34件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.005秒)

横浜市、水素利活用でENEOSと協定 (2021/12/1 建設・生活・環境・エネルギー2)

2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)実現に向け、水素の利活用による脱炭素化を目指す。横浜市は港湾を水素の輸入・貯蔵・利活用に生かす「カーボンニュートラルポート...

「コア技術を活用して生み出した萌芽(ほうが)商品を育てていく。... 電磁ステンレス鋼は、自動車の電動化やエネルギー分野での水素利活用など社会変革を支える分野でのニーズが増えつつある」 ...

自動車搭載の可搬型水素ステーションもお披露目した。  ... 郡山市のイベントは官民連携で設立した郡山市水素利活用推進研究会によるもの。... 展示会を通し事業者がFCの利活用につな...

世界各国の都市とも水素の利活用で連携し、パートナーシップを広げる。 ... 再生可能エネルギーで水素を生成・利活用する「水素宣言都市」を20年に表明している。 浪江...

東京電力福島第一原子力発電所事故で被災した福島県浜通り地域の自治体が、ゼロ・エミッションに向けた再生可能エネルギーの導入や水素利活用を活発化している。... (いわき・駒橋徐)&#...

【横浜】横浜市と横浜川崎国際港湾(横浜市西区)、横浜港埠頭(ふとう、横浜市中区)の3者は横浜港におけるカーボンニュートラルポート(CNP)形成に向けた水素利活用システムの検討に着手した。... 脱炭素...

自社の製油所を起点とした水素利活用調査と、水素キャリアである有機ハイドライド(MCH)を利用した水素地産地消モデルの調査を行い実用化を目指す。 ... 川崎市と連携し、既存のパイプラ...

水素利活用が大きなテーマで、事業者がFC車両を活用するマッチングの場となる。 郡山市では4日に郡山水素利活用推進研究会が市内で展示会とセミナーを開く。... 事業者が情報を共有し、F...

東邦ガスはモノづくり現場の水素利活用につなげる技術開発に力を入れる。... 東邦ガスは、このほど間接加熱式バーナーでは国内で初めて水素燃焼技術を確立した。... トヨタや東邦ガスなど11社が参画する「...

経済産業省とアラブ首長国連邦(UAE)のエネルギー・インフラ省は8日、水素分野に関する協力覚書を結んだ。脱炭素化への機運が高まる中、両国が資源としての水素の利活用における関係を強化する。... UAE...

県では「新エネ社会構想」の核として水素利活用を掲げFCVの普及を推進しており、県内の水素ステーション増設や水素利活用を進める。... 県では短期的には、FH2Rからの水素利活用でFCVや隣接して造成す...

世界的に注目される水素では、世界最大の水素製造設備である福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R、同浪江町)からの水素を利用したゼロエミッション産業団地の造成計画が立ち上がる。... 水素の“キャリ...

【いわき】福島県浪江町と住友商事は「水素の利活用及びまちづくりに関する連携協定書」を締結した。... 住商と水素利活用によるまちづくりを進める。... 町の施設や農業、家庭での水素利活用も進め、需要に...

福島県は水素利活用に先進的に取り組み、中でもFCV導入数が全国トップレベルのいわき市で先行展示した。展示に合わせていわきバッテリーバレー推進機構が開いたイベントでは、水素社会実現に向けて福島県が進める...

同県浜通りに立地する風力発電や太陽光発電の導入や、隣接する福島水素エネルギー研究フィールド(FH2R)から水素を供給して発電・熱利用する。... 燃料電池やガスエンジンなどで燃焼・発電して再エネからの...

NEDOでは「再生エネが持つポテンシャルを最大限活用することを目指し、さまざまな条件に基づいて最も合理的な水素製造を行う技術開発の場」(大平英二次世代電池・水素部燃料電池・水素グループ統括研究員)とし...

経済産業省は14日、「水素閣僚会議」をオンライン形式で開き、水素社会の実現に向けた各国の取り組みをまとめたリポートを公表した。... 日本が具体的な取り組みをリードする」と述べ、コロナ禍でも水素利活用...

水素エネルギーではRE100(再エネの消費で100%)を目指す福島県への進出企業などへの水素供給を目指す。... 家庭での水素利活用に向けたノウハウを蓄積する。 同社は福島県からの受...

岩谷産業など11社、水素利活用で供給網 神戸・関西圏協議会設立 (2020/9/7 建設・生活・環境・エネルギー)

岩谷産業、丸紅など11社は神戸市・関西圏における水素の利活用やサプライチェーン(供給網)構築に向けて「神戸・関西圏水素利活用協議会」を設立した。 2025年をめどに水素利活用商用化の...

研究会で水素利活用や海外未利用エネルギーから水素を製造し、日本へ輸送する国際的な水素サプライチェーン拠点となる水素受け入れ基地の県内誘致と水素発電の導入などを目指す。... 水素の新たな利活用は再生可...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい消臭・脱臭の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい消臭・脱臭の本

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識
小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

自動車エレクトロニクス「伝熱設計」の基礎知識 小型・高性能化する自動車用電子制御ユニット(ECU)の熱対策技術

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい環境発電の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい環境発電の本

はじめての現場改善

はじめての現場改善

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる