9件中、1ページ目 1〜9件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.067秒)

【浜松】コントレイルズ(浜松市東区、内山一雄社長、053・589・5380)は、水産研究・教育機構と共同で海外まき網漁業の魚群探索にカメラを搭載した産業用無人ヘリコプターを活用する実証実験を、11月中...

国立環境研究所や豪州の研究所などの国際共同研究チームは、2019年の世界の二酸化炭素(CO2)排出量が3年連続で増加する見通しであることを明らかにした。... 水産研究・教育機構や海洋研究開発機構、エ...

ただウナギの完全養殖の研究が進んでおり、安価でおいしいウナギが食べられることを期待したい。 ... 10年に水産総合研究センター(現水産研究・教育機構)が卵を人工ふ化させて成魚に育て...

【いわき】興洋(いわき市、高村正和社長、0246・54・3157)は、水産研究・教育機構と共同で、円筒型ゴムタイヤ3本を使用した新タイプの揚網機を開発、発売した。

ヒスタミンを4分で測定 フジデノロが酵素センサー (2018/6/7 建設・エネルギー・生活2)

同センサーは水産研究・教育機構、神奈川工科大学と共同開発した電気化学バイオセンサーシステムを応用。

相馬光学、“マグロの脂”1秒で簡単測定−船上で利用 (2017/8/14 機械・ロボット・航空機)

【立川】相馬光学(東京都日の出町、浦明子社長、042・597・3256)は水産研究・教育機構と共同で、生マグロの脂肪含量の割合を1秒で測定する「PiPiTORO(ピピトロ)」を9月に発売する。

理化学研究所と水産研究・教育機構は6日、水産分野の技術開発や産業化のため、連携・協力を進める包括協定を締結した。... 基礎研究を社会のニーズ生かす体制作りを進めたい」と述べた。同機構の宮原正典理事長...

進む微生物研究、電気化学との融合注目 (2016/8/12 科学技術・大学)

微生物を利用した新しい研究分野の動きが活発化してきた。... 【教材少なく】 一方で「微生物電気化学の分野は教科書や論文が少なく、基礎的な研究が足りない」(上野上席研究員)と課題を挙...

理化学研究所環境資源科学研究センターの中村龍平チームリーダーや水産研究・教育機構の伊藤克敏主任らは、水の底に電極を沈め電位の変化を観察することで、魚の養殖場の水質環境を診断するプロジェクトを始めた。....

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる