5,464件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.009秒)

三菱パワーはガスタービンの排熱でアンモニアを水素と窒素に再変換し、水素焚(だ)きガスタービンに適用するシステムを開発している。

井関、欧州に電動化商品 草刈り機など投入 (2021/3/2 機械・ロボット・航空機2)

将来はリチウムイオン電池搭載などの電動機に加え、水素エンジンの農業機械も視野に入れる。環境意識の高まりで電池を作る工程や運送工程も含めた二酸化炭素(CO2)削減が問われるとみて、水素エンジンを研究する...

【名古屋】愛知県は1日、トヨタ自動車の低炭素水素製造計画を同県の低炭素水素認証計画で認定したと発表した。... 水素は燃料電池フォークリフト(FCFL)で利用する。 ... 同県は低...

水素関連では、環境負荷が低い水素社会の実現に向け、燃料電池向け評価装置に加え、水素の多様な製造・貯蔵向け計測制御などまでを扱う。... 水電解セル評価装置や濃度分析計といった水素を作る領域向けから、水...

トヨタの前田昌彦執行役員(写真左)は「FCシステムを商用車などに幅広く供給し、水素社会の実現に貢献する」と力を込めた。

仏フォルシアは仏ルノーと水素貯蔵システムに関する提携に合意した。... 水素貯蔵システムは仏カルバドス県にある水素貯蔵技術グローバルセンターで開発、製造する。供給量の増大に伴い、仏ドゥー県に建設中の水...

「水素を活用する方向に進んでおり、水素の製造から輸送、貯蔵、供給までの『バリューチェーン』で我々ができることを整理している。

当初、年約500トンの水素をつくる方針だ。 エネルギー事業の知見が豊富な伊藤忠などと、九州北部で水素需要を調査する一方、国や地元自治体と連携し水素を使う旅客船運航の可能性も探る。&#...

トヨタグループで多様な市場ニーズに対応し、カーボンニュートラルの実現に向けた水素活用の促進に貢献する。 トヨタが開発したシステムはFCスタックやFC専用の昇圧コンバーター、水素ポンプ...

Jパワー、30年に石炭火力4割減 CO2フリー水素発電を実現 (2021/3/1 建設・生活・環境・エネルギー)

CO2フリー水素による火力発電や再生可能エネルギーの導入、大間原子力発電所(青森県大間町)の稼働などで達成を見込む。 ガス化炉やCO2分離・回収設備などを既存設備に導入し、CO2フリ...

関電、50年にCO2排出ゼロ ゼロカーボンビジョン策定 (2021/3/1 建設・生活・環境・エネルギー)

水素を重要エネルギーと位置づけ、他社と連携しゼロカーボン水素の製造に取り組む。... 現在、電源ウエートの高い火力発電は燃料を化石燃料から水素やアンモニアへの置き換えを目指し、石炭火力は今後、新規増設...

(ピュアな鉄源生産のため)今後も残る高炉法で二酸化炭素を出さない水素還元技術をいつ確立できるか。... ただ、水素には吸熱反応など課題が多く、「研究開発は前人未到のゾーンで、他国に先駆けた開発には政府...

CO2を吸収し、水素と反応させてメタンに転換する触媒を作製。... CO2を回収する機能を持つナトリウムやカリウム、カルシウムと、CO2を水素と反応させメタンに変える機能を持つニッケルを含む触媒を準備...

住友ゴム、水素推進協に参画 (2021/2/26 自動車・ロボット)

住友ゴム工業は水素社会の早期構築などを目指す「水素バリューチェーン推進協議会」に参画した。国内の主力タイヤ工場で水素エネルギー活用の検討を始めた。

中国市場向けに水素貯蔵タンクの開発、製造を強化する。 ... 認可された水素タンクをアジア地域の主要商用車メーカーなどに納入する実績を持つ。 フォルシアグループは仏...

体内の水と反応し、表面に反応物のシリカと水素原子を発生する。シリコンもシリカも毒性がなく、体内では発生した水素のみ吸収され製剤は排出される。水素原子は他の原子と結合しやすく効果が得やすい。 &...

フジキン(大阪市北区、野島新也社長、06・6372・7141)は、高圧水素系部品の溶栓式安全弁(PRD)とマニホールド継ぎ手が、トヨタ自動車の新型燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」に採用され...

電動車の開発は航続可能距離や用途を勘案して小型トラックがEV、大型は水素で走る燃料電池車(FCV)というのが業界での基本的な考え方だ。 ... 燃料電池(FC)トラックに必要な水素ス...

燃料転換では「水素」について既存インフラと比べて高コストであると指摘。... 安価で大量の水素供給などの論点を挙げた。... このほか航空機や船舶でも電動化や水素化などの実用化に関する論点を挙げた。&...

今後、特に環境をキーワードに、「燃料電池自動車や水素製造用の太陽電池製造工程などを有望視」(同)し、着々と新たな製品戦略を練る。

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる