26件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

東邦ガスはモノづくり現場の水素利活用につなげる技術開発に力を入れる。... 東邦ガスは、このほど間接加熱式バーナーでは国内で初めて水素燃焼技術を確立した。... トヨタや東邦ガスなど11社が参画する「...

経済産業省とアラブ首長国連邦(UAE)のエネルギー・インフラ省は8日、水素分野に関する協力覚書を結んだ。脱炭素化への機運が高まる中、両国が資源としての水素の利活用における関係を強化する。... UAE...

県では「新エネ社会構想」の核として水素利活用を掲げFCVの普及を推進しており、県内の水素ステーション増設や水素利活用を進める。... 県では短期的には、FH2Rからの水素利活用でFCVや隣接して造成す...

世界的に注目される水素では、世界最大の水素製造設備である福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R、同浪江町)からの水素を利用したゼロエミッション産業団地の造成計画が立ち上がる。... 水素の“キャリ...

【いわき】福島県浪江町と住友商事は「水素の利活用及びまちづくりに関する連携協定書」を締結した。... 住商と水素利活用によるまちづくりを進める。... 町の施設や農業、家庭での水素利活用も進め、需要に...

福島県は水素利活用に先進的に取り組み、中でもFCV導入数が全国トップレベルのいわき市で先行展示した。展示に合わせていわきバッテリーバレー推進機構が開いたイベントでは、水素社会実現に向けて福島県が進める...

同県浜通りに立地する風力発電や太陽光発電の導入や、隣接する福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)から水素を供給して発電・熱利用する。... 燃料電池やガスエンジンなどで燃焼・発電して再エネからの...

NEDOでは「再生エネが持つポテンシャルを最大限活用することを目指し、さまざまな条件に基づいて最も合理的な水素製造を行う技術開発の場」(大平英二次世代電池・水素部燃料電池・水素グループ統括研究員)とし...

経済産業省は14日、「水素閣僚会議」をオンライン形式で開き、水素社会の実現に向けた各国の取り組みをまとめたリポートを公表した。... 日本が具体的な取り組みをリードする」と述べ、コロナ禍でも水素利活用...

水素エネルギーではRE100(再エネの消費で100%)を目指す福島県への進出企業などへの水素供給を目指す。... 家庭での水素利活用に向けたノウハウを蓄積する。 同社は福島県からの受...

岩谷産業など11社、水素利活用で供給網 神戸・関西圏協議会設立 (2020/9/7 建設・生活・環境・エネルギー)

岩谷産業、丸紅など11社は神戸市・関西圏における水素の利活用やサプライチェーン(供給網)構築に向けて「神戸・関西圏水素利活用協議会」を設立した。 2025年をめどに水素利活用商用化の...

研究会で水素利活用や海外未利用エネルギーから水素を製造し、日本へ輸送する国際的な水素サプライチェーン拠点となる水素受け入れ基地の県内誘致と水素発電の導入などを目指す。... 水素の新たな利活用は再生可...

「水素利活用事業。福島県は世界最大の再生エネからの水素製造基地が実証に入る。FREAは水素燃焼ガスタービン発電試験装置を保有し総合的な技術開発に取り組む。

IHIはそうまIHIグリーンエネルギーセンター(福島県相馬市)内に、水素キャリア開発や再生可能エネルギーからの水素の効率的な利活用を目指す研究開発拠点「技術開発本部そうまラボ」を完成した。... オー...

福島、再生エネ100%へ 福島県は1次エネルギー消費量を再生可能エネルギーで100%賄うことを目指した新エネ社会構想の推進で水素の利活用を進める。... 「水素キャリアや水素燃焼に絡...

日本最大の陸上風力発電基地実現や再エネ100%の産業団地の造成、水素社会実現に向けた水素製造・輸送技術の実証基地づくりなどを推進する。... いわき市内には燃料電池車が50台導入されているほか、トラッ...

福島県のいわき市から新地町に至る浜通り地域を中心に、復興の柱と位置付ける再生可能エネルギー、水素利活用の最先端地域を目指す取り組みが本格化してきた。... 太陽光発電を活用し大量の水素を生成する実証に...

野村総研、福島で事業化調査 地産地消型水素利活用 (2019/10/14 建設・生活・環境・エネルギー)

【いわき】野村総合研究所は福島県浜通り地域で水素を利活用する調査事業に着手する。... しかしその後の水素利活用は未定だ。 これを地元で利活用するため、P2Gからの水素と、浜通りに立...

そこで、研究や利活用を進めるためのアジェンダを五つのテーマに分けて策定し、参加国から賛同を得た。 「運輸部門の利活用」では官民が協力して水素ステーションを整えつつ、FCVや燃料電池を...

産総研福島再エネ研、あす新潟で再生エネセミ (2019/9/11 中小企業・地域経済2)

東芝エネルギーシステムズが新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)から委託を受け建設を進める世界最大のパワー・ツー・ガスプラントの取り組みのほか、同研究所が進める水素利活用、風力発電、地中熱技術...

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる