 水問題を経営リスクと捉える製造業が増えている。... 水資源が豊富でも気候変動...

環境・CSR新ワード(11)水リスク (2016/8/9 素材・ヘルスケア・環境)

今後の人口増加や都市部の拡大によって水の使用量も増大するため、十分な水を確保できない地域が出てくると予想。... 世界経済フォーラム(ダボス会議)は経済活動への影響が大きく、発生する可能性が高いリスク...

膜の表面に水和水を保持する構造設計を施し、従来比約7倍の水和水を保持できた。... 海外を含め、さまざまな水を対象に水質分析を行い実現した。... 水不足や水質悪化など水問題を解決するため、海水、かん...

気候変動問題への取り組みの評価では世界標準となっている。水不足や汚染による水問題への関心の高まりを受け、2010年から水資源の関わる調査「CDPウォーター」を開始。... 日本企業だけを対象とした水の...

こうした研究活動に加え、最近では世界規模の問題に取り組んでいる。ユニセフの調査で、全世界で水にアクセスできない人が非常に多いことから、水問題解消のため深紫外線LEDに挑戦している。

「世界では安全な水を使えない人が多い。水問題解決に挑戦している」と抱負を述べた。

大和証券グループは13日から、アジア開発銀行が発行する水関連事業債券「ウォーター・ボンド」の販売を始める。同債券で調達した資金は、アジア・太平洋地域の加盟途上国における水関連事業に拠出する予定。......

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる