5,745件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

技術候補でエネルギーマネジメント、水素エネルギー、再生可能エネルギー、廃棄物やリサイクルなどの3R、二酸化炭素(CO2)回収・利用の五つをあげた。... CO2フリー電源の活用やエネルギー制御でカーボ...

【名古屋】アイシンと東邦ガスは24日、水素を燃料として活用する工業炉向けバーナーの実証実験を始めたと発表した。... 工業炉向けバーナーでの水素燃焼技術に関する知見を獲得し、二酸化炭素(CO2)排出削...

富山大学と東洋エンジニアリングは24日、人工光合成の活用で二酸化炭素(CO2)を発生させずに水素を製造する技術の開発を目指した共同研究契約書を結んだと発表した。高口豊富山大教授らが開発したカーボンナノ...

Jパワー、独グリーン水素協に加入 (2021/6/24 建設・生活・環境・エネルギー2)

Jパワーはドイツ・グリーン水素検討協議会に加入した。同協議会は2020年12月設立のコンソーシアムで、35年までに北海に1000万キロワットの洋上風力発電を設置し、これを使って製造したグリーン水素をパ...

テラ・ラボ、円盤ドローン エンジン+燃料電池 (2021/6/24 機械・ロボット・航空機1)

ガソリンエンジンと水素燃料電池を組み合わせたハイブリッド駆動で2時間、40キロメートル程度を飛行できる。... 水素燃料電池は神奈川県内の企業から調達した。

各種センサーと組み合わせて水温や水素イオン指数(pH)、溶存酸素濃度なども遠隔監視できる。

アンモニアは水素のキャリアや燃料などの用途も期待されており、技術の早期実用化を目指す。 ... 従来、アンモニアは窒素と水素を原料に大規模プラントで高温・高圧で合成する方法が一般的。

経済性と両立した道筋としては、電気と水素が補完し合うような社会像が蓋然(がいぜん)性が高い。

同協議会では、一定エリアに関連産業が集中する地理的特性を生かし、バイオマスや水素、メタン、アンモニアなどを活用した地域共通のエネルギーインフラ構築の可能性を模索。

「水素輸送材料としてさらに伸びる。新潟で二酸化炭素(CO2)と水素を反応させてメタノールを製造する技術を開発しており、早晩完成する。... メタノールとアンモニアは水素輸送材として一長一短あり、当社は...

鉄鋼材料を高強度化する際に大きな障害となるのが、水素脆性だ。これは材料中の微量な水素によって材料が著しく脆(もろ)くなる現象で、現在開発が進む新規高強度鋼は、大気環境下でも水素脆性が起こる危険性がある...

【ドバイ=ロイター時事】米格付け会社ムーディーズは21日付のリポートで、ペルシャ湾岸の石油輸出諸国は少なくとも向こう10年は炭化水素の生産に引き続き依存するだろうとの見方を示した。

例えば水素社会の実現を見据えたインフラ整備。選手村では福島県で再生可能エネルギーから製造された水素を用いて発電し、宿泊棟の一部や休憩施設で活用する。水素を使った燃料電池バスやこれらに不可欠な水素ステー...

Jパワーは石炭から水素を取り出す心臓部を担う。... 年度内に液化水素の海上輸送実証が始まる。... 国内でも水素の取り組みが進む。

大林組、NZで水素プロ 港湾会社と合弁、製造施設を整備 (2021/6/22 建設・生活・環境・エネルギー1)

POALと合弁会社を設立し、POALが所有するオークランド市内近隣に水素ステーションとグリーン水素製造施設を整備。事業パートナーとして、保有する港湾車両を水素燃料車両に切り替えるプロジェクトを展開する...

杉本知事は福井県を拠点に日本海側の水素サプライチェーンを形成する新たな案を提言した。

水素燃料や合成液体燃料「e―fuel」活用の動向も意識する。水素エンジンは「摩耗しやすさが課題だが、当社の得意分野だ」と強調する。

川重、サステナ債100億円発行 (2021/6/21 機械・ロボット・航空機2)

発行額は100億円で、自動PCR検査ロボットシステム(写真)の普及や、水素サプライチェーン(供給網)の構築に充てる。

水素エンジンは供給ステーションの問題がある。トラックやバスの水素ステーション建設が進んだとしても、建機を使う場所では恩恵がない。

水素とCO2からメタンを合成する「メタネーション」などの技術によるエネルギーの再利用や、水素の活用なども視野に入れる。

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる