303件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.007秒)

独自技術を用いて、ブルネイで調達した水素を液体化。... 二酸化炭素(CO2)排出量削減に向けて水素の輸入と利用を進める同国の事業のため、技術や商務面の評価・検討を進める計画だ。 こ...

【余剰電力を貯蔵】 温室効果ガスの大幅な削減が叫ばれる中、化石燃料に頼らないエネルギーシステムへの移行が求められている。... 気体水素は液化水素よりも体積が800倍大きいため、水素...

火力発電のアンモニア混焼商用へ IHIなど、事業化調査 (2020/3/30 機械・ロボット・航空機1)

NEDOの事業「アンモニア混焼火力発電技術の先導研究」は、既存の火力発電所でアンモニアを燃料利用するのに必要な技術を検討する。 IHIはアンモニア混焼時の熱効率評価を行うためのアンモ...

輝け!スタートアップ(33)SyncMOF (2020/3/19 中小・ベンチャー・中小政策)

MOFはガス資源の貯蔵・分離材として注目されており、現在8万種類存在している。 ... 名古屋大学で助教も務める堀彰宏取締役兼最高技術責任者(CTO)は「MOFの研究は大学で十分して...

【シドニー=時事】豪州の石油・ガス大手サントスと英石油大手BPが二酸化炭素(CO2)の回収・貯留技術(CCS)での協力について合意したことで、豪州でCCS事業が勢いを増す可能性がある。... ガスを貯...

日本触媒は、独自の有機無機複合技術とシート成形技術を用いて、高イオン伝導性と高ガスバリアー性を両立したアルカリ水電解用セパレーター(写真)を開発した。... 有機、無機の界面を制御してシート化する技術...

再生可能エネルギーなどから水素を製造し、貯蔵・供給する水素キャリア事業として日本が世界に先行する実証プロジェクトで、山梨県にも2020年末に中型プラントが完成する。... MCHは水素ガスを約500分...

【発電と運輸変革】 10年ほど前、川崎重工業の技術開発責任者の役員として、「今日・明日」ではない「明後日」の産業である水素への本格的な取り組みを提唱した時は、世の中にその機運はなかっ...

【いわき】新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)を主体に、東芝エネルギーシステムズ(川崎市幸区)、岩谷産業、東北電力グループ事業実施者とする福島水素エネルギー研究フィールド...

そこで、事前に水素と反応させておき、利用時に水素を取り出すための安定な物質である水素キャリアと呼ばれるアンモニアや有機ハイドライドを用いる技術開発もなされている。... そこで、我々は水素吸蔵合金に着...

川重、世界初の液化水素運搬船 神戸工場で進水式 (2019/12/12 機械・ロボット・航空機1)

今後は播磨工場(兵庫県播磨町)で製造している1250立方メートルの液化水素貯蔵タンクを搭載し、2020年秋に完成する。将来の水素社会実現に向け、20年度に新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)...

液化水素に関する研究開発から製造、輸送・貯蔵、供給・利用まで一貫して手がける。... 中小も参画 【燃料電池・貯蔵タンク、技術・製品開発に磨き】 中小企業を含めた大...

従来機と同様に圧縮した原料の水素ガスを冷凍サイクルで冷やされた水素と、浄化機内で熱交換しながら冷却して液化水素を作る。... 政府も水素社会の実現を目指し、水素エネルギーの利用拡大を推進。川重は水素を...

超高圧液体水素適合バルブ 極低温対応に逆転の発想 【水素社会見据え】 フジキン(大阪市北区)で、超高圧液体水素適合バルブの開発プロジェクトが立ち上がったのは2016...

IHIは石炭火力発電所向けなどに、アンモニア混焼技術の商用化に向けた取り組みを加速する。... アンモニアは燃焼しても二酸化炭素(CO2)を発生せず、水素と違い液化がしやすいため、低コストで運用ができ...

燃焼時に二酸化炭素(CO2)を排出しないクリーンエネルギーとして水素が注目される中、先進技術で水素エネルギー社会実現を後押しする。 ... 運搬船はパイロット船で、液化水素タンクの貯...

「化石燃料からアンモニアを製造、水素を得て、CO2をCCS(回収・貯蔵)処理する“ブルーアンモニア”と、再エネからの水素でアンモニアを合成する“グリーンアンモニア”の国際供給ネットワーク構築の検討を進...

近年は電気自動車(EV)、太陽光発電などの電力貯蔵などにも応用範囲は拡大、環境問題解決への貢献も期待される。... 水は1・23ボルト以上の電圧がかかると、酸素と水素に電気分解する。... 新しい用途...

IHI、福島に水素研究施設 100%再エネ電気で建設 (2019/10/7 機械・ロボット・航空機2)

水素社会の実現に向けた日本の先端技術開発拠点として、建設段階でも二酸化炭素(CO2)フリーの建設工事を進める。 そうまIHIグリーンエネルギーセンターは敷地内に設置した太陽光発電(出...

水素閣僚会議は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と共催した。... このほか規格・規制の調和や次世代技術の開発で国際協力を推進する。 「水素サプライチェーン」は国際的に水...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる