43件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.004秒)

生産プロセス変わるガラス 大量エネ消費から脱却 (2021/9/28 素材・医療・ヘルスケア2)

水素燃焼の難しさは天然ガスと水素では燃焼や炎の性質が全く異なる点にある。... AGC、溶融効率化でCO2削減 AGCは世界各地のガラス溶融窯へ、酸素で天然ガスを燃焼させる「酸素燃焼...

日本はアンモニア混焼・専焼発電で30年に300万トン、50年に3000万トン必要だ」 「天然ガス火力に代替した水素燃焼発電も欧州で具体化してくる。... カーボンフリー火力はアンモニ...

エアバスは35年までに、水素を燃料に使う航空機の商用化を打ち出した。川崎重工業もガスタービンの水素燃焼技術を生かし、エンジンの燃焼器を対象とした実証を目指している。

三菱重工の火力発電事業、「脱炭素」へ構造転換 (2021/8/23 機械・ロボット・航空機2)

水素燃焼など開発急ピッチ 三菱重工業が火力発電システム事業の構造転換を急いでいる。... そこで水素向けの新たな燃焼器を同工場で開発し、新設に加えて既存設備での置き換え需要を狙う。....

現預金や有価証券保有額の水準を足元に比べ3割減の1800億円に引き下げ、好業績から得られた利益を水素燃焼機器やヒートポンプ技術の研究など、次の成長に向けた投資に重点的に充てていく。

FCトラックの社会実装を進め、水素燃焼事業へつないでいく。 ... 実現すれば小名浜港は、海外から水素、燃料アンモニアを受け入れ、水素ステーションはもとより、工場や石炭火力発電へ供給...

脱炭素社会の到来を見据え、水素燃焼機器やヒートポンプ技術などの研究開発を加速。... 温度や天候など測定環境を変えられる試験・評価を実施するほか、水素関連の開発環境も整備する。 .....

【名古屋】アイシンと東邦ガスは24日、水素を燃料として活用する工業炉向けバーナーの実証実験を始めたと発表した。... 工業炉向けバーナーでの水素燃焼技術に関する知見を獲得し、二酸化炭素(CO2)排出削...

日立建機、電動ショベルで中国掘り起こし 日欧に続き (2021/6/4 機械・ロボット・航空機)

日立建機は燃料電池や水素燃焼エンジン搭載のショベルについても研究を始めており「タイムリーに顧客へ商品提供したい」(福本英士執行役常務兼最高技術責任者〈CTO〉)としている。 ...

工業炉向けの都市ガス用間接加熱式バーナーを、水素燃焼用途にも転用可能な燃焼技術を開発した。... 東邦ガスは、このほど間接加熱式バーナーでは国内で初めて水素燃焼技術を確立した。... 同社技術研究所業...

酸素・水素で効率発電 川重・産総研など実証 (2021/5/20 建設・生活・環境・エネルギー2)

純水素と純酸素の燃焼で発生した水蒸気で発電するガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)システムで、2022年度までに燃焼の実証を行う。... 20年度から「水素利用等先導研究開発事業」の3年間の...

欧エアバスが2035年までに水素を燃料に使う新型機の商用化を目指しており、川崎重工業も水素燃焼技術を航空機に応用する方針を打ち出した。... 【低NOx燃焼】 そのためには水素の燃焼...

アンモニア混焼の比率を高めて最終的に石炭火力からシフトし、数十万キロワットのガスタービンコンバインドサイクルで燃料アンモニアからの水素燃焼が実用化されるだろう。... 「アンモニアは30年に水素換算で...

同町で最も二酸化炭素(CO2)排出量が多いJERAの広野火力発電所は超々臨界圧(USC)の微粉炭燃焼だが、JERAではまずアンモニアを20%混焼し、さらにアンモニア比率を高める。今秋完成する石炭ガス化...

数十ミリメートルほどの微小な水素火炎による燃焼技術を用いて水素専焼の実証に成功した。... 川重は水素燃焼技術を航空機にも応用する。欧エアバスが水素を燃料に使う方針を打ち出しており、川重も30年までに...

二酸化炭素(CO2)の排出が実質ゼロの「カーボンニュートラル」を実現する動きを踏まえ、水素燃焼やCO2回収などの技術を展開する。 ... また同社は同日、メタンから水素と固体炭素を取...

さらに水素を多く含むアンモニアを使った火力発電での燃焼も具体化する。... 同コンソーシアムの主要メンバーであるIHIは微粉炭燃焼の石炭火力やガスタービンでの混焼など、アンモニア混焼火力発電の開発・実...

「水素利活用事業。福島県は世界最大の再生エネからの水素製造基地が実証に入る。FREAは水素燃焼ガスタービン発電試験装置を保有し総合的な技術開発に取り組む。

「水素キャリアや水素燃焼に絡む実証装置を設置。... 全県に広げるため郡山市では水素利活用研究会を設置、福島市も水素協議会を発足した」 ―水素キャリアは。 ... ...

日本最大の陸上風力発電基地実現や再エネ100%の産業団地の造成、水素社会実現に向けた水素製造・輸送技術の実証基地づくりなどを推進する。... 今後は水素の面的利用を加速する。 ......

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる