5,037件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.006秒)

東陽テクニカ、JAXAに宇宙探査機の関連装置納入 (2020/7/16 機械・ロボット・航空機2)

水素メーザ原子時計を採用し、安定度の高い時刻信号を生成。

アンモニアは分解すると水素を発生させ、室温、10気圧で液体になるため、水素を運ぶ物質として期待されている。... 水素原子2個でできた水素分子をニッケルが分解して水素原子を生成。... ニッケル上で生...

だが、細胞の水素イオン濃度の変化が健康な個体でも同様に起きているのかはこれまで不明だった。 ... 細胞内の水素イオン濃度を操作すると、頭から下の体幹形成が早くなった。 &#...

副生成物は水や炭化水素のみで、現行の合成手法に比べ廃棄物の量を15分の1に抑えられる。

今後、日本国内は日本スピンドルが航空機ジェットエンジン部品や水素ボンベ・タンクなどの加工用にライフェルト製品を展開し、サービスも引き受ける。

エーザイは、抗がん剤「タゼメトスタット」(一般名EZH2阻害剤タゼメトスタット臭化水素酸塩)について、EZH2遺伝子変異陽性の濾胞性リンパ腫の治療薬として承認申請を行った。

日本エア・リキード、名古屋に水素ステーション開設 (2020/7/14 建設・生活・環境・エネルギー2)

日本水素ステーションネットワークと共同整備する6カ所目で、愛知県では5カ所目。... 愛知県内では5月末現在で1136台のFCVがあり、水素ステーションは26カ所目。

【いわき】福島県浪江町は電線と同程度の高さの柱上パイプラインで水素を供給する国内初の実証について、委託候補者にブラザー工業(名古屋市)を代表とする巴商会(東京都大田区)、横浜国立大学のコンソーシアムに...

経営環境の悪化を受けて、設備投資も見直す方針だが、橋本社長は「伸ばしていくことが必要なロボや水素分野に力を入れる方向性は変わらない」と述べた。

水素は軽量なため柱上パイプラインで輸送可能で、地下設置のパイプラインと比べ低コストで設置できる。... FH2Rから水素を1メガパスカル未満の圧力で輸送する。 ... 良好な結果が得...

大林組、地熱発電・水素製造実証 大分にプラント建設 (2020/7/10 建設・生活・環境・エネルギー)

地熱発電電力を活用した水素製造実証プラントを併設し、地熱発電電力を利用して得た温室効果ガス排出量の少ない「CO2フリー水素」を地元の工場など複数の需要先へ供給。... 水素製造量は1時間当たり10ノル...

現在の海水の水素イオン濃度(pH)は約8・1だが、2100年には7・8まで酸性化すると予測される。

NSCは、フッ化水素酸を使って液晶ディスプレーのガラス基板を薄型加工する技術が強み。

太陽光発電をはじめ再エネを使った水素の製造、CO2の回収・貯留といった技術の実用化を目指す。

金属を使わないことで過酸化水素分子の分解を防ぎ、リン酸が過酸化水素を安定させることにより水素の生成を促進する。... 過酸化水素は、水素の貯蔵や運搬に活用されるアンモニアやギ酸、有機ハイドライドなどに...

可視光照射下で水を水素と酸素に分解する光触媒として働き、その触媒性能を従来の245倍に高められた。水と太陽光から二酸化炭素(CO2)を排出しないクリーンな水素を作る光触媒材料の創出につながる。 ...

開発した燃料を分析すると、500度C以下では直鎖の炭化水素化合物、800度C付近では芳香族系の炭化水素化合物をそれぞれ検出できた。

外核には不純物が多く含まれ、また従来有力な不純物とされた酸素ではこの差を説明できず、水素など別の軽元素が含まれることが示された。

同設備ではアンモニアの分解でできる水素の濃度をセンサーで測り、アンモニアガスと窒素ガスの量を調節する。

最近IEAが打ち出した、コロナからの持続可能な復興計画において期待できる将来技術として水素、バッテリー、CCUS(二酸化炭素回収・有効利用・貯留)と並んで小型モジュラー原子炉(SMR)が挙げられた。&...

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる